英式・米式バルブ穴でも仏式チューブが使える!便利な変換スペーサー

自転車パーツ

英米式バルブ穴を仏式に変換するスペーサー

英米式のバルブ穴を仏式に変換できるスペーサーをご存知でしょうか。

スポーツ系の自転車は仏式バルブが多いですが、ママチャリなどのシティサイクルのほとんどは英式バルブです。

空気を入れる際、空気入れのアダプターをいちいち付け替えるのは面倒なものです。

しかし、このスペーサーを使用すればママチャリを仏式チューブにすることができます。今後の空気圧管理が楽になるかもしれません。

バルブ穴スペーサーの購入はこちら

スポンサーリンク

バルブの種類とサイズ

仏式・英式・米式のバルブ穴サイズ

各バルブ穴の直径は以下の通り。

  • 英式・米式 8.2mm
  • 仏式 6.3mm

仏式のバルブ穴は6.3mm。英式と米式は同じ8.2mmですが、バルブの表面にゴムのあるタイプは8.7mmになります。

「仏式→英米式」は穴を広げないと無理ですが、「英米式→仏式」は変換スペーサーを使用するだけで対応可能になります。

英米式バルブ穴は8.2mm

実際に英米式のバルブ穴を計ってみると確かに8.2mmありますね。

仏式チューブを入れてみる

試しに英米式のバルブ穴に仏式バルブを入れてみました。

英米式のバルブ穴に仏式バルブを入れてみる

当然ながらユルユルの状態です。

英米式バルブ穴に仏式バルブを入れた

リムナットで止めてもグラグラ。隙間も空いています。

変換スペーサーで解決!

そこで、こんな小物を使用します。

段がついているほうをリム側にして取り付けます。

パナレーサー NTスペーサー

商品によって2個入りだったり、1個売りだったりするので購入前によく確認してください。

兼用バルブ穴スペーサー

「英米式→仏式」変換スペーサーには段差がついています。

この突起部分が穴を塞ぐわけですね。

英米式→仏式に変換

仏式変換、兼用バルブ穴スペーサー

このように段をリム側にして取り付けます。

英米式バルブ穴に仏式変換スペーサーを使う

隙間がバッチリ塞がりました!かんたんですね。

バルブ穴変換スペーサーを反転して仏式で使う

ちなみに、兼用スペーサーという名前だけあって、スペーサーを反転させれば仏式バルブ穴で使用することができます。

まとめ

  • 英米式のバルブ穴は8.2mm
  • 仏式のバルブ穴は6.3mm
  • 英米式→仏式は変換可能
  • 変換スペーサーを使用する

これで使いたかった仏式チューブが使えるようになって空気圧管理が楽になるかも!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
\記事が役に立ったらシェアしてね/
スポンサーリンク
週末サイクリング部
タイトルとURLをコピーしました