緊急時に備えて『TOPEAK Mini 9』を常備しておこう!最低限の工具が揃ってる携帯マルチツール

メンテナンス

携帯マルチツール TOPEAK Mini 9をレビュー

緊急時用のメンテナンス道具として『TOPEAK Mini 9』を購入しました。

出先でのトラブルに備えて、サドルバッグに常備しておくのにぴったりなツールです。

自転車用携帯マルチツールの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

TOPEAK Mini 9とは

TOPEAK Mini 9のパッケージ

必要最低限のツールが揃っており、サイズと重さも申し分ありません。価格は1,800円ほど。

TOPEAK Mini 9

コンパクトサイズですが、いざ使ってみると剛性感も十分で、きっちりボルトを締められます。

TOPEAK Mini 9 全ての工具を開いた状態

良かった点
  • 程よくコンパクト
  • 質感・精度良し
  • 必要な工具がほぼ揃ってる
  • 小さい割にトルクをかけられる
  • 収納ケース付き

備えているツール

TOPEAK Mini 9 工具の種類 その1

  • 六角レンチ:2mm、3mm、5mm、6mm/8mm

TOPEAK Mini 9 工具の種類 その2

  • 六角レンチ:2.5mm、4mm
  • プラスドライバー(#2)
  • トルクスレンチ T25

小さなボディの中に、最低限必要の工具がすべて揃っています。

サイズ

TOPEAK Mini 9のサイズ

全長65mm、幅30mmほど。

TOPEAK Mini 9の厚み

厚みは20.5mm。

TOPEAK Mini 9のサイズ感

握りこぶしに収まるほどコンパクトなサイズです。

重量

TOPEAK Mini 9の実測重量

重量は実測で91gありました。

自転車チューブ1本分と同じくらいの重さです。

緊急用として

TOPEAK Mini 9とTONEの携帯ツール

家でちょっとしたメンテナンスをする時は『TONEの携帯マルチツール』を使用しています。

TOPEAK Mini 9とTONEの工具の長さを比較

単純な使いやすさなら、工具の長い『TONE』の方が使いやすいです。

正直『Mini9』は落とさないように気を使いますが、そこは緊急用なので問題ありません。

TOPEAK Mini 9でねじを締める

強めにトルクをかけたいときは、片側を全開にすると握る部分が増えるので力を込めやすくなります。

関連記事:使い勝手を追求した「TONE」のマルチツール。まさにシンプル・イズ・ベスト!

収納ケースが付属

TOPEAK Mini 9の付属ポーチ

「収納ケース」が付属するのも嬉しいポイントの一つ。

とても柔らかな収納ケースなので、走行中の振動によるサドルバッグ内の衝突を和らげる働きがあり、小物同士がぶつかって傷がつくのを防ぐことができます。

TOPEAK Mini 9を付属のポーチに入れる

また、クッション性もあるので、スマホなどと一緒にバッグの中に入れても傷をつける心配がありません。

Mini6と迷ったら

TOPEAK Mini 9とMIni 6を比較

『Mini9』のひとつしたに『Mini6』という更にコンパクトな携帯マルチツールがあります。

仕様を比較

製品名MIni 6Mini 9
仕様六角レンチ
2mm
3mm
4mm
5mm
6mm
プラスドライバー
六角レンチ
2mm
2.5mm
3mm
4mm
5mm
6mm
8mm
プラスドライバー
トルクスレンチ T25
サイズL66×W28×H18mmL66×W31×H20mm
重量73g92g

Mini6とMini9のおもな違いは、「六角レンチ 2.5mm、8mm」と「トルクスレンチ 25T」の有無です。

これら3つのツールが必要になるかが、どちらを選ぶかのポイントとなります。

意外と使う2.5mm

2.5mmのアーレンキーレで自転車のパーツを締める

ハンドルバーの「アクセサリー類」や「グリップの取り付け」によく「2.5mm」を使用します。

出先で角度調整をしたくなることがあるので「2.5mm」は意外と必要になってきます。

シマノのSPD-SLペダルを2.5mmのアーレンキーで調整する

他にもシマノのSPD-SLペダルの固定力を調整するネジが「2.5mm」だったりするので、使っている方は「2.5mm」が必須となるでしょう。

8mmの使いどころ

自転車ペダルとセンタースタンドには8mmのアーレンキーを使う

「8mm」は、おもに「ペダル」や「センタースタンドの取り付け」に使用します。

携帯マルチツール 6mmに8mmのソケットを取り付ける

使用頻度は少ないですが、「6mm」のところに「8mm」のソケットが付いているだけなので邪魔になりません。

トルクスレンチ T25

自転車パーツをトルクスレンチT25で締める

「トルクスレンチ T25」は、ディスクブレーキのローターを止めているボルトを固定するのに必須のツールです。

あとは「シマノ製のチェーンリングボルト」だったり、「特殊なアクセサリー類」でT25を使っていることがたまにあります。

出先で使うことは少ないですが、普段のメンテナンス時にあると心強いツールです。

2mmだけ極端に短い

TOPEAK Mini 9 2mmの工具が短い

2mmの六角レンチだけ極端に短いです。

これは8mmのソケットと干渉しないようにこの長さになっています。

2mmのアーレンキーでブレーキのクリアランス調整

ブレーキのクリアランス調整程度なら問題なく締められます。

しかし、使える場所が限定される場合もあるので、自分の自転車で2mmのネジを使っている場所をよく確認してから購入するようにしてください。

まとめ

  • 収納時に場所を取らない
  • ほぼ必要な工具が揃っている
  • しっかりとした剛性がある
  • あると便利な収納ケース付き
  • 2mmだけ極端に短い

とてもコンパクトで持ち運びに便利な携帯マルチツールです。

いざという時にちゃんと役に立つだけのツールを備えているので、これを買っておけば安心です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
\記事が役に立ったらシェアしてね/
スポンサーリンク
週末サイクリング部
タイトルとURLをコピーしました