自転車のチェーン洗浄はペットボトルを使うと楽ちん

ペットボトルを使って自転車のチェーンを洗浄する

今回はペットボトルを使ったチェーン洗浄を試してみようと思います。

さて、どれくらい綺麗になるかな?

今までの洗浄方法は↓こちらの記事で紹介しています。

自転車用クリーナーの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

用意するもの

自転車のチェーンとペットボトルがステンレストレーに置いてある。

  • 空のペットボトル 350~500ml
  • パーツクリーナー
  • ステンレストレー
  • ペーパーウエス
  • 廃液入れ
  • カッターorはさみ

今回はこれらを使用して洗浄していきます。

チェーンを洗浄する!

ペットボトルで洗浄前の自転車チェーン

洗浄前のチェーンです。

距離にして300kmくらい掃除していません。

汚れがタール状になっていて頑固そうですね。

ペットボトルにチェーンを入れる

350mlのペットボトルに自転車チェーンを入れる

今回は350mlペットボトルを使用しました。

もちろん500mlでも大丈夫ですよ。

チェーンを入れながらペットボトルの底をトントン叩くとすんなり入っていきます。

パーツクリーナーを吹きかける

自転車チェーンが入っているペットボトルにパーツクリーナーを吹きかける

パーツクリーナーを吹きかけます。

液体がボトルの底から2~3cmくらいのところまで浸れば十分かと思います。

よく振る

自転車チェーンを入れたペットボトルを縦に振る

ペットボトルを上下左右によーく振ります。

自転車チェーンを入れたペットボトルを横にして振る

横にして小刻みに揺するといい感じ。

これなら少ない液でも全体をよく洗浄できます。

廃液を捨てる

ペットボトルで自転車チェーンを洗浄したパーツクリーナーの廃液を捨てる

廃液入れを用意してください。

そこにパーツクリーナーの廃液を捨てます。

ドバーッと勢いよく捨てたほうが砂とかの異物が排出しやすいです。

再度洗浄する

一回の洗浄ではまだ汚れが残っていると思います。

もう一度、パーツクリーナーを入れてよく振りましょう。

納得のいくところまで洗浄できたら完了です。

チェーンを取り出す

自転車チェーンの入ったペットボトルの側面をカッターで切る

ペットボトルの側面をカッターやハサミで切ってチェーンを取り出します。

洗浄した自転車チェーンをステンレストレーに移す

トレーにペーパーウエスを敷いたらチェーンを移します。

ペットボトルを使って洗浄した自転車チェーン

洗浄後のチェーン。

まだ汚れが残っていますが、どうせ汚れるのでほどほどでやめています。

自転車チェーンをペーパーウエスで拭き取る

あとはウエスで拭き取ればきれいになります。

おすすめのウエスは以下の記事で紹介しています。

廃液の捨て方

自転車チェーンを洗浄したパーツクリーナーの廃液の捨て方

廃液は汚れたウエスや新聞紙を浸して吸わせます。

あとは燃えるゴミで捨てればOKです。

ペットボトル洗浄の感想

当然かもしれませんがパーツクリーナーをただ吹きかけるよりよく落ちます。

準備もやってみるとそこまで面倒ではなかったです。

しかもパーツクリーナーの使用量をだいぶ節約できます。

これが今回わかった一番の成果かも。

タイトルとURLをコピーしました