自転車乗りにおすすめの保湿乳液!大容量だから顔から足元までガンガン使える

体の管理

セタフィル 大容量の保湿乳液

冬場にサイクルタイツを履くと、乾燥によって肌が粉を吹いてしまうことがよくあります。

保湿クリームを塗れば問題ないのですが、「足元から太もも・腕・身体」と塗っていては、容量がいくらあっても足りません。

そこで、今回おすすめしたいのが、大容量591mlのセタフィルという保湿乳液です。

保湿乳液・クリームの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

セタフィルとは

アメリカで販売開始から65年以上というロングセラー商品。赤ちゃんからお年寄りまで、どの年代でもどんなタイプの肌質でも毎日使える保湿乳液です。

セタフィルは容量591ml

これはボディソープではありません『保湿乳液』です。

私も初めてみたときは目を疑いました。なんせ容量が591mlもあるんですから。さすがアメリカ、こんなところもビッグサイズですね~。

セタフィルの保湿乳液は顔もOK

「フェイス&ボディ」に対応しているので、顔を含めて全身に塗ることができます。

また、低刺激なのでデリケート肌のお子様に使っても問題なし、家族全員でお使いいただけます。

セタフィルの成分表と製造元

成分表と販売元。

海外メーカーのものですが、ちゃんと東京にお客様相談室があるので安心です。日本の公式サイトもあるので良かったら目を通してみてください。

セタフィルの使用感

セタフィルの保湿乳液を手にとる

ポンプ式は楽ちんでいいわ。ボトルもベタベタにならずに済みます。

日本のメーカーもちまちま小さいサイズで売らないで、このくらいのサイズで売るべきだよな~。

セタフィルの保湿乳液はよく伸びる

乳液は緩めでよく伸びます。手に取ったときは、少し化粧品のような匂いがしましたが、塗り込むとほぼ無臭になります。

セタフィルの保湿乳液を腕に塗る

少量でもよく伸び、軽い塗り心地。塗り終わったあとの手のベタベタもすぐにおさまっていい感じ。

1日1回つければ1日中しっとり潤います。

サイクルタイツの乾燥に有効!

冬場のサイクリングタイツはカサつきの原因

冬場にサイクルタイツを履いたら、乾燥でタイツの内側に白い粉…!なんて経験ありませんか?

カサカサ肌と粉ふき肌

そのまま何の対策もしないと、かゆくなり、赤いブツブツが出てきてしまうことがあります。寝るときも痒くて大変!

冬場、自転車に乗るときは保湿しよう!

こんなときに大容量のセタフィルを使えば、容量を気にせず、ガンガン塗り込めます。

そして、あっという間にしっとりツルツル!足元から太ももまで、2プッシュで満遍なく塗り込むことができました。

まとめ

  • 大容量591ml
  • 顔とボディに使える
  • ポンプ式だからワンプッシュ
  • デリケート肌もOK
  • 家族で使い回せる

セタフィル良いですよ。今まで保湿クリームを塗るのって億劫でしたが、セタフィルはポンプ式だから楽ちん。気づいたときにワンプッシュして塗るだけですからね。手間がかからないから毎日続けられます。

また、顔から足元まで容量を気にせず、ガンガン使えるのも良い。自分専用と家族用にもう1本買いたいと考えています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
\記事が役に立ったらシェアしてね/
スポンサーリンク
週末サイクリング部
タイトルとURLをコピーしました