PR
スポンサーリンク

安定感バツグン!ダブルレッグスタンドで自転車の駐輪を快適に!

マスロード CL-KA56 ダブルレッグスタンド

自転車のスタンドといえば、『サイドスタンド』が一般的ですが、実は『ダブルレッグスタンド』というものもあります。

『ダブルレッグスタンド』とは、車体の両側に足が伸びるタイプのスタンドで、自転車をしっかりと支えることができる優れもの。

自転車の安定性や便利性を向上させたい方は、ぜひ『ダブルレッグスタンド』を試してみてください。

自転車用キックスタンドの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

ダブルレッグスタンドとは

マスロード CL-KA56 ダブルレッグスタンド

今回、わたしが購入したのは、『マスロード CL-KA56 ダブルレッグスタンド』という商品。

価格はAmazonで2,800円ほどです。

マスロード CL-KA56 ダブルレッグスタンドの付属品

このスタンドは、フレームにセンタースタンド用の取り付け穴がなくても、付属の金具を使用すれば取り付けることができます。

マスロード CL-KA56 ダブルレッグスタンドの長さ調整

足の長さは7段階に調整できるので、自転車のサイズに合わせて最適な高さに設定できます。

足の調整には3mmの六角レンチが必要です。

マスロード CL-KA56 ダブルレッグスタンドの滑り止め

足の裏側には滑り止めがついています。

マスロード CL-KA56 ダブルレッグスタンドの実測重量

重量が500gオーバーと重いのが難点ですが、自転車を両足でしっかり支えることができるので、メリットも大きいです。

自転車のサイドスタンドの実測重量

ちなみにサイドスタンドは、ダブルレッグスタンドよりも約400g軽量です。

しかし、自転車が不安定になりやすいことや、地面の状況によっては立てられないことがあるので、自分の用途や好みに合わせて、適切なスタンドを選ぶことが大切です。

スタンドの取り付け方

「ダボ穴がある場合」と「ダボ穴がない場合」の取り付け方を紹介します。

ダボ穴に取り付ける場合

センタースタンド用のダボ穴

チェーンステーに、画像のようなセンタースタンド用のダボ穴がある場合は、簡単に取り付けができます。

センタースタンドをボルトで取り付ける

ダボ穴とスタンドの穴を合わせ、ボルトとワッシャーを通して固定します。

このときボルトにはグリスを塗っておきましょう。

マスロード CL-KA56 ダブルレッグスタンドをボルトで固定

8mmの六角レンチでボルトをしっかりと締め付けたら、取り付け作業は完了です。

ダボ穴がない場合

センタースタンドを金具でフレームに取り付ける

チェーンステーにダボ穴がない場合は、スタンドに付属している2つの金具の中から、フレームの形状に合ったものを選び、金具とスタンドをボルトとワッシャーで固定します。

このとき、14mmのスパナが必要です。

ダブルレッグスタンドの金具にゴムシートを挟む

フレームに傷がつかないようにするために、「ゴムシート」を金具とフレームの間に挟むと良いです。

「ゴムシート」はホームセンターなどで購入できます。

取り付けたダブルレッグスタンド

マスロード CL-KA56 ダブルレッグスタンド 折りたたんだ状態

左右の足が揃って格納されるから、見た目はすっきり。

マスロード CL-KA56 ダブルレッグスタンド 開いた状態

スタンドを立てるときは、後輪を少し上げて展開する必要があります。

マスロード CL-KA56 ダブルレッグスタンドの動作

スタンドを開くと、両側に脚が伸び、自転車をしっかりと支えます。

実際に使ってみた

マスロード CL-KA56 ダブルレッグスタンドとARAYA CXM

わたしは20インチのグラベルロード『ARAYA CXM』に取り付けました。

マスロード CL-KA56 ダブルレッグスタンド

スタンドをかけると、車体のセンターに重心がくるから安定感はバツグン。

マスロード CL-KA56 ダブルレッグスタンドを揺らす

ちょっと揺らしたくらいではびくともしないので、 風が強いな、と思う日でも安心です。

マスロード CL-KA56 ダブルレッグスタンド 後輪が少し浮く

足の位置は、一番短く設定。

後輪が2cmほど浮いているので、チェーンやギアを簡易的にチェックすることもできます。

マスロード CL-KA56 ダブルレッグスタンドとクランク

スタンドとクランクの間には、十分なスペースがあるので、ペダリング時に接触することはありません。

マスロード CL-KA56 ダブルレッグスタンドとペダルの接触

ただし、スタンドをかけたままペダルを回すと、クランクが足の部分に当たってしまうので、注意してください。

まとめ

  • 車体を安定して支えられる
  • 脚の長さは7段階で調整可能
  • ダボ穴がなくても取り付けられる
  • 重量が重いのが難点

今回、自転車に「ダブルレッグスタンド」を取り付けました。

「サイドスタンド」よりもはるかに安定しており、どこでも簡単に自転車を立てることができるので非常に便利です。

ただし、スタンドを取り付けることで重量が増えるため、使用目的や好みに応じてスタンドを選択する必要があります。