オルトリーブのサドルバッグなら複数台の自転車で使い回せる!

アクセサリー

複数台で使い回せるオルトリーブのサドルバッグ

今まで乗っていたDAHON Visc EVOの他に、DAHON K3が仲間入りしたので、K3用のサドルバッグが必要になりました。

しかし、新たにサドルバッグを購入する必要はありません。なぜなら、私のサドルバッグはオルトリーブだからです!詳細は以下で

自転車用サドルバッグ・フレームバッグの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

オルトリーブなら使い回せる!

私が使用しているサドルバッグはオルトリーブのマイクロというモデル。

現在は、改良されたマイクロ2が発売されているのでこちらのほうが良いと思います。

で、今回はこちらの「マウンティングセット」だけを購入しました。

オルトリーブのサドルバッグは複数台で使い回せる!

オルトリーブのサドルバッグは脱着式だから、アタッチメントを追加するだけで、1つのサドルバッグを使い回すことができるのです!

しかも、オルトリーブのアタッチメントは共通だから、Sサイズ、Mサイズ、Lサイズどのバッグでも使い回せます。

それにオルトリーブ マイクロは4,000円ほどしますから、980円のアタッチメントを買ったほうが経済的です。

アタッチメントを取り付ける

オルトリーブ マウンティングセットのパッケージ

上で紹介した商品リンクのAmazonから並行輸入品を購入しました。

980円の送料込みだから安いですね。郵便のポスト投函で届きました。

オルトリーブのアタッチメントをドライバーで取り付ける

取り付けはドライバー1本でOK。

固着防止のためボルトにグリスを塗る

固着防止の為、ボルトにグリスを塗ってから取り付けます。グリスはエーゼットの万能グリスBGR-003を愛用しています。

オルトリーブ アタッチメントを取り付ける向き

「ORTLIEB」のロゴがある方を外向きにして取り付けます。

オルトリーブ サドルバッグの外し方

指で「取り外しボタン」を押せるくらいの隙間を確保してから固定します。

ネジ穴をナメないように注意しながら締め込みましょう。

オルトリーブのサドルバッグをアタッチメントに取り付ける

これでサドルバッグの使い回しができるようになりました!

DAHON K3に取り付けてみた

DAHON K3にオルトリーブ マイクロを取り付けた

そこそこの容量もあるので、予備チューブとパンク修理用品くらいなら余裕で入ります。しかも見た目がスマート!

DAHON K3にオルトリーブのサドルバッグを取り付けた

防水素材だから水拭きするだけで泥汚れを落とすことが可能。

DAHON K3にオルトリーブのサドルバッグ後ろから

後ろはこんな感じ。

DAHON K3、サドルバッグを付けたまま折りたためる

サドルバッグを取り付けたまま折りたたむことができました~。

まったく邪魔になっていません。むしろきれいに纏まっています。このまま輪行袋に入れても問題ないでしょう。

まとめ

  • オルトリーブのサドルバッグは使い回せる
  • アタッチメントを追加するだけ
  • 新たにサドルバッグを買うより経済的
  • サドルバッグを付けたまま折りたためる

便利なんですけど、サドルバッグの付け忘れには注意が必要ですね(汗)

あと使用頻度の高い自転車が複数台あるときは、サドルバッグの脱着が面倒になるので、それぞれにサドルバッグを買ってしまったほうが良いかもね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
\記事が役に立ったらシェアしてね/
スポンサーリンク
週末サイクリング部
タイトルとURLをコピーしました