PR
スポンサーリンク

『加圧式フォームガン』と『シリコンブラシ手袋』を使って自転車を泡洗車してみた!

自転車の洗車グッズを試す

毎年12月になると自転車の洗車をするのですが、今回は「新しい洗車グッズ」を2つ追加したので、それぞれの使い勝手を紹介していきたいと思います。

自転車用クリーナーの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

新しい洗車グッズを試す!

自転車用の洗車グッズ一覧

今回使用する洗車用品はこんな感じ。

追加で購入したのは、矢印の『加圧式フォームガン』と『シリコンブラシ手袋』です。

イノマタ化学 がんばりバケツ15L ブルーに自転車の洗浄グッズを入れる

バケツは『イノマタ化学 がんばりバケツ 15L』を使用。

洗剤やブラシなどをバケツの中にしまっておくことができるから便利。大小のバケツがセットになっていて、大きいバケツはフタを「踏み台」にするとができます。

加圧式フォームガン

 ソフト99 パーフェクトフォームスターティングセット

これは、ソフト99の『パーフェクトフォームスターティングセット』という商品。

簡単に説明すると、自転車に泡を吹き付けるためのスプレーガンです。

 ソフト99 パーフェクトフォームスターティングセットとAZのカーシャンプー

自分の好きな「カーシャンプー」を入れて中身を作ります。

自転車は錆びやすいので「防錆剤」が入っているものを選ぶと良いです。

 ソフト99 パーフェクトフォームスターティングセットをプッシュする

レバーを上下に動かして、50回くらいポンピングすれば準備完了。

 ソフト99 パーフェクトフォームスターティングセットを自転車に吹き付ける

あとはレバーを押して、バァ~ッと吹きつけるだけ。

ワイドノズルだから、あっという間に泡だらけになります。

 ソフト99  パーフェクトフォームスターティングセットを吹きつけた自転車

自転車全体を泡泡にするなら、1回目の加圧だけで十分に持続します。

シリコンブラシ手袋

つぎに、泡だらけにした自転車をこいつで洗っていきます↓

マックオ DEEP SCRUBBER GLOVESを装着

手のひら全体がブラシになっているシリコン製の手袋です。

マックオ DEEP SCRUBBER GLOVESのパッケージ

これは、イギリス生まれのケミカルブランド Muc-Off(マックオフ)の『DEEP SCRUBBER GLOVES』という商品。

マックオ DEEP SCRUBBER GLOVESのブラシを拡大

手のひらから指先までびっしりとシリコン製のブラシが生えています。

サイズについて

手のひらのサイズ

手のひらサイズ
  • 手のひら周り:20.5cm
  • 手長:19cm

わたしは上のサイズで「Mサイズ」を購入。親指だけ少し長かったですが、他はぴったりでした。

フレームを洗う

マックオ DEEP SCRUBBER GLOVESで自転車フレームを洗う

ブラシの長さが丁度良く、密度も十分にあるので、意外ときれいに洗うことができました。

自転車をそのまま「手」で洗うので、なんだか不思議な感覚です。

マックオ DEEP SCRUBBER GLOVESでフロントフォークを洗う

フロントフォークは、握りながら裏側までしっかり洗えます。

マックオ DEEP SCRUBBER GLOVESとフィニッシュラインの洗剤

上で紹介した『フォームガン』がなければ、『自転車用クリーナー』を直接手に吹き付けるのがおすすめです。

マックオ DEEP SCRUBBER GLOVESと泡

しっかりと泡をつけたほうが洗いやすくなります。泡立ちも良好ですね。

マックオ DEEP SCRUBBER GLOVESを水ですすぐ

土や砂汚れがひどいところは、ホースの水で流しながら洗うとフレームに傷がつきにくくなります。

また、グローブ自体は230℃まで耐えられる設計なので、グローブの汚れを落とすときは、熱いお湯で洗浄することも可能です。

直感的に細部まで洗える

ブラシを必要とせず、手で汚れを落とすので、直感的に効率よくクリーニングすることが可能です。

マックオ DEEP SCRUBBER GLOVESでチェーンリングの裏側のフレームを洗う

洗いにくいクランク裏側のフレームは指を入れるだけ。

マックオ DEEP SCRUBBER GLOVESで自転車ペダルを洗う

ペダルの隙間も洗いやすい。

マックオ DEEP SCRUBBER GLOVESでキャリパーブレーキを洗う

ブレーキの隙間に指を通せば、細部まで簡単にきれいになります。

マックオ DEEP SCRUBBER GLOVESで自転車ホイールのハブを洗う

ホイールのハブも洗いやすかったです。意外と汚れやすいんですよねここ。

マックオ DEEP SCRUBBER GLOVESでアウターケーブルの隙間を洗う

「アウターケーブル」と「フレーム」の隙間にもしっかりとブラシが届きます。

ゴム製品がスムーズに洗える

マックオ DEEP SCRUBBER GLOVESで自転車グリップを洗う

グリップをスポンジで洗うと、引っかかってうまく洗うことができませんが、このグローブならスムーズに洗うことができました。

マックオ DEEP SCRUBBER GLOVESで自転車のタイヤを洗う

タイヤも同様にスムーズ。しかもリムとスポークの間も手早く洗うことができます。

油汚れを気にせず洗える

マックオ DEEP SCRUBBER GLOVESでクランクを洗う

クランクは手のひら全体で撫でるように洗うと楽。

マックオ DEEP SCRUBBER GLOVESでクランクの裏側を洗う

汚れが溜まりやすいクランクの裏側もガシガシ洗えます。

マックオ DEEP SCRUBBER GLOVESでフロントディレイラーを洗う

指を使えば細部まできれいに。

マックオ DEEP SCRUBBER GLOVESでリアディレイラーを洗う

洗いにくいリアディレイラーも、指で撫でるように洗えます。

おわりに

『加圧式フォーミングガン』は、ポンピングする手間こそありますが、結構きれいに泡がのってくれるので、やっていて面白かったです。「泡洗車を楽しみたいけど、ケルヒャーとかのフォームガンは高くて買えない」という人におすすめです。

自転車はパーツが入り組んでいるところが多いので『シリコンブラシ手袋』は非常に役立ちました。スポンジだとどうしても洗い残しがありますからね。とくに汚れやすい「MTB」や「クロスバイク」と相性が良いと思います。