14インチはDAHON K3だけじゃない、ルノーの折りたたみ自転車5選

ルノーの折りたたみ自転車

14インチの折りたたみ自転車といえば「DAHON K3」がいま注目を集めています。

しかし、以前から14インチに力を入れているメーカーがあるのをご存知ですか?

それは『RENAULT (ルノー)』というメーカーです。

ルノーといえば自動車メーカー、一見すると名前だけ貸したコンセプトバイクを思い浮かべます。

しかし、これが結構こだわりをもってつくっていて、魅力的な自転車がたくさんあるんです。

というわけで、今回は人気のルノー「LIGHT Series」から折りたたみ自転車5モデルを紹介していきます!

折りたたみ自転車の売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

ULTRA LIGHT 7 TRIPLE (14インチ)

ルノーの折りたたみ自転車、ULTRA LIGHT7 TRIPLE

スペック

モデル名ウルトラライト7 トリプル
カラーレッド、シルバー
フレームアルミニウム
折りたたみサイズ665×360×570mm
タイヤ14×1.35
ギア47T (11-13-15T)
重量約7.8kg
価格54,800円

「DAHON K3」と同じ、14インチの外装3段変速モデル。

こちらのほうが1年早く発売されています。

重量7.8kgと軽量、高さ調整可能なハンドルポストが便利。

5万円台で手に入るのも魅力です。

スプロケットですが「DAHON K3」は「9-13-17T」とワイドレシオ過ぎるところがあります。

一方、UL7は「11-13-15T」の1段とばしで扱いやすい。

物足りない場合は、フロントを56~60Tにすると丁度いいでしょう。

ULTRA LIGHT 7 NEXT (14インチ)

ルノーの折りたたみ自転車、ULTRA LIGHT7 NEXT

スペック

モデル名ウルトラライト7 ネクスト
カラーホワイト、ブラック
フレームアルミニウム
折りたたみサイズ640×350×550mm
タイヤ14×1.35
ギア52-11T
重量約7.5kg
価格59,800円

サスペンションの役割を果たすエラストマ樹脂をフレームに搭載し、14インチのかたい乗り心地を解消したモデルです。

ルノーの折りたたみ自転車、ULTRA LIGHT7 NEXTのエラストマサスペンション

エラストマサスペンションが振動を逃がすので、折りたたみヒンジやリアホイールのスポークに負担をかけにくい構造となっています。

「DAHON K3」のワイヤーで補強するやつより、効き目がありそうですね。

重量7.5kgとかなり軽量。

フロントフォーク、バックフォーク、ハンドルポストは鍛造にして強度アップしています。

数ある14インチの中で最先端を行っているモデルではないでしょうか。

ULTRA LIGHT 7F (14インチ)

ルノーの折りたたみ自転車、ULTRA LIGHT 7F

スペック

モデル名ウルトラライト 7エフ
カラーブラック、ホワイト
フレームアルミニウム
折りたたみサイズ660×375×555mm
タイヤ14×1.75
ギア47-10T
重量約7.4kg
価格49,800円

ロングセラー「ULTRA LIGHT7」のマイナーチェンジモデル。

今からUL7を買うなら、こちらの7Fにしたほうがよいでしょう。

安定感のある14×1.75タイヤ、フロントフォークは鍛造になって強度アップ。

リアハブに4ベアリングを採用し、滑らかで力強い走りが可能となっています。

フレームはシンプルな見た目ですが、溶接のない滑らかな美しい見た目に仕上がっています。

所々に使用したアルマイトパーツが良いアクセントになっています。

MIRACLE LIGHT 6 (14インチ)

ルノーの折りたたみ自転車、MIRACLE LIGHT6

スペック

モデル名ミラクルライト6
カラー真空蒸着メッキ ブルー、ブラック、シルバー
フレームアルミニウム
折りたたみサイズ670×340×560mm
タイヤ14×1.35
ギア47-10T
重量約6.7kg
価格79,800円(メッキブルー)
59,800円(ブラック、シルバー)

きれいな塗装と奇抜なデザインのチェーンリングが一際目を引きます。

重量6.7kgはシリーズ最軽量。

強度の高いステンレススポーク、軽量タイヤ、軽量ハブ、防錆チェーンなどパーツにもこだわり抜いています。

メッキ塗装のブルーは非常にカッコいいのですが、ブラック・シルバーよりも2万円高くなっています。

PLATINUM LIGHT 8 (16インチ)

ルノーの折りたたみ自転車、PLATINUM LIGHT8

スペック

モデル名プラチナライト8
カラーメタリックシルバー
フレームアルミニウム
折りたたみサイズ700×380×560mm
タイヤ16×1.5
ギア52T (11-28T)
重量約8.8kg
価格59,800円

最後に16インチも紹介させてください。

折りたたみサイズが小さくコンパクト性がありながら7段変速を搭載し、重量を8.8kgに抑えたモデル。

14インチよりも安定した走行が期待できます。

走行性能と持ち運びを両立したいなら、このモデルで決まり。

まとめ

20インチ以下の小径車、14インチに流行の兆し?

近年、小径車は20インチが人気で406→451ホイールと大径化の流れがありました。

しかし、ここに来て「DAHON K3」が発売されたことにより「走る14インチ」に注目が集まっています。

14インチの魅力はなんといってもコンパクトで輪行しやすいこと、これに走行性の高さが加われば人気がでるのも頷けます。

今回ルノーはかなり気合の入ったモデルチェンジをしてきました。

ダホンも後発ながら「K3」という、外装3段の14インチモデル出してきましたが、14インチの展開力はルノーの勝ちでしょう。

16インチのバリエーションも今後、増やして欲しいところです。

タイトルとURLをコピーしました