サイクルシューズの臭いを何とかしたい人必見!オスバンSで消臭に挑戦

オスバンSでサイクルシューズのニオイをとる

洗ったばかりのサイクルシューズなのに、「嫌なニオイがとれない」「履いてしばらくするとニオイがぶり返す」なんてことはないですか?

これら臭いの原因は”菌が繁殖”することによって起こっています。つまり、臭いの元である菌を取り除かない限り、ずーっとクサイままなんです。

そこで、今回紹介するのが万能消毒剤『オスバンS』です。そう、消毒剤でしつこく残る原因菌を元から断ってしまおうというわけ!

洗濯用洗剤の売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

オスバンSとは

オスバンSで衣類のニオイを取る

オスバンSは、食器類から家具、浴槽、トイレなどの消毒に使用できる万能消毒剤です。

今回は、薄めたオスバンSでサイクルシューズをつけ置きします。洗濯時に使用するのではなく、あくまでつけ置きの滅菌目的で使用します。詳しい方法は下で説明しています。

オスバンS自体は、ドラッグストアの消毒液コーナーに置いてあります。

サイクルシューズのニオイをとる!

手順は以下の通り。

  1. 汚れをしっかり落とす
  2. オスバンSでつけ置き
  3. 水でしっかり濯ぐ
  4. 洗剤を使って洗う
  5. 干して終わり

1. 汚れをしっかり落とす

サイクルシューズをブラシで洗っている

まず、サイクルシューズの汚れをしっかり落とします。汚れや油分が残っていると、オスバンS本来の消毒効果を十分に発揮することができません。

ちなみに、私が使用しているブラシは、サンコーのシューズブラシです。普通のたわしタイプより洗いやすいのでおすすめですよ。

2. オスバンSでつけ置き

オスバンS キャップ1杯5ml

衣類に使用するには、オスバンSを500倍に希釈します。水5リットルに対してキャップ2杯が目安。

オスバンSを入れたバケツの水にサイクルシューズを入れる

このバケツは容量18リットルなので、オスバンSをキャップ7杯ほど入れました。

バケツに入れたシューズが浮かないように洗面器でフタをする

1時間くらいつけ置きすれば大丈夫でしょう。滅菌目的なのでそんなに長く浸さなくても大丈夫だと思います。臭いがキツめなら長めに設定してください。

あとは、サイクルシューズが浮かび上がらないように重しをしましょう。私は洗面器に水を入れてフタをしました。

3. 水でしっかり濯ぐ

サイクルシューズをシャワーの水ですすいでいる

つけ置きが終わったら、水でしっかり濯ぎます。

4. 洗剤を使って洗う

ファイン洗濯ネットにサイクルシューズを入れる

あとは洗濯すれば完了なんですが、またブラシで洗うのは面倒なので、今回は”シューズ洗濯ネット”を使用します。

四隅にスポンジが入っているから、サイクルシューズと洗濯槽を痛めないスグレモノ。

関連記事:シューズ洗濯ネットに自転車シューズを入れて洗うとめちゃくちゃ楽

ファイン洗濯ネットを洗濯機に入れる

サイクルシューズを洗濯ネットに入れたら、普通に洗剤を入れて洗濯してください。

5. 干して終わり

シューズハンガーで干す

あとは干すだけ。

サイクルシューズを干すときは、”シューズハンガー”があると便利ですよ。

コインランドリーのシューズ乾燥機でサイクルシューズを乾かす

この日は雨が降っていたので、コインランドリーのシューズ乾燥機を使用しました。

20分100円で乾燥できます。素材にもよりますが、完全に乾かすには40分に設定したほうが良いと思います。

サイクルシューズが無臭に!

オスバンSでシューズのニオイが消えた

オスバンSを使用したら、蒸れたスニーカーを放置したときの独特なニオイが完全に消えました。

サイクルシューズに鼻を押し当てて、しっかり嗅ぎましたが、洗剤のニオイがほのかにするだけで全くの無臭。スゴイ!

サイクルジャージ等の生乾き臭にも対応できるので、機会があったら試してみてください。今回使用した道具一覧はこちら↓

タイトルとURLをコピーしました