PR
スポンサーリンク

超簡単フルグラバーを作ってみた!朝食や補給食にぴったり

マシュマロフルグラバーの作り方

ネットのレシピを参考に、おいしい&栄養満点の『フルグラバー』を作ってみました。

調理時間はたったの5分。サイクリングの前日に作っておけば、時間に余裕がない朝でも手軽に食べられます。

シリアル・グラノーラ・オートミールの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

フルグラバーの材料

マシュマロフルグラバーの材料

材料(6本分)
  • フルグラ 100g
  • マシュマロ 60g
  • バター 10g

マシュマロは、電子レンジで加熱すると2~3倍に膨らむため、メガサイズよりも小さめのやつがおすすめです。

バターはマーガリンでも代用可。今回はレシピに沿ってバターも入れてみましたが、フルグラとマシュマロだけでも作れます。

フルグラ以外のシリアルやチョコを入れるなど、アレンジを楽しむのもいいですね。

フルグラバーの作り方

ボウルにマシュマロとバターを入れる

耐熱ボウルに「マシュマロ 60g」と「バター 10g」を入れます。

ボウルにマシュマロとバターを入れてラップをする

ふんわりとラップをかけたら電子レンジへ。

ボウルに入れたマシュマロとバターをレンジで温める

600Wの電子レンジで1分加熱します。

電子レンジで加熱して膨らんだマシュマロ

マシュマロは加熱すると2~3倍に膨らむので、深めの容器を使いましょう。画像のボウルサイズは21cmです。

レンジで温めたマシュマロにフルグラを入れる

溶けたマシュマロに「フルグラ 100g」を加えます。

マシュマロとフルグラをヘラで混ぜる

ヘラを使って素早く混ぜ合わせます。ヘラが無ければ「しゃもじ」でも可。

マシュマロとフルグラを混ぜたもの

マシュマロが熱いうちに、すべての材料を混ぜきります。

マシュマロは冷えるとすぐに固くなります。固まったマシュマロを電子レンジで再加熱すると食材の水分が抜けて食感がパサパサになってしまうので注意。

マシュマロフルグラバーを型に入れる

混ぜたものをクッキングシートを敷いた型に流し、平たく広げます。

ステンレスのバットとクッキングペーパー

ベタベタして扱いづらいのでクッキングシートは必須。

型を取る容器は、耐熱性であれば何でも大丈夫です。

マシュマロフルグラバーをバットに詰める

ヘラを使って押し固めるように形を整えます。

今回の分量だとこんなもんでした。バットのサイズは「26×15.5×2cm」ほど。

マシュマロフルグラバーにラップをする

思ったよりも少なかったので、もうひとつ追加。あとはラップをして冷蔵庫へ。

マシュマロフルグラバーを冷蔵庫で冷やす

冷蔵庫で1時間ほど冷やします。

マシュマロフルグラバーを包丁で切り分ける

しっかり冷えて固まったら、美味しいフルグラバーの出来上がり!

食べやすい大きさに切り分けて完成です。

  • 深めの耐熱ボウルで溶かす
  • マシュマロが熱いうちに混ぜきる
  • 手早く型に流し込む

やみつきになる味

マシュマロフルグラバーの完成

味は、マシュマロにフルグラを絡めているので間違いない美味しさです。朝食というより甘いおやつといった感じ。

表面はネチネチしていますが、中はサクサク。この甘さと食感がやみつきになります。

運動前は、エネルギー源となる糖質が多い食べ物が適しているので、サイクリング前の朝食としては丁度いいです。

また、見た目以上に手がベタつくので、気になる人はクッキングシートで包むといいかも。

賞味期限について。冷蔵庫に入れておけば結構日持ちすると思いますが、日が経つにつれて食感が固くなってしまうので、2~3日を目安に食べ切れる量を作りましょう。

補給食としても最適

補給食としてマシュマロ・フルグラバーを持ち運ぶ

クッキングシートで包めば、補給食として持ち運ぶことも可能です。

忙しい朝でもこれを持って家を出れば、自転車に乗りながら朝食をとることができます。

今回使った道具