クリップ式だから超便利!手を汚さないスプロケット取り外し工具

スプロケット取り外し工具、クリップ式とチェーン式

スプロケット取り外し工具といえば”長~いチェーン”のついている工具が一般的です。

でも、このチェーン煩わしくないですか?

チャラチャラして取り回しが悪く、チェーンが手や服に触れると汚れてしまいますよね。

そこで、今回購入したのが『GORIX GX-8861』という”クリップ式”フリーホールチューナーです。

自転車用工具の売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

GORIX GX-8861とは

はさむタイプのスプロケ工具。

手を汚さずにスマートにスプロケット交換がしたい。

そういった要望にこたえる新商品です。

挟むタイプのスプロケ工具

GORIX GX-8861、スプロケット取り外し工具

先端に必要最小限のチェーンがついているだけ。

クリップのようにスプロケを挟んで使用します。

チェーン式は煩わしい

バイクハンドのスプロケット取り外し工具

チェーンを巻くタイプを長年使用してきましたが、いまいち慣れません。

ダランと垂れ下がっているチェーンがとにかく邪魔。

歯とチェーンが滑ることも度々あり、お世辞にも使い勝手がいいとは言えない代物です。

クリップ式の使い方

GORIX GX-8861の使い方

親指の腹をバネの下に当てて握ります。

GORIX GX-8861の握り方

親指を押し込むとクリップが開きます。

あとは10~19Tの適当な歯に挟むだけ。

ロックリング工具で取り外す

GORIX GX-8861とロックリング工具

スプロケが固定できたらロックリング工具を使って取り外します。

10~19Tまで対応

GORIX GX-8861は10T~19Tのスプロケットに対応

対応のスプロケットは5~11速、10-19Tまで。

私が試してみた限りでは21Tはギリギリ回せました。

23T・25Tは滑って固定できません。

やはり、仕様通り「10~19T」の間で使用するのがいいです。

11Tでも外せた

GORIX GX-8861を11Tに挟んだ

試しに11Tに挟んでみました。

ちょっと固かったですが外せましたよ。

クリップ式の使い勝手は?

GORIX GX-8861の使い勝手

何度か試行錯誤してわかったことはあえて大きなギアを挟む必要はないということかな。

大きいギアはクリップを広げる力もいるので挟みにくい。

私の場合、13~14T辺りが挟みやすかったです。

チェーン式タイプで、以下の悩みを持っている方におすすめです。

  • 長いチェーンが煩わしい
  • 手が汚れるのが嫌だ
  • うまく歯に巻いて固定できない
  • チェーンがベトベトで保存が面倒

しかし、使いやすいですねぇ~。

チェーンがチャラチャラ、ダランとしてないから快適ですわ(笑)

タイトルとURLをコピーしました