大きな音にビックリ!空気を入れたときチューブが破裂する原因は?

自転車のチューブが破裂する

自転車のチューブを交換して、空気を入れていたら突然「パン!」とチューブが破裂・・・

原因は以下のことが考えられます。

  • チューブがねじれて入っていた
  • タイヤ内にうまく収まっていなかった

お恥ずかしながら、このミス、今回で4回目です(汗)

適当にチューブを入れて、ろくに確認しなかったときに限って破裂します。

というわけで、今回は「正しいチューブの入れ方」を紹介します!

自転車用フロアポンプの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

チューブが破裂する!

自転車チューブが破裂して裂けた状態

チューブの入れ方が雑だと空気を入れたとき、こんな感じでチューブが破裂します。

自転車チューブが破裂して、白い粉が飛び散った

チューブ内に入っている白い粉が辺りに飛び散りました。

高圧で破裂した場合、キーンと耳鳴りがするほどの衝撃音。

しばらく空気を入れるのが怖くなります(汗)

正しいチューブの入れ方

正しい自転車チューブの入れ方

バルブをホイールに挿し、飛び出ているチューブを左右均等に入れていきます。

正しい自転車チューブの入れ方、ねじれに注意

このときチューブがねじれないように注意

正しい自転車チューブの入れ方、少しチューブに空気を入れてから収める

ねじれを防止するためにも“チューブに少し空気を入れてから、タイヤに収めるのがポイント”です。

空気を入れ過ぎるとチューブが余ってうまく入りません。

正しい自転車チューブの入れ方、タイヤをめくってチューブを噛んでないか確かめる

チューブがタイヤに収まったら、ビードがチューブを噛んでないか確認します。

タイヤをめくり、タイヤとリムの隙間をぐるりと一周目視で確認します。

正しい自転車チューブの入れ方、反対側もタイヤをめくってチューブを噛んでないか確かめる

ちゃんと反対側も確認してください。

正しい自転車チューブの入れ方、バルブ部分は要注意

とくにバルブのところは、チューブを挟みやすい

しっかりタイヤの中に押し込みましょう。

まとめ

今回の破裂原因はチューブに空気を入れず、ぺたんこのまま入れビードの確認作業も省いたことだと思います。

チューブ代1,000円をみすみす無駄にしてしまった(泣)

破裂音は心臓に悪いですし、以降の空気入れではチューブが破裂しないかビクビクするはめになります。

  • チューブに少し空気を入れてからタイヤに収める
  • ビードをめくる確認作業を怠らない

以上のポイントを守るように心がけましょう!

タイトルとURLをコピーしました