PR
スポンサーリンク

自転車用プラスドライバーの選び方。買うべきサイズは何番?

自転車の整備でよく使うドライバーサイズは2番

『プラスドライバー』のサイズにも種類があります。

しかし、すべてのサイズを揃える必要はありません。

なぜなら自転車では、圧倒的に「2番のねじ」の使用頻度が高いからです。

プラスドライバーの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

買うべきは2番!

もっともよく使うドライバーサイズは2番

先に結論から言ってしまうと、自転車整備では『2番のプラスドライバー』を一番よく使用します

なので、2番だけ品質が良いものを1本買っておけば、8~9割方は困りません。

もしも他のサイズが必要になったら、下で紹介する『ミニドライバーセット』で対応すれば充分です。

プラスドライバーは、数字が大きくなるほど、先端のサイズも大きくなります。

圧倒的に2番の登場頻度が高い

ネジ穴にピッタリとおさまる2番のドライバー

わたしの持っている2台の自転車は、すべて「2番のねじ」を使っていました。

最近になって、1番や0番を使用した記憶もないかな~。

他のサイズで代用するのはNG

ネジ穴にぴったりはまっていない1番のドライバー

1番のドライバーを使っても、2番のねじを回すことは可能です。

しかし、見ての通り「隙間」があるのでガタつきます。

ネジ穴に合っていないドライバー

これだと「ゆるめる」場面で「ねじをなめる」確率が高くなるので、必ず適切なサイズを選ぶようにしてください。

他のサイズは「ドライバーセット」で対応

アネックスのミニドライバーセット

基本は2番のプラスドライバーだけ、ちゃんとしたものを買うでいいと思います。

しかし、いざという時に他のサイズがないのは困ります。

そんなときに備えて『ミニドライバーセット』を用意しておくと便利です。

関連記事:自転車整備におすすめのドライバーセット。数百円出すだけでこんなに快適に!?

信頼できるドライバーを1本持っておこう!

リアディレイラーのネジをドライバーで調整する

ディレイラーの調整など「絶対にねじをなめたくない」ときは、信頼できるメーカーのドライバーを使うのが一番。

自転車用のドライバーとしてPBスイスを購入

良い工具を使うと、自転車整備がより一層楽しくなります!

日本のメーカーでは「ベッセル」や「KTC」、海外では「PBスイスツールズ」「WERA」などがおすすめです。

わたしは最近『PBスイスツールズ』のドライバーに新調しました↓

PBスイスツールズのプラスドライバー

PB SWISS TOOLS PB 8190-2-100/6:PH

目を引くデザインでカッコいいですね~。

なんだか置いてあるだけで安心感があります(笑)

PB スイスツールズ 2番のドライバー

サイズはもちろん2番。Amazonで1,300円ほどでした。

そこまで高くないですし、良い工具を使えば、整備のモチベーションもあがるのでおすすめです。

手によく馴染む

PB スイスツールズのドライバー+2

とくに「グリップの太さ」が丁度良くて気に入りました。

握りやすくて、手に吸い付くようなグリップです。

ベッセルとPBスイスのドライバー比較

今まで使っていた「ベッセル」のドライバーは、グリップが微妙に大きくて、自転車用としては少々使いにくいものでした。

ねじをなめる確率が激減!

PB スイスツールズ ドライバーの先端

先端が「ねじ穴」にしっかりと食い付くので、回すときに安心感があります。

軸長は100mmがおすすめ

PBスイスツールズ 軸長100mmのドライバー

自転車用なら「軸長100mm」が使いやすいかと思います。

ちなみに、全長は205mmありました。

まとめ

  • 自転車でよく使うのは2番
  • 軸長は100mmがおすすめ
  • なめる原因はサイズ間違い
  • ミニドライバーセットがあると便利

よく使う2番だけは「品質重視」のものを買っておくのがおすすめ。

他のサイズは出番がめったにないので「ミニドライバーセット」があれば充分事足ります。