PR
スポンサーリンク

DAHON K3にリアキャリア(荷台)を取り付けてみた!

DAHON K3にリアキャリアを取り付けてみた

DAHON K3に『リアキャリア』を取り付けました。

今回はこの『リアキャリア』の「購入方法」と「取り付け手順」を紹介していきます。

自転車用荷台の売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

リアキャリアの外観

DAHON K3にリアキャリアを取り付けてみた

K3の『純正リアキャリア』と同じ形状のものをAliexpressで購入。無事取り付けることができました。

DAHON K3のリアキャリア

『リアキャリア』を付けると見た目がダサくなりがちですが、これはK3によく似合っています。

DAHON K3にリアキャリアを取り付けた状態

まるで元から付いていたかのように違和感がありません。

DAHON K3のリアキャリア

装着は簡単でガタつきもなし。

DAHON K3のリアキャリアにリアライトを取り付ける

後ろに「テールライト」を取り付けることもできます。

K3用のリアキャリア

わたしが購入した『リアキャリア』について紹介します。

純正品がある

K3の『純正リアキャリア』は、定価7,590円(税込)で販売されています。

純正品がほしいなら、DAHONを取り扱っているお店で取り寄せてもらいましょう。

「K3サンキューキャンペーン」実施のお知らせ
世界最大のスポーツフォールディングバイク専門ブランド ダホン の日本におけるオフィシャルブログです。

Aliexpressで購入

DAHON K3用のリアキャリアをAliexpressで購入

DAHON K3用リアキャリア(aliexpress.com)

