小径車におすすめの鍵!堅牢性と携帯性を兼ね備えたOTTOLOCK

小径車

OTTOLOCK

今回は私がDAHON K3で使用している鍵を紹介したいと思います。

鍵・ロックの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

OTTOLOCK(オットロック)とは

DAHON K3に取り付けたOTTOLOCK

このDAHON K3のシートポストに取り付けてある鍵がOTTOLOCKになります。

価格は76cmサイズで7千円ほど。ちょっとお高めの鍵ですが、ボルトクリッパーでも切れないほどの堅牢性があるので駐輪時にこれでロックしておくと安心できます。

OTTOLOCKの詳細

オレンジ色のOTTOLOCK

あえて派手なオレンジ色を購入。

派手な色の鍵は窃盗犯に盗もうという気持ちを起こさせない効果があるそうです。

76cmサイズのOTTOLOCK

サイズは76cmの30インチを購入しました。

他に46cmと152cmがありますが、76cmが一番使い勝手が良いと思います。

OTTOLOCKを束ねるシリコンバンド

鍵は丸めて本体にあるシリコンバンドで固定する仕組み。

OTTOLOCKの実測重量

本体の実測重量は150gちょうど。

シートポストに付けていますが、とくに重さを感じたことはありません。

OTTOLOCKは3桁のダイヤルロック

OTTOLOCKは3桁のダイヤルロック式になります。

ひとつだけ欠点がありまして、走行中に番号がよくズレます。鍵をするときに番号を合わせないといけないのがちょっと面倒。

OTTOLOCKの暗証番号を変える

暗証番号の設定方法
  1. ロックを解除した状態にする
  2. 小さな穴を細い棒で押し込む
  3. 任意の番号に変更する
  4. 側面のボタンを押して設定を完了する

マウントがあると便利

OTTOLOCKをシートポストに固定するシリコンバンド

シートポストに取り付けたいのならシリコン製のマウントも購入しておきましょう

本体がオレンジ色のとき、マウントまでオレンジ色にしてしまうとポップすぎるので、ブラックにすることをおすすめします。

シートポストのシリコンバンドからOTTOLOCKを取り外す

取り付け、取り外しが楽ちんになります。

OTTOLOCKのシリコンバンド

このマウントの固定力に疑問がある人もいると思います。たしかに走行中に外れてしまいそうな見た目をしています。

しかし、私はこのマウントにOTTOLOCKを取り付けて2000km以上走っていますが、一度も鍵を落としたことがありません。正直、最初は不安でしたが今は信頼しています。

検索してみたら「プロマウント」というものが発売されていました。でこぼこ道や険しい地形でもロックをキープしてくれる安定性があるそうです。

OTTOLOCKをサドルバッグに入れる

ちなみに、小さく丸めればサドルバッグに入れることも可能です。

ベストサイズは76cm

OTTOLOCKでDAHON K3をロックした

DAHON K3の後輪にOTTOLOCKを通してみました。ホイールを通すだけなら余裕ですね。

DAHON K3をOTTOLOCKで鍵をする

ポールに通すとこんな感じ。

ちゃんと後輪とシートステーを通してポールにロックできています。

フレームにもバンドを通さないと後輪だけ外されて持っていかれてしまいますから、フレームにも通せる長さがあることは重要です。

コンビニの車止めに自転車を地球ロックする

こちらはコンビニによくある車止め。こちらも余裕でロックできます。

ポールに自転車のフレームが当たるくらい近づけてからOTTOLOCKを通してロックするのがコツ。

太めの支柱にOTTOLOCKを通す

ちょっと太めの配管もこの通り。

ここまでロックすることができるので、長さは76cmあれば十分なのがわかっていただけたかと思います。

まとめ

  • サイズは76cmがおすすめ
  • 高い堅牢性と携帯性
  • スタイリッシュなデザイン
  • 実測重量150g
  • マウントがあると便利

高い堅牢性を誇るOTTOLOCKですが、油断は禁物、プロがその気になれば数十秒で切られてしまうこともあります。しかしながら、それはどんな鍵でも言えることですよね。

OTTOLOCKならコンビニや食事中くらいの短時間なら安心して自転車を離れることができます。それでも不安ならU字ロック等と合わせて“ダブルロック”することをおすすめします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
\記事が役に立ったらシェアしてね/
スポンサーリンク
週末サイクリング部
タイトルとURLをコピーしました