PR
スポンサーリンク

DAHON用 74mm→100mm 変換アダプター | ホイールの使い回しに便利

ダホン用74mm-100mm変換アダプター

フロントホイールのエンド幅は100mmが一般的。

ところがダホンの場合、エンド幅が74mmとなります。

だから、エンド幅100mmの小径車にホイールを使い回すことができません。

しかし、世の中には便利なものがあるもので『74mm-100mm変換アダプター』というパーツが売っています。

これを使えばエンド幅100mmの小径車に、ダホン用74mmホイールが使えるようになります。

自転車用バブパーツの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

74mm-100mm変換アダプターとは

ダホンの74mmフロントハブを100mm幅へ変換するアダプタです。

Liteproの変換アダプター

Litepro製、74mm-100mm変換アダプターのパッケージ

購入した変換アダプターは、台湾の自転車パーツメーカーLitepro製。

ダホン用の軽量パーツ等を数多く取り扱っているメーカーです。

74mm-100mm変換アダプターの実測重量、詳細は以下

重量は2つで12g。

74mm-100mm変換アダプター、1つの幅

幅は片方13mm。

両方で26mmだからエンド幅74mmにプラスすると100mmになります。

74mmハブに装着する

リデアの74mmハブ

これはダホン用のフロントホイール。

エンド幅はもちろん74mmです。

このハブはRIDEA製74mm、リムはアレックスリム R390の手組みホイールです。

手組みホイールの詳細については↓こちらの記事で紹介しています。

変換アダプターを装着する

装着前の74mm-100mm変換アダプターとハブ軸

使い方はとっても簡単。

ハブ軸にカポッとはめるだけ。

74mm-100mm変換アダプターをハブ軸に嵌めた

シンプルなデザインなので、装着後もハブに溶け込んでいます。

74mm-100mm変換アダプターを装着

両端に装着したアダプターにより「13mm」+「13mm」延長。

これでエンド幅は100mmになりました。

74mm-100mm変換アダプターを装着してノギスで計測

実測値もこの通り100mmです。

74mm-100mm変換アダプターをクイックリリースで固定

クイックリリースの軸を通して、しっかり挟み込むので走行中に外れることはありません。

74mm非対応の「振れ取り台」でも活躍

74mm - 100mm変換アダプターで振れ取り台に対応

これは「Tacxの振れ取り台 T3175」

この振れ取り台はエンド幅100mm-135mmに対応しています。

だから、74mmホイールが固定できません。

こんな時も「74mm-100mm変換アダプター」が役立ちます。

エンド幅を100mmにすることで無事、振れ取り台にセットすることができました。

まとめ

74mm-100mm変換アダプターを使用すると、

DAHON用のホイールを無加工でエンド幅100mmの対応車にインストールすることができます。

また、エンド幅74mmに対応していない振れ取り台にセットすることが可能。

この変換アダプターを持っていれば、いざというときに使いまわしたり、応用が効くのでおすすめです。