PR

2018 DAHON Visc Pro|人気モデルがドロップハンドル化!

DAHON Visc ProとVisc EVOを比較

今回はダホン2018年モデルの『Visc EVO』とインターナショナルモデルの『Visc Pro』を比較したいと思います。

日本国内には「DAHON」と「DAHONインターナショナル」の2ラインのモデルが存在します。

だからViscも2モデル存在するというわけ。

DAHON

代理店のアキボウとDAHONの共同開発 [公式ページ]

日本向けに製作されているジャパンモデルを扱っています。

DAHONインターナショナル

代理店の武田産業・シナネンサイクルとDAHONの共同開発 [公式ページ]

海外モデルをそのまま日本で販売しています。

スポンサーリンク

Visc Proとは

Dahon Visc Pro 2018年モデル

2018年モデルからドロップ化をはたし、さらなるスポーツ性能を獲得。

451ホイールにキャリパーブレーキを装備した本格スポーツモデルです。

コンポーネントにはシマノ TIAGRAを採用、納得の仕上がり。

Visc EVOとは

Dahon Visc EVO 2018年モデル

Re-Barテクノロジーにより高いフレーム剛性を確保し独特な曲線フレームが美しいモデル。

2017年モデルからホイールの451化により走行性能が向上しています。

街乗りからロングライドまでオールマイティにこなす一台です。

スペックを比較する

「Visc Pro」と「Visc EVO」2018年モデルを比較

スペック

車体 Dahon Visc EVO 2018年モデル Dahon Visc Pro 2018年モデル
ホイールサイズ 20インチ (ETRTO 451) 20インチ (ETRTO 451)
変速 2×10 20スピード 2×10 20スピード
折り畳みサイズ W82 × H65 × D39cm W83 × H67 × D55cm
フレーム アルミニウム アルミニウム
フォーク アルミニウム アルミニウム
ハンドルポスト クランプタイプ 300mm/8度 DAHON VROタイプ ステム
ハンドルバー フラットバー 540mm ドロップバー 400mm
サドル Selle Royal DDK-D014
シートポスト Dahon スーパーライトアルミニウム 33.9x580mm DAHON Custom 6061 Aluminum, 33.9 x 580 mm
ブレーキ Promax RC482 シマノ TIAGRA BR-4700 Caliper
ブレーキレバー Tektro 289A シマノ TIAGRA ST-4700
ハブ/フロント Dahon Comp 451 20H OLD:74mm DAHON Custom Compact 74mm, 20H
ハブ/リア Dahon Comp 451 28H OLD:130mm DAHON Custom Compact 130mm, 28H
リム BlacFoot 451 ダブルウォール 451 Lightweight Aluminum ダブルウォール
タイヤ KENDA クリテリウム 20×1-1/8 (28-451) KENDA クリテリウム 20×1-1/8 (28-451)
クランク Prowheel 53x39T Prowheel 53x39T
ボトムブラケット CH-51 cassette 68mm 113.5L CH-51 cassette 68mm 113.5L
ディレイラー/フロント シマノ TIAGRA FD-4700 シマノ TIAGRA FD-4700
ディレイラー/リア シマノ TIAGRA RD-4700-SS シマノ TIAGRA RD-4700-SS
シフター シマノ TIAGRA SL-4700 ラピッドファイヤープラス シマノ TIAGRA ST-4700
スプロケット シマノ CS-HG500-10 11-25T シマノ CS-HG500-10 11-25T
ペダル 折り畳みペダル Wellgo F265DU
キックスタンド アルミニウム 無し
重量 10.9kg 11.2kg
カラー チタン / パールホワイト / マンゴーオレンジ ネイビーブルー / ガンメタル
完成車価格 ¥123.000(税別) ¥153.000(税別)

2車種の違いは?

「Visc Pro」と「Visc EVO」の乗車姿勢

相違点一覧

車体 Visc EVO Visc Pro
折り畳みサイズ W82 × H65 × D39cm W83 × H67 × D55cm
ハンドルポスト クランプタイプ VROタイプ ステム
ハンドルバー フラットバー ドロップバー
サドル Selle Royal DDK-D014
シートポスト 軽量アルミ アルミ
ブレーキ Promax RC482 シマノ TIAGRA BR-4700
ブレーキレバー Tektro 289A シマノ TIAGRA ST-4700
ホイール BlacFoot 451 451 Lightweight Aluminum
シフター シマノ TIAGRA SL-4700 シマノ TIAGRA ST-4700
ペダル 折り畳みペダル Wellgo F265DU
キックスタンド アルミニウム 無し

仕様表から相違点だけを抜き出しました。

一番大きな違いはProがドロップハンドルになったこと。

ブレーキはEVOがPROMAXで、ProはTIAGRA BR-4700と良いものになっています。

ホイールはEVOがオールブラック、Proは普通ですね。

EVOはシートポストが軽量なものになりましたが、Proは形状からみて今までの重いものっぽい。

Proはドロップハンドルになったことで、折り畳みサイズの奥行きがEVOのD39cmからD55cmと16cmも大きくなっています。

あと細かいところだとサドルやペダルも違っています。

Proはキックスタンドが無いですが、ダボ穴があるので後から装着可能です。

フラットバーとドロップの違い

2つのハンドルの違いを簡単に説明します。

フラットバーハンドル

操作性に優れ安定感があり悪路にも強い。

急ブレーキや急ハンドルなどの緊急時の動作に優れています。

上半身が起きているので視野が広い。

欠点は持ち手が変えられないのと前傾姿勢がとりにくいこと。

ドロップハンドル

前傾姿勢がとれるので高速での走行に向いています。

ポジションを変えられるので長距離走行もOK。

欠点は操作性や安定感がフラットバーに比べて劣ることです。

まとめ

走れるフォールディングバイクとして人気のあったViscがついにドロップハンドル化!

フラットバーのEVOとの価格差は3万円ほど。

私はEVOに乗っていますが、楽な姿勢で気軽に乗れていいですよ。

よりスポーティに乗りたければドロップハンドルのProがおすすめ。

Visc Proなかなか攻めたモデルですね~。

これは人気が出そうです。

小径車
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\ よかったらシェアしてね! /
スポンサーリンク
週末サイクリング部