自転車の整備におすすめ!3種類のウエスを紹介します

3種類のウエス、スコット ショップタオル、クレシア ワイプオール X70、レック 激落ちクロス

今回は私が自転車の整備に使っている3種類の「ウエス」を紹介します。

ウエスとは機械油等の汚れを拭き取る布のこと。

男性なら「そこのウエスとって!」と言われることもあるかもしれないので覚えておきましょう。

ウエス・ワイプの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

私がおすすめする3種類のウエス

スコット ショップタオル、クレシア ワイプオール X70、レック 激落ちクロスの各サイズ

それぞれ種類の違うウエスを用途によって使い分けています。

クレシア ワイプオール X70

はじめに紹介するのは「クレシア ワイプオール X70」。

クレシアといえば、“キムワイプ”で有名なメーカーですね。

X70はメインで使っているウエスなのですが、なかなか取り扱っているお店がないのが欠点。

地元のホームセンター5店舗ほど回りましたが、どこにも置いていなかったので、Amazonで購入するようにしています。

不織布ウエスだからとても丈夫

クレシア ワイプオール X70を両手で引っ張っている

X70は不織布ウエスなので、チェーンやギアをガシガシ拭いても破けにくいという特徴があります。

凹凸もしっかり拭きあげる

クレシア ワイプオール X70でスプロケットの隙間を掃除している

ペーパーウエスと違い、丈夫なのでスプロケットの隙間を拭いても破れません。

凹凸のある所でもしっかり拭きあげる事ができます。

水拭きできる

クレシア ワイプオール X70を水につけて絞っている

布のような素材なので水拭きも可能。

まさに万能ウエスですね。

スコット ショップタオル

「スコット ショップタオル」はホームセンターで手に入りやすく、価格も250円程度と安いので気軽に使えます。

使い捨てのウエス

スコット ショップタオルを手で破いている

ペーパーウエスは使い捨てとして使用するのがおすすめ

ひどい汚れは、さっと拭き取って使い捨ててしまったほうが楽ですよね。

安いから無駄遣いでき、気軽に使えるのがメリットです。

また、手で簡単にちぎれて必要なサイズを使用することができます。

小さなパーツを拭くときに

スコット ショップタオルでネジを拭いている

ネジなど細かい部品が拭きやすい。

X70を使用するまでもないときは、このショップタオルの出番です。

ペーパーウエスは吸水性が良い

スコット ショップタオルで自転車のチェーンを拭いている

ペーパーウエスは優れた吸水性があるのでチェーン汚れの拭き取りに力を発揮します。

また、廃液などを吸わせるのにも適しています。

レック 激落ちクロス

「レック 激落ちクロス」はマイクロファイバークロスなので、デリケートなフレームを拭く際に使用しています。

この激落ちクロスは10枚入で500円台と安く、1枚50円ちょっととコスパ最高。

デリケートなフレーム用

レック 激落ちクロスでDAHONのフレームを拭いている

フレームの水拭き、乾拭きはもちろん、コーティング剤を塗るときに活躍。

マイクロファイバーの超極細繊維なので、洗剤を使わずにしつこい汚れが簡単に落とせます

まとめ

3種類のウエスそれぞれに役割があります。

  • X70:メインで使える万能ウエス
  • ショップタオル:紙ウエスは、使い捨てとして便利
  • 激落ちクロス:自転車のフレーム用として活躍

今回紹介したウエスはどれもオススメなので、ぜひ使ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました