それ本当に必要?サドルバッグの中身を整理しよう!

オルトリーブ マイクロ、サドルバッグ

今年も梅雨入りの季節になりました。

週末にサイクリングできないことが多くなりますね。

雨の日は自宅でメンテナンスもいいですが、今回は『サドルバッグの整理』をしたいと思います。

サドルバッグの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

サドルバッグを整理する!

サドルバッグの中身、詳細は以下

私のサドルバッグの中身はこちらです。

本当に必要なものか一つ一つ見極めていきましょう!

ちなみに、サドルバッグは「オルトリーブ マイクロ」を使用しています。

とりあえず必須なもの

予備チューブ、タイヤレバー、簡易パンク修理パッチ

まず、「予備チューブ 1本」と「タイヤレバー 2本」は必須。

「簡易パンク修理パッチ」は入れておいても邪魔にならないので残します。

予備チューブはラップで巻く

予備チューブをサランラップで巻いた

予備チューブは他のツール類でチューブが傷つかないように厚めのビニール袋で保護しています。

しかし、少しだけかさばるので「ラップ巻き」に変更、このほうがスッキリします。

空気入れはどうする?

エアボーン ミニポンプとお助けチューブ、トピーク CO2インフレーター

空気入れは「エアボーン スーパーミニポンプ」「トライスポーツ お助けチューブ」を組み合わせて使用しています。

「CO2インフレーター」は一瞬で空気を入れられるため、予備で持っています。

小径車のタイヤならミニポンプだけで十分

エアボーン ミニポンプとお助けチューブの組み合わせ

エアボーンのスーパーミニポンプはとても小さな空気入れです。

しかし、小径車の20インチタイヤであれば疲れず十分な空気を入れられます。

700Cタイヤはゼイゼイ疲れましたが、それにに比べるとあっけなかったです。

CO2インフレーターはあると便利ですが、無くても困らないので要らない物へ。

チェーン切りはどうする?

トピーク チェーンツールヘッドと六角レンチ

チェーン切りは「トピーク チェーンツールヘッド TOL15700」を使用しています。

自転車を趣味にして5年目ですが、チェーンはめったなことでは切れません。

小型のチェーン切りなので、一応残すに決定。

チェーンが切れたら自転車保険のロードサービスを使うのも手ですね。

ちなみに、私は「au損保の自転車保険 Bycle」に加入しています。

50kmまで無料のロードサービス付きです。

整理後のサドルバッグの中身

整理後のサドルバッグの中身、詳細は以下

結局、「CO2インフレーター」だけ減らしました。

重量はどうなった?

サドルバッグ整理後の重量を計測、詳細は以下

サドルバッグの重量は、376g→299gになりました。

CO2インフレーターが75gくらいなので、その分軽くなっただけですね。

おわりに

皆さんも時々、サドルバッグの中身を整理してみてはいかがでしょう。

意外と要らない物がたくさん入っているかも?

また、小型化、軽量化できるツールがあるかもしれません。

この機会に見直してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました