用途が合えば最高!MKSの脱着式ビンディングペダル

自転車用品

MKS US-L イージースーペリア ペダル

MKS(三ヶ島)の脱着可能なビンディングペダルを購入したのでレビューしていきます。

自転車用ペダルの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

MKS(三ヶ島)US-Lペダル

購入したペダルは、MKSの『US-L EzySuperiorイージースーペリア』というモデル。

ビンディングペダル

MKS US-L イージースーペリアの箱

シマノで言うところの「SPD-SLタイプ」のビンディングペダルになります。

MKS US-Lペダル イージースーペリアの表と裏

樹脂ボディなので、少し安っぽく感じましたが、日本製ということもあって細部の質感などはとても良く作り込まれています。

ペダルの付け外しができる

MKS US-L イージースーペリア ペダル

アダプターからシャフトを引き抜くことでペダルの脱着が簡単に行なえます。

MKS イージースーペリアの脱着方法

同じ『イージースーペリア』のペダルを付け替えることも可能。

MKS SYLVAN TOURING NEXT Ezy Superiorの付属品

現在使っているフラットペダルが『イージースーペリア』だったので、ビンディングペダルも同じシリーズで揃えました。

関連記事:折りたたみペダルをEzy Superiorに交換した

付属品

MKS US-Lペダル イージースーペリアの付属品

ちゃんと「専用のクリート」が付属。「収納袋」は輪行のときに役立ちます。

重量

MKS US-Lペダル イージースーペリアの実測重量

重量は片方174g。両方で348gです。

トリプルベアリング

MKS US-Lペダルを回転させる

シールドベアリングを3個つ搭載しているので回転は非常に滑らか。

距離が長くなるほど疲れにくさを実感することができます。

取り付け方法

ペダルの取り付け方を紹介します。

薄型のペダルレンチを使う

パークツールのペダルレンチでEzy Superiorを取り付ける

15mmのペダルレンチで取り付けますが、工具の厚みが3.2mm以下のものでないとナットを締められないので注意してください。

場合によってワッシャーを挟む

MKS イージースーペリアのアダプターを取り付ける

アダプターを取り付ける際、ペダル穴の周辺が凹んでいるクランクは「付属のワッシャー」を挟みます。

ペダルの向き

MKS US-Lペダルの向き

はじめて取り付ける場合は、ペダルの向きをよく確認してから取り付けてください。

付属クリートについて

付属するクリートは「MKSオリジナル」です。

フローティング角度

MKS US-Lペダルの付属クリート

付属クリートのフローティング角度は「4.5°」なので、左右に4.5°ずつ動くように遊びが作られています。これはシマノの黄色クリート(SM-SH11)と同じくらいの角度です。

適度な遊びがあると膝への負担を和らげることができます。

クリートを取り付ける

SPD-SLシューズにクリートを取り付ける

クリートは左右共通です。長穴ワッシャーを間に挟み、3mmのアーレンキーで取り付けます。

固定力を調整する

MKS US-Lペダルのバネ

スプリングの強さ調整することで、クリートの固定力を変えることができます。

MKS US-Lペダル アジャスターの調整方法

スプリングの強さは「弱・中・強」の3段階で調整可能。

MKS US-Lペダルの固定力を調整する

「▲マーク」はこの部分にあります。

MKS US-Lペダルのアジャスターを調整する

ペダル側面のアジャスターを3mmのアーレンキーで回して切り替えます。

クリートの付け外し

初心者向けのペダルらしくクリートの脱着は簡単です。

慣れれば簡単にはまる

MKS US-Lペダルにクリートをはめる

クリートを外すと、ペダルのトップが必ず上を向くようになっているので、足先でペダルを起こすようにすれば簡単にはめられます。

立ちゴケ防止になる

SPD-SLクリートの外し方

このペダルは固定が弱めなので、足を外側へ軽くひねるだけで簡単に外れます。

立ちゴケ防止にもなるので、ビンディング初心者におすすめです。

ちなみに、シューズはシマノの『IC100』を使っています↓

関連記事:メッシュでムレない!室内サイクリングに特化したサイクルシューズ【シマノ IC100】

US-Lペダルの使用感

MKS US-Lペダルとシマノ IC100

MTB用のSPDペダルと違って、SPD-SLタイプはペダルとの接地面積が多いため、面でペダリングしているような感覚になり快適です。

欠点は「固定力の弱さ」と「遊びが大きい」こと。クリートの固定力を「強」にすればだいぶマシになりますが、それでもまだ弱いです。

MKS US-Lでペダルを漕ぐ

固定部分の遊びが多いせいか、ペダリング中に足首が左右に動きます。ソールが左右に揺れて中央に戻される感じなので慣れるまでは気持ち悪いかも。

初心者向けといえますが、遊びの大きさからレースには向いてないです。ただし、引き足をした時にクリートが外れてしまうようなことはありません。

US-Lクリートの互換表

US-Lペダルは、一部LOOKのKEOクリートと互換性があります。

付属のクリートでは遊びがありすぎて動きが気になってしまう方は、KEOクリートのブラック(0°)を試してみるといいかもしれません。グリップタイプは対応していないので注意。

まとめ

  • ペダルの脱着ができる
  • 3つのベアリングで回転滑らか
  • クリートの脱着が楽
  • 初心者・膝が弱い人向き
  • レース向きではない
  • 固定部分の遊びが多い
  • 一部KEOクリートと互換性あり

本音を言うと、シマノ製のほうが良かったのですが、ペダルの脱着が面倒だったのでMKSしか選択肢がありませんでした。

しばらく使ってみてもクリートの遊びが気になるようなら、LOOKのKEOクリート(0°)に変えてみようと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
\記事が役に立ったらシェアしてね/
スポンサーリンク
週末サイクリング部
タイトルとURLをコピーしました