PR
スポンサーリンク

もうノズルを無くさない!スプレー缶のノズル紛失を防ぐ豆知識

スプレー缶のノズル脱落を輪ゴムで防ぐ方法

スプレー缶のノズルを無くして困った経験はありませんか?

商品によっては、不思議なほど外れやすいノズルがあるので困ったものです。

ノズルがないとピンポイントでスプレーできないですし、他のスプレー缶のノズルを代わりに取り付けたりと、すごく面倒なことになります。

そこで今回紹介するのが、ノズルの紛失を防ぐ豆知識です!

スポンサーリンク

ノズルの紛失を防ぐ豆知識

スプレー缶のノズルを輪ゴムでつなぐ

『輪ゴム』を使って、スプレー缶とノズルをつなぐことで、ノズルの紛失を簡単に防ぐことができます。

スプレー缶のノズルの脱落を輪ゴムで防ぐ

こうしておけば、誤ってノズルが外れても缶とつながったままなので、まず無くすことはありません。

エアダスターのノズルに脱落防止の輪ゴムを取り付ける

エアダスターのノズルと結べば、ノズルが吹っ飛んで怖い思いをすることもなくなります。

用意するのは「輪ゴム」だけ

スプレー缶のサイズと輪ゴム

まず、スプレー缶のサイズにあった輪ゴムを用意します。

わたしのおすすめは、100均に売っている「3サイズ入りの輪ゴムセット」です。

大きさの異なる輪ゴムが3サイズ入っているので、普段の生活でも役立ちます。

輪ゴムの結び方

輪ゴムを2つ用意する

まず、輪ゴムを2つ用意したら

2つの輪ゴムをつなぐ

上の画像のように輪ゴムを結び

2つの輪ゴムを繋いだ状態

2つの輪ゴムをつなげます。

スプレー缶のノズルに輪ゴムをつなぐ

あとはノズルも同様に結んで

スプレー缶のノズルに輪ゴムを繋いだ状態

ノズルと輪ゴムをつなげたら準備完了です。

スプレー缶に輪ゴムをつける

先に片方の輪ゴムをスプレー缶にはめてから

スプレー缶のノズルの脱落を輪ゴムで防ぐ

ノズルを取り付けたら完成です。

輪ゴムをしたままスプレー缶のキャップを閉じる

輪ゴムをしたまま、キャップを閉めることもできます。

ゴムが劣化したときは、新しい輪ゴムに取り換えれば問題ありません。

小さいスプレー缶の場合

小さいスプレー缶には小さいサイズの輪ゴムを使う

容量100ml程度の小さなスプレー缶の場合は、缶側にはめる輪ゴムを小さいものに変更してください。

小さいスプレー缶のノズルに脱落防止の輪ゴムをつける

折径4cmの輪ゴムでぴったり取り付けられました。

まとめ

  • 輪ゴムでノズルの紛失を防ぐ
  • 用意するのは輪ゴムだけ
  • 缶のサイズに合った輪ゴムを使う
  • 輪ゴムをしたままキャップができる

「もう二度とノズルを無くさない!」と誓っても、いつの間にか無くなっているのがノズルというものです。

ノズルの外れやすいスプレー缶があったら、ぜひ今回の豆知識を試してみてください。