PR
スポンサーリンク

【BB交換】シマノ TL-UN74-S|スクエアテーパーの脱着工具

TL-UN74-S

シマノ『TL-UN74-S』はスクエアテーパー型ボトムブラケットの脱着工具です。

今回は、この工具で注意するべきこと2点を紹介します。

スポンサーリンク

TL-UN74-Sとは

スクエアテーパータイプのボトムブラケット(BB)を脱着する工具です。

冷間鍛造により高剛性を実現したシマノの純正工具。

固く締まっているBBも取り外すことができます。

※32mm以上の大型モンキーレンチを使って使用すること。

別途32mmのレンチが必要

TL-UN74-Sとモンキーレンチ

私が持っているモンキーレンチは最大口幅29mmです。

しかし、TL-UN74-Sには別途32mmの大型モンキーレンチが必要だったのです。

自転車関連で32mmのレンチを使うことは稀ですね。

当然持っていませんでした。

FSA製スクエアテーパーに使用不可

PowerDriveとTL-UN74-S

FSAのPower DriveというスクエアテーバーBBを取り外すため購入しました。

しかし、TL-UN74-SをBBにはめようとすると嫌な予感。

このBBはシャフトの中に太いリングが入っています。

このリングがTL-UN74-Sの内径より広くてハマりませんでした。

別のBB脱着工具を購入

イオンのBB取り外し工具

32mmのレンチもないし、内径も合わないしで散々な結果。

急遽、イオンの自転車売場で別のBB取り外し工具を買ってきました。

イオンのBB取り外し工具とモンキーレンチ

あっけなくハマって29mmのモンキーレンチでも締められました。

TL-UN74-SとイオンのBB取り外し工具を比較

イオンのBB工具と比較するとシマノは枠が太いので内径がその分狭くなっていました。

  • シマノ TL-UN74-Sの内径:約24mm
  • イオン BB脱着工具の内径:約24.8mm

この約0.8mmの差でハマらなかったのです。

まとめ

FSA製BBの取り外しは特殊な例ですが、

別途32mmのレンチが必要な点は注意するべきです。

「シマノ製を買っておけば間違いない!」とネットで注文しましたが、よく調べてから買わないとダメですね。

これから買う方はモンキーレンチが必要ないハンドル付きのBB脱着工具もありだと思います。