パールイズミのサドルカバーがあればレーパンいらない件

自転車用品

パールイズミ サドルカバー R16をレビュー

パールイズミの作った『お尻の痛みを軽減するサドルカバー』を試してみました。

「長時間サドルに座っているとお尻が痛くなる…」という方にぴったりのアイテムです。

自転車用サドルの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

パールイズミ R16 サドルカバー

パールイズミ サドルカバーのパッケージ

こんな人におすすめ
  • レーサーパンツに抵抗がある
  • パッドのゴアゴア感が苦手
  • 普段着で乗りたい

パールイズミ『R16 サドルカバー』は、スポーツバイク用に開発されたサドルカバーです。

パールイズミ サドルカバーの商品説明

パールイズミの培ってきたパッド開発のノウハウが活かされており、お尻の痛みを和らげてくれます。

パールイズミ サドルカバーの実測重量

重量は105gと軽量。自転車チューブ1本分と同じくらいの重さです。

快適性重視のパッド

パールイズミ サドルカバーのクッション

パッドの素材はおそらくウレタンでサドルの先端まで均一に詰まっています。GELは入っていません。

パールイズミ サドルカバーのクッションを指で押す

指が押し返されるくらい十分な弾力が備わっています。

かんたん装着でズレにくい

このサドルカバーは、「ベルクロ」を使って簡単に付け外しが行えます。

ベルクロ固定式

パールイズミ サドルカバーの裏側

この手の商品はサドルを囲ってヒモで結ぶタイプが多いのですが、このカバーはサドルの下にマジックテープを回して固定するタイプとなっています。

裏側は滑りにくい素材

パールイズミ サドルカバー裏側の滑り止め

カバーの裏側は「滑りにくい素材」になっていて、ズレにくくなるように工夫されています。

サドルに装着する方法

パールイズミのサドルカバーをサドルに被せる

サドルにカバーを被せたら

パールイズミのサドルカバーはマジックテープで止める方式

レールの間にベルクロを通して、三方向からしっかり固定します。

パールイズミのサドルカバーを装着したサドルの裏側

ベルクロをクロスさせて留めると、よりサドルにフィットします。

サドル幅155mmのサドルにパールイズミのサドルカバーを装着

こちらはサドル幅155mmのサドルに装着。

ベルクロを留めるのが少し窮屈でしたが、問題なく装着することができました。

サドルの形状にもよりますが、おそらくサドル幅150㎜台までなら装着可能と思われます。

メガサイズもある

パールイズミ R18 サドルカバー

『R16 サドルカバー』よりも幅広なサドルに対応した『R18 メガサドルカバー』という商品もあります。

パッドの量も極厚になっているので、よりどっしり座りたい方に最適です。

実際に装着してみた

『DAHON K3』のデフォルトのサドルに装着しました。

スポーティな見た目

パールイズミのサドルカバーを装着したDAHON K3

見た目もそれほど悪くなく、思ったよりもスポーティな印象です。

パールイズミ サドルカバー装着後

サドルの形状に沿ってぴったりと装着されているから、とても自然なフォルムとなっています。

パールイズミ サドルカバーの後ろからの形状

付け外しも簡単なので、シーンに応じて使い分けることができます。

サドルバッグを装着できる

パールイズミ サドルカバーを装着してもサドルバッグを付けられる

レール部分にカバーが被さっていないので、「サドルバック」を装着することが可能となっています。

シートポストの調整が必要

パールイズミ サドルカバー クッションの厚み

坐骨付近のパッドの厚みは3cmほど。

座ればかなり沈み込むのですが、どうしてもサドルの位置が少し高くなってしまいます。

DAHON K3のシートポストを調整する

わたしの場合は、シートポストを5mmほど下げるとちょうど良くなりました。

パッドの性能は?

この『サドルカバー』を装着して、40㎞ほど走ってきました。

手軽にお尻の痛みを軽減!

パールイズミ サドルカバーの使用感

実際に走行してみると、路面から伝わる振動が優しくマイルドになっているのを感じました。

段差の突き上げもあきらかに軽減されています。

正直レーパンを履くよりも、このサドルカバーを装着したほうが快適です。

違和感なし!

DAHON K3とパールイズミのサドルカバー

走行中にカバーがズレることがなかったので、不快感は一切なし!

カバーによってサドルの厚みが少し増しましたが、太ももとサドルが擦れることがなかったので、ペダリングはいつも通りスムーズでした。

履いているパンツの素材にもよるかもしれませんが、表面が滑りやすいということもなかったです。

お尻が蒸れるかも

パールイズミ サドルカバーにまたがる

ただし欠点もありまして、しばらく座っているとお尻が暑苦しくなってくるのを感じました。

おそらく夏は蒸れやすくなると思いますが、これはクッションを敷いているので仕方ありません。

まとめ

  • お尻の痛み軽減に役立つ
  • 普段着で乗れる
  • ベルクロ式で付け外しが簡単
  • 極厚なクッションを配置
  • 重量105gと軽量
  • 夏は蒸れに注意

長距離ライドをするときに、このサドルカバーがあると非常にお尻が楽になります。

「レーサーパンツは見た目が気になる」「履くのがめんどくさい」という方におすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
\記事が役に立ったらシェアしてね/
スポンサーリンク
週末サイクリング部
タイトルとURLをコピーしました