自転車から異音がする原因まとめ。異音の正体を突き止めよう!

自転車の異音の原因、発生源まとめ

自転車から異音が・・・一体どこから鳴ってるの?

私が今まで経験した異音の原因をまとめました

異音がでるところは、ほぼ決まっているので一つ一つ確認していけば必ず解決できます。

以下では、ポピュラーなところから意外な原因まで紹介しています。

参考になりましたら幸いです。

自転車メンテナンス用品の売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

ヘッドパーツ周り

自転車、ヘッドパーツ周りの異音の原因

  • ヘッドパーツの緩み
  • ベアリングの異常
  • フロントフォークのガタ
異音の種類:パキパキ、ギイギイ、カタカタ

ハンドルに重心を掛けたときギイギイすれば、ほぼヘッドパーツが異音の原因でしょう。

ハンドルを左右に振って音がする場合は、ベアリングのグリス切れ等が考えられます。

基本はボルトの増し締め、フロントフォークは隙間やガタが出ないようにしっかり組み付けること。

ベアリングはグリスアップで直ればいいですが、錆びてたり消耗している場合は交換が必要です。

フロントフォークとヘッドパーツのグリスアップは定期的に実施するようにしましょう。

自転車に乗る頻度によりますが、週末だけなら年1回で十分です。

ホイール・ブレーキ周り

自転車、ホイール・ブレーキ周りの異音の原因

  • ブレーキシューの接触
  • ホイールが振れている
  • シューが異物を噛んでいる
  • スポークの緩み
  • リムの内部に異物がある
  • リムナットの緩み
異音の種類:シュッシュ、シャー、チッチッ、カラカラ

一番多いのはブレーキシューの接触です。シューの調整、ホイールの振れ取りをしましょう。

また、シューがリムの金属片や砂を噛んでいる場合があるのでシューの確認も忘れずに。

カラカラ音はホイールの内部に異物が入っているかもしれません。

バルブ穴からうまく異物を取り出しましょう。

これら以外にホイールから異音がする場合、スポークのニップルが緩んでいるかもしれません。

スポークは時々、手で握ってテンションを確かめるようにしましょう。

あとバルブのリムナットが緩んでいると、チッチッと音がなるので単純なところですが見落とさないようにしましょう。

シートポスト周り

自転車、シートポスト・サドル周りの異音の原因

  • サドル固定やぐらの緩み
  • シートポストの緩み
異音の種類:パキパキ、ギイギイ

クランクを踏んだとき、パキパキ・ギイギイするのは、サドルかシートポストが原因のことが多いです。

この場合、ボルトの増し締めで直ることがほとんど。

やぐらはボルト1本締めではなく、2本締めで固定するものが良い。

シートクランプはクイック式よりボルト締めのほうが強力です。

またカーボンの場合は、滑り止めを使うか割れる心配がないアルミ製に交換しましょう。

BB・クランク周り

自転車、BB・クランク周りの異音の原因

  • クランクとBBにガタがある
  • クランクボルトの緩み
  • BBに問題がある
  • ケイデンス用磁石の接触
異音の種類:カチカチ、コッコッ、ギシギシ、チッチッ

ホローテックの場合、しっかり組み付けないとBB・クランク間にガタがでます。

またクランクボルトの緩みも考えられます。

BB関係だとグリス切れ、ベアリングの消耗、BBワンの緩み、BBワンの割れ等が考えられます。

まずはグリスアップと緩みの確認をしてください。

あとは、左クランクに取り付けたケイデンス用の磁石がセンサーやセンタースタンドに当たって音が鳴っていることがあります。

ドライブトレイン周り

自転車、ディレイラー、チェーン、スプロケット周りの異音の原因

  • ディレイラーの調整不足
  • スプロケットが摩耗している
  • チェーンが伸びている
  • スピードセンサー用磁石の接触
  • スプロケのスペーサーが正しくない
異音の種類:カチカチ、チッチッ、カコンカコン

ディレイラーの調整は基本、調整が難しい場合はお店に任せましょう。

スピードセンサー用の磁石もケイデンス用磁石同様、センサーに接触していなかチェックしてください。

中古でスプロケットを買ったり、チェーンだけ新品にすると特定のギアで歯飛びすることがあります。

消耗した歯とチェーンが噛み合わないんです。

スプロケットとチェーンは一緒に交換するのが基本、そのほうが後々トラブルが出ません。

あとリアディレイラーをどう調整しても異音がでるのは、スプロケットのスペーサーが正しくない可能性があります。

1mm、1.85mmスペーサーのどれを使うのか、または必要ないのかしっかり確認しましょう。

また、メーカー付属のスペーサーは精度がよろしくない場合があるので、シマノ製のスペーサーに交換するとよいです。

まとめ

異音はほっとくべからず!原因をきちんと特定しないと、大切な部品を破損したり、重大な事故を招くことになります。

異音のほとんどは、調整や増し締めで直すことが出来ます。

だから、日々のメンテナンスが重要になってくるんですね。

問題は発生源ですが今回紹介した箇所を調べていただければ、どれかに該当するはずです。

自分で調整できない場合は、お店に任せるのが一番です。

タイトルとURLをコピーしました