磁石で計測するスピード&ケイデンスセンサーはもう古い!?時代は地磁気センサー

XOSS スピード&ケイデンスセンサー

新しい「スピード&ケイデンスセンサー」を購入しました。

読み方は不明ですが、『XOSS』という中国製のセンサーです。ANT+とBluetooth 4.0に対応していて、1つでスピードセンサーとケイデンスセンサーを切り替えて使用できます。

そして、注目の機能が”磁石不要”ということです。これまでのスピード&ケイデンスセンサーといえば磁石が必要でしたが、こいつは地磁気センサーを通じて計測するから磁石が要らないんです。

サイクルコンピューターの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

XOSS スピード&ケイデンスセンサーとは

仕様

製品名XOSS スピード&ケイデンスセンサー
サイズ36mm×30mm×12.8mm
重量9g
電池ボタン電池 CR2032
持続時間スピードセンサー300時間
ケイデンスセンサー500時間
防水レベルIP67
動作温度-10~50℃
測定範囲スピード120km/h
ケイデンス300rpm

1つでスピードとケイデンスを切り替えて使用することができます。スピードモデルやケイデンスモデルがあるわけではありません。

XOSS スピード&ケイデンスセンサーのパッケージ

同時にスピードとケイデンスを計測する場合は、センサーが2つ必要です。

私が購入したのはAliexpressで↓のお店の商品。

US .98 57% OFF|XOSS バイクスピードメーター Strava Bluetooth Fietscomputer Draadloos GPS ケイデンスセンサーデュアル ANT + ワイヤレスガーミン iGPSPORT Bryton - AliExpress | Alibaba グループ上の スポーツ & エンターテイメント からの 自転車用コンピューター の中 - 11.11_ダブル 11シングルスデイ
Smarter Shopping, Better Living! Aliexpress.com

2個で2,000円弱、2週間ほどで届きました。

Aliexpressでの注文方法は、『【スマホで簡単】Aliexpressのアカウント登録~商品購入までの手順』で詳しく紹介しています。

XOSS スピード&ケイデンスセンサーの付属品

ゴムマットと本体を固定するシリコンバンドが付属。説明書は日本語化されていました。

XOSS スピード&ケイデンスセンサーの重量

重量は電池込みで9g。「ほんとに中身入ってる?」と疑うほどの軽さ。

XOSS スピード&ケイデンスセンサーの電池に絶縁シートがある

使用する前に電池蓋を外して、中にある透明な絶縁シートを取り除きましょう。

XOSS スピード&ケイデンスセンサー、電池蓋のあけ方

電池を戻すときは「開く」の位置に「▲OPEN」をあわせてから閉じます。

センサーの切り替え方

XOSS スピード&ケイデンスセンサー、センサーの切り替え方

センサーの切替方法ですが、電池を入れるたびにスピードセンサーとケイデンスセンサーが交互に切り替わります。各センサーは色で判断します。

  • 赤:スピードセンサー
  • 青:ケイデンスセンサー

電池を入れてからライトが点灯するまで3秒ほどラグがあります。

XOSS スピード&ケイデンスセンサーのセンサーを切り替える方法

詳しいセンサーの切り替え方法はこちらの動画を参考にしてください。

センサーを取り付ける

XOSS スピード&ケイデンスセンサーにパッドを取り付ける

まず、ゴムマットを本体裏にはめます。

XOSS スピード&ケイデンスセンサーの取り付け方

スピードセンサーは反っているマット、ケイデンスセンサーには平らなマットを使用します。

XOSS スピード&ケイデンスセンサーをハブに取り付ける

スピードセンサーをリアホイールのハブに取り付けます。

XOSS スピード&ケイデンスセンサーをクランクに取り付ける

ケイデンスセンサーはこのようにクランクに取り付けます。

位置はどこでも大丈夫。どこにつけても同じ数値で計測できます。

XOSS スピード&ケイデンスセンサーを割り箸を使って取り付ける

クランクへの取り付けですが、ゴムバンドが固くて苦労しました。

割り箸を画像のように使って、ゴムバンドを伸ばすと装着しやすかったです。

ペアリングする

私はキャットアイのサイコン、ストラーダ スマートを使用しているのでそのアプリと接続します。

センサーはANT+とBluetooth 4.0に対応しているので、Strava・ガーミン・Zwift・Wahooなどにも接続できます。

Cateye Cycling

Cateye Cycling

無料posted withアプリーチ

「CATEYE Cycling」というアプリの設定方法を紹介します。

XOSS スピード&ケイデンスセンサーをペアリングする

まずは各センサーをBluetoothでペアリングします。

XOSS スピード&ケイデンスセンサーをスマホアプリとペアリング

機器を検索するとXOSSのセンサーを検出するのでペアリングをタップします。

XOSS スピード&ケイデンスセンサーをペアリング

スピードセンサーはSPD-A1、ケイデンスセンサーはCDC-A1という名前で追加されました。

以前のセンサーがある場合は削除しておきましょう。

XOSS スピード&ケイデンスセンサーでタイヤ周長を設定する

スピードセンサーの設定でタイヤ周長を設定します。ケイデンスセンサーは何もしなくて大丈夫。

XOSS スピード&ケイデンスセンサー、ペアリング完了

これでペアリングは完了です。計測の準備が整いました。

XOSS スピード&ケイデンスセンサーが回転している様子

後はクランクを回して、ちゃんと数値が表示されるか確かめましょう。

使ってみた感想

DAHON VISC EVO 2017年モデル

DAHON VISC EVOで使ってみました。

XOSS スピード&ケイデンスセンサーとキャットアイのサイコン

反応は良好です。キャットアイのセンサーは長年使っているので体で覚えていますが、XOSSに変えても同じように計測できています。

XOSS スピード&ケイデンスセンサー、ハブにゴムバンドで取り付ける

本体は小さいのでハブの幅に余裕があります。

XOSS スピード&ケイデンスセンサーをクランクに装着

クランクのバンドもそれほど気になりません。

XOSS スピード&ケイデンスセンサーは防水仕様

IP67規格の防水だから雨に濡れても問題なし。水深1mの水中に30分沈めても内部に浸水しないそうです。

キャットアイのスピード&ケイデンスセンサー

これは今まで使用していたキャットアイのスピード&ケイデンスセンサー ISC-12です。

今になって考えてみると磁石がセンサーに当たってカチカチ音が鳴ったり、位置がずれて計測できなかったり、結構わずらわしいことが多かった・・・

キャットアイのスピード&ケイデンスセンサーとマグネット

取り外しました。XOSSのセンサーで問題ないので、これはお役御免です。

キャットアイのスピード&ケイデンスセンサーを外した状態

チエーンステーがスッキリいい感じになりました。

まとめ

XOSSのセンサーは、地磁気を通じて計測するから磁石不要!

  • スピード/ケイデンスを切り替え可能
  • ANT+とBluetooth4.0に対応
  • 磁石不要で計測可能
  • IP67規格の防水

ハブとクランクに取り付けるだけだから、今まで設置できなかったチェーンステーのない自転車にもセットすることができます。使う自転車を選ばないのはいいですね~。

磁石で計測するセンサーはもう古いのかな?XOSSのセンサーを使ってしまうとなんだか時代遅れに感じてしまいます。

タイトルとURLをコピーしました