PR
スポンサーリンク

スプロケットの取り付けに必要なスペーサーまとめ

スプロケットのロースペーサー1.0mmと1.85mm

シマノ用フリーハブにスプロケットを取り付ける際、1.0mmと1.85mmスペーサーのどれを使うのか?ついつい忘れてしまいがちです。

そこで今回は、8/9/10/11/12速の各ホイールに必要なスペーサーの組み合わせをまとめました。

スポンサーリンク

スペーサーの種類

スプロケットのスペーサー1.0mmと1.85mm

フリーボディに挟むスペーサーは、「1.0mmスペーサー」と「1.85mmスペーサー」の2種類があります。

スペーサーを使用してスプロケットを取り付ける場合は、どちらか1枚、または両方を挟むことになります。

1.0mmスペーサーは薄く平べったい銀色でスプロケットに付属してきます。

1.85mmスペーサーは凹凸の溝があって、11速ホイールを購入すると付属してきます。

8/9速ホイール

8速・9速用ホイールに必要なスペーサー

8/9速ホイールは、8/9/10速用スプロケットを装着することができます。

8/9速用スプロケットはスペーサーを入れる必要なし。

10速用スプロケットは「1.0mmスペーサー」が必要になります。

例外として「CS-4600/CS-6600/CS-HG500-10」は、スペーサーなしで装着することができます。

12速用スプロケット 装着できない
11速用スプロケット 装着できない
10速用スプロケット 1.0mmスペーサーが必要
8/9速用スプロケット スペーサー必要なし
CS-4600,6600/CS-HG500-10 スペーサー必要なし

10速ホイール

10速汎用ホイール

10速用ホイールに必要なスプロケットのロースペーサー対応表

10速ホイールは、8/9/10速用スプロケットを装着することができます。

10速用スプロケットの装着には「1.0mmスペーサー」が必要なので注意。

8/9速用スプロケットは、スペーサーを入れる必要はありません。

例外として「CS-4600/CS-6600/CS-HG500-10」は、スペーサーなしで装着することができます。

12速用スプロケット 装着できない
11速用スプロケット 装着できない
10速用スプロケット 1.0mmスペーサーが必要
8/9速用スプロケット スペーサー必要なし
CS-4600,6600/CS-HG500-10 スペーサー必要なし

10速専用ホール

10速専用ホイールには10速用スプロケットがスペーサー無しで装着できる

現在は中古でしか流通していませが、「10速専用ホイール」というのがあります。

この規格はデュラエースの7800世代にのみ存在した規格です。

10速専用ホイールは、スペーサーなしで10速用スプロケットを取り付けることができますが、他の8/9/11/12速用スプロケットは取り付けることができません。

また、取り付けられない10速用スプロケットもあるので、中古で10速ホイールを購入する場合は、10速専用か8~10速に対応したものかよく確認してから購入する必要があります。

11速ホイール

11速用ホイールに必要なスプロケットのロースペーサー対応表

11速ホイールには、8/9/10/11/12速用スプロケットを装着することができます。

11/12速用スプロケットの装着にスペーサーは必要ありません。

10速用スプロケットの場合は、1.85mmと1.0mm両方のスペーサーが必要になります。その際、先に1.85mmを入れてから次に1.0mmを入れます。

例外として「CS-4600/CS-6600/CS-HG500-10」は、1.85mmスペーサーのみ入れることで装着できます。

11/12速用スプロケット スペーサー必要なし
10速用スプロケット 1.0mmと1.85mmスペーサーが必要
8/9速用スプロケット 1.85mmスペーサーのみ必要
CS-4600,6600/CS-HG500-10 1.85mmスペーサーのみ必要

12速ホイール

12速専用ホイール

12速専用ホールには12速用スプロケットのみ装着できる

12速ホイールは、一部を除いて11速以下のスプロケットと互換性がありません。

つまり、12速専用ホイールには12速用スプロケットしか取り付けられないということです。

また、「ロード向け12速」と「MTB向け12速」スプロケットは、フリーボディの形状が全く違う規格になっているため、互換性がありません。

11/12速ホイール(WH-R8170等)

11速・12速ホイール(WH-R8170)に装着可能なスプロケットは11速・12速用

シマノ ULTEGRAシリーズの『WH-R8170』や『WH-RS710』は、11速と12速の両方に対応しています。

今後はこちらのタイプが主流になると思われます。

12速用スプロケット スペーサー必要なし
11速用スプロケット スペーサー必要なし(11/12速対応ホイールのみ)
10速用スプロケット 装着できない
8/9速用スプロケット 装着できない

まとめ

各ホイールのスプロケット対応表

10速用スプロケットでも「CS-4600/CS-6600/CS-HG500-10」は例外。

12速用スプロケットは、ロード用とMTB用に互換性がないので注意。