DAHONのフォークを取り外す手順|使用する工具は六角レンチだけ

dahon visc evoのハンドルポストを折り畳んだ状態

DAHON Visc EVOのフォークを取り外す手順を紹介していきます。

アーレンキーだけで簡単に取り外せます。

自転車用ヘッドセットの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

フォークの取り外し方

ダホンのハンドルポストのボルトを10mmのアーレンキーで緩める

まずハンドルポストを折り畳みます。

中央のボルトを10mmのアーレンキーで緩めます。

ダホンのハンドルポストの側面ボルトを6mmのアーレンキーで緩める

さらに、サイドにあるボルトを6mmのアーレンキーで緩めます。

ダホンのハンドルポストのボルト

取り外したボルト。

銅のワッシャーが入っているので無くさないように。

ダホンのハンドルポストのボルトを外した状態

ボルトを取り外した状態。

ハンドルポストを引き抜きます。

ダホンのハンドルポストを外す

こんな感じでスポっと抜けます。

ダホンのヘッドセットの樹脂カバーを外す

上から順番にパーツを外していきます。

樹脂製のカバーを外します。

ダホンのヘッドセットのベアリング受けを外す

さらに樹脂製のベアリング受けを外します。

ダホンのヘッドセットのベアリング、上のヘッドワン

手で取り外せるパーツは以上です。

ベアリングは圧入されているのでヘッドワンリムーバーという工具で外すことになります。

これの取り外し方は↓こちらの記事で紹介しています。

取り外したフォーク

dahon visc evo、フォークの下玉受け

コラムにヘッドセットの下玉押しが入っています。

これを取り外したい場合は、クラウンリムーバーという工具を使います。

下玉押しの外し方は↓こちらの記事で紹介しています。

dahon visc evo、アルミフォークの実測重量

DAHON Visc EVOのフォーク重量は503gでした。

フォークの素材はアルミ。

手に持つと意外に軽量。

もっと重いものと思っていました。

おわりに

今回はフォークの取り外し方を紹介しました。

上の手順を踏めば何ら問題なく取り外すことができると思います。

「クランレースの取り外し」や「ヘッドセットの交換」をしたい場合は↓こちらの記事が参考になるかと思います。

タイトルとURLをコピーしました