PR
スポンサーリンク

DAHON K3のチェーンリングを53T→56Tに交換してみた

DAHON K3のチェーンリングを53Tから56Tに交換した

DAHON K3のチェーンリングを「53T→56T」に交換しました。

チェーンリングの交換方法は『クランクを外さずにチェーンリングを交換する方法』で詳しく紹介しています。

自転車クランクセットの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

LiteProのチェーンリング

DAHONのカスタムでいつもお世話になっている『LitePro』のチェーンリングを購入。

Litepro のチェーンリング56T

「チェーンリング」と「リングガード」が一体になっているタイプになります。

これは『DAHON K3』のチェーンリングと同じ仕様ですね。

Amazonにも売っていたのですが、そんなに急いでいなかったので今回は安かったAliexpressで注文しました。

Aliexpressで安く手に入れる!

AliexpressにLiteProの公式ストアがあったのでこちらで購入しました。

AliexpressでLiteproのチェーンリングを注文

購入したお店

LitePro Official Store

価格は56Tのブラックで1,760円ほど。到着まで2週間前後かかりますが送料は無料です。

Aliexpressでの購入方法は『Aliexpressのアカウント登録~商品購入までの手順』で詳しく紹介しています。

到着までの日数

AliExpress Standard Shippingで商品が到着

  • 発送方法:AliExpress standard shipping
  • 注文日:4月26日
  • 商品到着:5月4日

今回は注文から8日で到着しました。コロナ禍なので遅れると思いましたが、かなり早かったです。

発送方法は「AliExpress standard shipping」です。以前は「郵便」で届きましたが、今回は「SinoEX」という業者。日本国内に入ってからは「佐川急便」が配達してくれました。

サイズはPCD130

DAHON K3のチェーンリングはPCD130を選ぶ

DAHON K3のチェーンリングはPCD130を選んでください。

「BCD」と表記するケースもありますが、どちらも意味は同じです。

ボルトも一緒に交換

Liteproのチェーンリング用ボルト

同じストアにチェーンリング用ボルトも売っているので、一緒に交換してみるのもいいでしょう。

アルミ製だから軽量ですし、300円ほどで購入することができます。

速度はどのくらい変わる?

チェーンリング交換終了

DAHON K3のデフォルトは「53T」です。

乗り始めたころは「53T×9T」が重くて長距離を走るとすぐに疲れてしまっていました。

しかし走り込んでいくうちに「53T」だと物足りなくなってきたので、今回「56T」に交換することにしました。

速度を計算する

自転車の時速を導くにはギア比計算ツールを使うのがいいでしょう。

スマホアプリなどもありますが、わたしは自転車ギア比計算ツールというサイトを利用しています。

使い方は以下の通り↓

チェーンリングを交換したときのギア比と速度の計算方法

DAHON K3のスプロケットは「9T-13T-17T」の3速しかないのでこれを①に入力します。

チェーンリングは「53T・56T・58T」のときの速度を知りたいのでこれを②に入力します。

③のタイヤ周長は14インチなら「14×1.50」を選択すればOK。

④のケイデンスは「60rpm」でいいでしょう。「60rpm」は普通に無理なく漕いだときくらいの回転数です。

最後に⑤の計算方法で「速度」を選択すれば、それぞれの時速が求められます。

実際に走ってみて

DAHON K3のギア比を計算

「53T→56T」のケイデンス60rpmだと「1.2km/h」しか変わりませんね。

実際に漕いでみても「若干速くなったかな?」と感じる程度でした。

これなら「58T」にしても問題なさそうですが、長距離を漕ぐといつもより疲れやすかったので、とりあえず「56T」のまま様子をみたいと思います。

重量を比較

DAHON K3 チェーンリングの重量

  • 純正 53T:139g
  • LitePro 56T:116g

歯数は大きくなりましたが、重量は23gほど軽くなりました。

素材は「AL7075-T6」というアルミ素材になります。

チェーンリングガードに余裕がない

DAHON K3 チェーンリングの歯

純正の「チェーンリングガード」は歯が隠れるくらいの余裕がありましたが、LiteProのリングガードは歯とほぼ同じ高さしかありません

歯の形状が違いますが、こちらはとくに問題ありませんでした。

大きさはほぼ変わらない

DAHON K3 純正チェーンリングとLiteproを比較

リングガードが小さめなので、純正の「53T」と重ねてみても大きさはそれほどかわりません。

チェーンが微妙にはみ出る

Liteproのチェーンリングの欠点

個人的にチェーンが微妙にはみ出して見えるのが嫌かなぁ。

ここはちゃんとチェーンが隠れるくらい大きくしてほしかったですね~。

LiteproのチェーンリングをDAHON K3に装着

真上からだとチェーンに触れやすいから、ズボンの裾を当てて汚さないように注意が必要です。

Liteproのチェーンリング56Tを装着したDAHON K3

ただし真横から見るとチェーンはちゃんと隠れています。

見た目はスタイリッシュでいいんですけど、リングガードの本来の目的である「汚れ防止」効果は弱いかな。

まとめ

  • Aliexpressで買うと安い
  • サイズはPCD130
  • ギア比を計算してみよう
  • 純正よりも少し軽量
  • リングガードが小さい

DAHONをカスタムするうえで「LitePro」の商品は欠かせません。

価格もリーズナブルなので助かります。

「53T→56T」ならチェーンを交換する必要もありません。

とくにトラブルなく使用できているので、興味のある方は試してみてください。