PR
スポンサーリンク

自転車に適した『マイナスドライバー』のサイズはいくつ?

ホーザン 刃先幅5.5mmのマイナスドライバー

自転車のメンテナンスで『マイナスドライバー』を「ネジ回し」として使用することはほぼありません。

しかし、グリップのエンドキャップを外したり、汚れを削ぎ落とすなど、アイデア次第でいろいろな用途に使うことができるので、いざと言うときに無いと困るのが『マイナスドライバー』です。

手動式ドライバーの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

自転車に使うマイナスドライバーのサイズは?

自転車でよく使われる『マイナスドライバー』のサイズはいくつなのか?

一般的なのは5/5.5/6mm

自転車でよく使うドライバーのサイズ

各自転車工具メーカーのサイトから『マイナスドライバー』の仕様を調べてみたところ、「5mm/5.5mm/6mm」サイズがよく使われていることがわかりました。

わたしは「5.5mm」を使っていますが、このサイズ中から選べばとくに問題はないでしょう。

ちなみに、プラスドライバーは「2番」をよく使用します。

関連記事:自転車用プラスドライバーの選び方。買うべきサイズは何番?

ミニドライバーセットもあると便利

自転車のメンテナンス用ドライバーセット

他のサイズは『ミニドライバーセット』があれば事足ります。

家庭内でのネジ締めにも役立つので、1セット用意しておくと安心です。

関連記事:自転車整備におすすめのドライバーセット

ホーザンのマイナスドライバーを購入

ホーザン マイナスドライバー 5.5mm

自転車工具といえば「HOZANホーザン」ということで、ホーザンのメンテナンスサイトで紹介されていた『マイナスドライバー D-655-100』を購入しました。

刃先幅5.5mmのマイナスドライバー

刃先幅は5.5mm。スタンダードで使いやすい大きさです。

ホーザン マイナスドライバーのサイズ

軸長は100mmくらいが一番使いやすいです。

ホーザンのマイナスドライバーとPBスイスのプラスドライバー

価格はAmazonで365円ほど。使用頻度が少ないので安いものにしましたが、そこはホーザン製なので安い割に使いやすく精度も申し分ないです。

プラスドライバーはよく使うので、ちょっとお高めの『PBスイス』を使っています。

ホーザン マイナスドライバー のグリップ

グリップはポリプロピレン製。表面にシワのような加工がしてあるので、滑りにくく、オイルで汚れても簡単に拭き取れます。

ホーザン マイナスドライバーの実測重量

重量は58g。軽量で扱いやすいのがメリットです。

マイナスドライバーの使い道

ドライバー(ネジ回し)としての出番はほぼありませんが、工具としてはアイデア次第でいろいろな用途に使えます。

エンドキャップをこじって外す

マイナスドライバーで自転車のグリップエンドキャップをこじる

バーテープやグリップの「エンドキャップ」にマイナスドライバーを差し込み、こじって浮かせればキャップを外すことができます。

リムテープを外す

マイナスドライバーでリムテープを外す

リムテープを外すときも便利です。

このホーザンのマイナスドライバーは、軸が普通よりも細めに作られているので、隙間に通しやすかったです。

グリスをなびる

マイナスドライバーでグリスをなびる

グリスのヘラとして使えば、手を汚さずに塗ることができます。

汚れや錆を落とす

マイナスドライバーで錆や汚れを削ぎ落とす

プーリーにこびりついた汚れを落としたり、サビを削ぎ落すのに使えます。

まとめ

自転車向きサイズ
  • プラスドライバー #2
  • マイナスドライバー 5.5mm

自転車のメンテナンスに使用する±ドライバーは、この2本と「ミニドライバーセット」があれば十分です。

マイナスドライバーは、ネジ回しとしての用途は少ないですが、こじったり、汚れを落とすなど、アイディア次第でいろいろな用途に応用することができます。