チェーンが外れたときの直し方&手を汚さずに後輪を外す方法

チェーンが外れた自転車

今回は以下の2点を紹介します。

  • チェーンが外れたときの直し方
  • 手を汚さずに後輪を外す方法

これらの作業はリアディレイラーの扱い方が鍵になります。

リアディレイラーをうまく使うことで作業が驚くほど簡単になるんです!

自転車を始めたばかりの初心者の方ならきっと役に立つので、是非読んでみてください。

自転車用ディレイラーの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

チェーンが外れたときの直し方

外れたチェーンの直し方

初心者のうちはディレイラー調整がうまくできず、チェーンが外れてしまうことが多いですよね。

チェーンが外れたら無理に回さず、すぐに停止してください。

大切なフレームに傷ついてしまいます。

リアディレイラーのプーリーを押す

で、肝心の直し方なんですが非常に簡単。

リアディレイラーを押しながらチェーンを引っ掛けるだけ。

押す場所はプーリーと呼ばれる歯車のプレート部分です。

リアディレイラーのプーリーを押すとチェーンがたるむ

このプレートを親指でグッと押してください。

すると、画像のようにチェーンがたるみます。

チェーンが外れたときなぜ直しにくいかというと、リアディレイラーのアームにチェーンが引っ張られているからです。

ここを押すことでチェーンがたるむから直しやすくなります。

外れた自転車チェーンの直し方

全体図にするとこんな感じ。

チェーンはインナーギアに引っ掛けてください。

簡単でしょ?

これでもうチェーンが外れてテンパることはありません。

手の汚れも最小限で済みます。

片手で自転車のクランクを回している

最後に後輪を浮かせてクランクを回しましょう。

動作に問題がないか確認してください。

手を汚さずに後輪を外す方法

「チェーンが外れたときの直し方」でリアディレイラーを押してチェーンをたるませる方法を学びましたね。

これを応用すれば、後輪の取り外しも簡単にできます。

自転車の後輪を外す方法

後輪を外すとき、ホイールは押さえたままフレームだけ持ち上げます。

初心者はフレームを浮かせてホイールも動かしてしまうからうまく外せないんです。

自転車の後輪を外すとき、プーリーが引っかかる

そして、いざ外そうとするとチェーンがスプロケットにまとわりついてホイールが外れないという現象がおきます。

この原因はプーリーという歯車がスプロケットに引っかかっているからです。

素手で自転車チェーンをつかむ

対処法を知らない場合、チェーンを手でつかんで外してしまいますよね。

これでは手が真っ黒に汚れてしまいます。

こんなことをしなくても後輪は簡単に外せるんです。

ガイドプーリー側のプレートをつまむ

まず、リアディレイラーのプレートを親指と人差指でつまみます。

プーリーを引っ張って後輪を外す

外れたチェーンを直すときは押しましたね。

今度は「引き」ます。

後ろに引くとプーリーも引っ張られ、スプロケットに引っかかりにくくなります。

後輪を触れずに抜き取る

こうすれば手を汚すことなく後輪を簡単に外すことができます。

後輪がうまく外れないときはプーリーを引っ張りましょう。

まとめ

  • 外れたチェーンを直すときはディレイラーを押す
  • 後輪を外すときはディレイラーを引く

以上、豆知識として覚えておいてください。

これらは実践で必ず役に立ちますよ!

タイトルとURLをコピーしました