PR
スポンサーリンク

【初心者向け】クランクを外さずにチェーンリングを交換する方法

ペグスパナと六角レンチを使ってチェーンリングを取り付ける

クランクを外さずにチェーンリングを交換する方法を紹介します。

この記事の手順通りに進めるだけで、簡単に交換することができますよ!

自転車用チェーンリングの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

使用する道具

チェーンリング交換に使用する道具

基本的に「六角レンチ 5mm」と「ペグスパナ」を使うことが多いです。

しかし「ボルトの形状」によっては、他の工具が必要になる場合があります。

ボルトの形状を確認する

六角レンチとトルクスレンチの形状

使っているボルトの種類によっては星型の「トルクスレンチ」が必要です。

「ボルトの形状」と「工具のサイズ」をよく調べてから作業に取り掛かってください。

「シマノ製のクランク」はトルクス形状を使っている場合が多いです。

ペグスパナが必要ない場合も

ペグレンチとチェーンリングボルト

ボルトの裏側に画像のような線状の凹みがあれば「ペグスパナ」を使用します。

しかし「ペグスパナ」を使わず、2本の「六角レンチ」で締めたり、裏側からボルトを締めるだけのタイプもあるのでこちらの確認も必要です。

自転車を逆さまにする

それでは「チェーンリングの交換」をしていきます。

自転車を逆さまに立てる

まずは作業がしやすいように自転車を逆さまに立ててください。

チェーンをたるませて外す

つぎにチェーンリングからチェーンを外します。

チェーンリングからチェーンを外す方法

リアディレイラーにある歯車の「プレート部分」を押すとチェーンがたるみます。

チェーンリングからチェーンを外す

あとはそのままプレートを押しながら、チェーンを手で摘めば簡単に外せます。

関連記事:チェーンが外れたときの直し方&手を汚さずに後輪を外す方法

ボトムブラケットに引っ掛ける

外したチェーンをボトムブラケットに引っ掛ける

外したチェーンは「ボトムブラケット」に引っ掛けておきます。

ボルトを外す

六角レンチを使ってチェーンリングボルトを外す

裏側のナットが下に落ちないように手で軽く押さえながら「六角レンチ」を使って緩めます。

外すときは「ペグスパナ」がなくても大丈夫。空回りするようなら使ってください。

チェーンリングを取り外す

クランクアームを通してチェーンリングを外す

外したチェーンリングは、クランクアームをくぐらせて取り外します。

交換するチェーンリングをセットする

交換するチェーンリングを用意する

交換するチェーンリングを用意したら、まずは裏側を確認します。

裏側のマークを確認する

チェーンリング裏側のマークを確認する

リングのどこか1箇所に「凸マーク」や「▼マーク」があるので探してください。

シングルのチェーンリングには無いこともあります。

アームの裏側にセット

クランクアームの裏側にマークがくるようにセットする

見つけた「マーク」をクランクアームの裏側の位置にセットします。

この「マーク」が正しい位置にないと、変速がスムーズにいかなくなります。

ボルトにグリスを塗る

固着防止の為、ボルトのネジ山にグリスを塗ってから固定しましょう!

チェーンリングボルトにグリスを塗る

画像は『シマノ プレミアムグリス』です。

ケースタイプよりも「チューブ入り」のほうが指に取りやすいからおすすめ。中身はどちらも同じです。

ボルトで固定する

チェーンリングを正常な位置にセットできたらボルトで固定していきます。

六角レンチの柄を使ってチェーンリングボルトを軽く締める

まずは軽く締めるだけにしてください。5箇所すべてを「仮締め」します。

「六角レンチ」の柄を使うと素早く締め込めますよ。

ペグスパナで空回りを防ぐ

ペグスパナを用意する

ナット側の「空回り」を防ぐため「ペグスパナ」を用意します。

ボルトの形状によっては使用しない場合もあります。

本締めする

ペグスパナと六角レンチを使ってチェーンリングを取り付ける

裏側のナットを「ペグスパナ」で抑えながら「六角レンチ」でしっかりと締め込みます。

チェーンを戻す

チェーンリングにチェーンを引っ掛ける

チェーンを外したときと同様に、リアディレイラーのプレートを押して、チェーンをたるませてからチェーンリングに引っ掛けます。

チェーンが外れたときもこのようにすると簡単にもとに戻すことができます。

変速を確認する

チェーンリング交換終了

逆さまにした自転車をもとの向きに戻したら完了です。

リアディレイラーのギアチェンジを確認する

クランクを回して変速が正常にできるか確認してください。

チェーンの長さについて

まずは正常なチェーンの長さの基準について説明します。

チェーンの長さを決める

クランク側を「一番大きいギア」、スプロケット側を「一番小さなギア」にセットします。

このときリアディレイラーにある2つの歯車が地面と垂直になるのが正常な状態です。

場合によってはチェーン交換する

「50T→53T」程度ならそのままでも、そうそう大きなトラブルが起きることはありません。

本来は1リンク増やしたほうがいいのですが、わたしの場合は問題ありませんでした。

ただし「50T→56T」まで大きくする場合は、リンク数を増やすか交換したほうが無難でしょう。

逆に「50T→46T」など小さくする場合は、チェーンのコマを詰める必要があります。

関連記事:摩耗で伸びたチェーンを新品に交換する方法【初心者向け】

まとめ

  • クランクを外さずに交換できる
  • ボルトの形状をよく確認する
  • マークを正常な位置にセットする
  • チェーン交換が必要になる場合がある

チェーンリングはクランクを外さなくても簡単に交換することができます。

ただし「ボルトの形状」によって使用する工具が違ったり、チェーンリングのサイズによっては、チェーンを交換したり、コマを詰めたりする必要があることを覚えておいてください。