Aliexpressに似たようなキャリアが2,000円ほどで売られていたので、わたしはこちらを購入しました。形状からみて純正品と同じものと思われます。

関連記事:Aliexpressのアカウント登録~商品購入までの手順

付属品

DAHON K3用リアキャリアの付属品

付属していた「金具」と「ボルト類」。

サイズ

DAHON K3用リアキャリアのサイズ

  • 全長:約303mm
  • 横幅:約115mm

実測で測りました。全長30cmほどの「リアバッグ」なら載せられると思います。

重量

DAHON K3用リアキャリアの重量

素材はアルミ製。重量は389gありました。

取り付け後に車体を持ち上げると、やはり後ろが少し重くなりましたが、許容範囲内です。

取り付けに必要なもの

この『リアキャリア』を取り付ける前に、必要なものを準備します。

必要な工具類

DAHON K3用リアキャリアを取り付けるのに必要な工具類

  1. スパナ:8mmと10mm
  2. 六角レンチ:4mmと5mm
  3. グリス

ワッシャーを用意

「ワッシャー」が付属していなかったので買ってきました。大きなホームセンターならバラ売りで購入できます。

平ワッシャーとスプリングワッシャー

使用したワッシャー
  • M6 平ワッシャー×4個
  • M5 平ワッシャー×2個
  • M5 スプリングワッシャー×2個

ワッシャーを使用することで、ボルトが素材にめり込まないようにしたり、固定力を上げたりすることができます。

ボルトにグリスを塗る

リアキャリのボルトにグリスを塗る

基本すべてのボルトは、グリスを塗ってから取り付けます。

DAHON K3用リアキャリアのボルトを外す

ここのボルトも一度取り外してから、グリスを塗っておきます。

金具にゴムシートを貼り付ける

DAHON K3用リアキャリアに銀色の金具を取り付ける

「銀色の金具」をフレームに取り付ける前に、「ゴムシート」を貼っておきます。

車体と金具が接触する

DAHON K3用リアキャリアのフレームと接触する金具

金具をそのまま車体に取り付けると、塗装面に傷が付きそうだったので、「ゴムシート」を貼って対策することにしました。

ゴムシートを貼る

DAHON K3用リアキャリアの金具にゴムシートを貼る

ホームセンターで「1mm厚のゴムシート」を購入。200円くらいで売っています。

これを金具のサイズにカットして「両面テープ」で貼り付け、最後にボルトの穴の部分を「デザインナイフ」でくり抜けば完成です。

金具を取り付ける

「銀色の金具」をフレームに取り付けていきます。

ワッシャーの取り付け方

ワッシャーは付属していなかったので、本来は必要ないのかもしれませんが、念のため以下のように取り付けました↓

DAHON K3用リアキャリアにワッシャーを挟む

「スプリングワッシャー」は、緩みの進行を食い止め、ボルトの落下を防止する効果があります。

フレームに金具を取り付ける

DAHON K3用リアキャリアのボルトをスパナで締める

「8mmのスパナ」と「4mmの六角レンチ」を使って、金具を動かせるくらい「ゆるめに仮止め」しておきます。

上にあるボルトを緩めておく

DAHON K3用リアキャリアのボルトを外す

ついでに、ここのボルトもスライドできるくらいに緩めておきます。

金具の取り付け完了

DAHON K3用リアキャリアに金具を取り付けた状態

金具の取り付けと下準備はこれでOK。あとはこれを車体に取り付けていきます。

車体に取り付ける

車体に『リアキャリア』を取り付けていきます。

Vブレーキのボルトを外す

DAHON K3のVブレーキ固定ボルトを外す

Vブレーキの固定ボルトを「5mmの六角レンチ」を使って緩めます。

DAHON K3のVブレーキ固定ボルトを外した状態

左右のボルトを外したら準備完了。

固定ボルトでフレームを取り付ける

DAHON K3用リアキャリアのフレームをVブレーキに取り付ける

『リアキャリア』のフレームをVブレーキの固定ボルトで取り付けます。

M6サイズの「平ワッシャー」を間に挟み、軽く締めておきます。まだ本締めはしません。

ワッシャー無しで取り付けたところ、片側のアームの開閉が鈍くなったのでワッシャーを挟みました。

アーチ部分に金具を固定する

DAHON K3用リアキャリアの金具部分を車体に取り付ける

シートステーにある「アーチ部分」に金具を固定します。

ここにも「M6 平ワッシャー」を挟んでからボルトを取り付けます。

DAHON K3にリアキャリアを固定する

反対側にも「M6 平ワッシャー」を挟み、車体にボルトが食い込んで傷が付くのを防ぎます。

角度を調整する

DAHON K3用リアキャリアを仮付

すべてのボルトを「ゆるめに仮止め」し、フレームを動かして調整できるようにしておきます。

DAHON K3用リアキャリアの取付角度を調整する

この『リアキャリア』は、画像のように一番端までボルトを移動させるだけで「水平」にすることができます。

リアキャリアの角度を水平器を使って調整する

角度を知りたいときは、上に板をのせてから「水平器」を置いてください。無ければスマホアプリでもOK。

各ボルトを本締めする

『リアキャリア』の角度調整ができたら、各ボルトを「本締め」していきます。

DAHON K3用リアキャリアのボルトを交互に締める

Vブレーキの固定ボルトは、「5mmの六角レンチ」で左右交互に少しずつ増し締めしていきます。

DAHON K3用リアキャリアの金具のボルトを本締めする

金具のところは、「8mmのスパナ」と「4mmの六角レンチ」を使用します。

DAHON K3用リアキャリアの金具を本締めする

アーチ部分は「10mmのスパナ」と「5mmの六角レンチ」で締め込みます。

DAHON K3用リアキャリアの角度調整ボルトを本締めする

ここは2つのボルトを交互に締めないと一方に傾くので注意。「5mmの六角レンチ」で締め込みます。

取り付け完了

DAHON K3用リアキャリア取り付け完了

工具類さえ揃えれば、比較的簡単に取り付けることができます。

折りたたんでみる

K3に『リアキャリア』を取り付けたままの状態で折りたたんでみました。

問題なく折りたためる

DAHON K3にリアキャリアを取り付けて折りたたむ

折りたたむこと自体は問題なく行えます。

輪行バッグに収納できる

DAHON K3にリアキャリアを取り付けた状態で輪行バッグに収納する

K3の純正「輪行バッグ」に無事収納することができました。

DAHON K3と荷台の出っ張り

ただ、『リアキャリア』の出っ張りがやはり邪魔でした。ちゃんとジッパーが閉まる位置に、うまく車体を置く必要があります。

「折りたたみ」と「持ち運び」が楽になった

DAHON K3の荷台をつかんで折りたたむ

『リアキャリア』のフレームを掴めるようになったので、折りたたむのと組み立てるのがだいぶ楽になりました。

DAHON K3の荷台をつかんで持ち上げる

また、『リアキャリア』を持てば、車体を持ち運ぶときも楽ちんです。これだけでも付けて良かったと思えます。

まとめ

  • 違和感のないデザイン
  • 簡単に取り付けられる
  • Aliexpressなら2,000円で買える
  • 折りたたみ可能
  • 輪行バッグに収納可能
  • 車体を持ち運ぶのが楽ちん

見た目がK3によく馴染んでいて、違和感のないデザインになっているのでおすすめです。

この『リアキャリア』に載せる「リアバッグ」はまだ考え中。決まったら記事にしたいと思います。

DAHON K3用リアキャリア(aliexpress.com)

関連記事:Aliexpressのアカウント登録~商品購入までの手順