チェーンフィキサーで自転車チェーンを外したときの広がりを抑えよう

バイクハンド チェーンフィキサー YC-207

これは『チェーンフィキサー』というツール。

見ての通り、チェーンに引っ掛けて使用します。

チェーンを取り外すとリアディレイラーに引っ張られてチェーンが広がります。

その広がりを抑えて作業しやすくしてくれるのが、このチェーンフィキサーです。

チェーンを外すときは必須のツールと言ってもいいでしょう。

自転車用チェーンの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

チェーンフィキサーとは

チェーンの広がりを防ぐ工具。

チェーンに引っ掛けることでたるみができ作業がしやすくなります。

バイクハンド チェーンフィキサー YC-207のパッケージ

バイクハンドのチェーンフィキサー YC-207を購入しました。

実物は思ったよりも大きめ。

バイクハンド チェーンフィキサー YC-207の針金部分

針金部分はしっかりとした太さがあります。

どんなときに使うの?

チェーンフィキサー とチェーンカッターを使ってチェーンを切る

チェーンカッターでチェーンを切るときなど、おもにチェーンを取り外すときに使用します。

チェーンは常にリアディレイラーに引っ張られています。

チェーンをカットしたとき、このチェーンフィキサーがないとチェーンが弾け飛んでしまいます。

バイクハンド チェーンフィキサー YC-207とミッシングリンク専用プライヤーでチェーンを取り外す

私の場合は、もっぱらミッシングリンクを取り外すときに使用しています。

ミッシングリンクはチェーンを簡単に取り外すことができるチェーンリンクです。

チェーンを取り外して掃除をしたいときに役立ちます。

ミッシングリンクの取り付け方法は『KMC ミッシングリンクを取り付ける方法と正しい向き』で詳しく解説しています。

チェーンフィキサーの使い方

チェーンフィキサーの使い方 悪い例

まずは「悪い例」を紹介します。

このようにチェーンをたるませないで引っ掛けてはいけません。

この状態でチェーンを外すと以下のようになってしまいます。

チェーンフィキサーの使い方 悪い例 チェーンが届かない

このチェーンフィキサーは針金がしなるので、チェーンを外すとリアディレイラーに引っ張られて大きな隙間ができます。

チェーンの両端が離れてしまい、繋げるとき届かないんです。

チェーンフィキサーの使い方 良い例

このようにチェーンをたるませてチェーンフィキサーを引っ掛けるのが「良い例」です。

チェーンフィキサーの使い方 良い例 チェーンが届く

これならチェーンを外しても両端が届くので作業しやすくなります。

使ってみた感想

クリップで作った自作のチェーンフィキサー

以前はクリップで自作したチェーンフッカーを使用していました。

作り方は『クリップでチェーンフッカーを自作する方法』で詳しく紹介しています。

これでも十分なんですが、幅が狭いので作業効率はあまり良くないです。

しかし、コンパクトなのでサドルバッグ等で持ち運ぶのには適しています。

バイクハンドのチェーンフィキサー YC-207なら作業スペースが広くとれる

バイクハンドのチェーンフィキサーは山形のため針金の上に空間ができます。

それに針金も長いので作業スペースを広く取ることが可能。

作業の効率が桁違いに良くなります。

もう自作のチェーンフッカーには戻れません。

チェーンフィキサーの値段は400円ちょっと。

手間を考えたら、とてもリーズナブルな価格ではないでしょうか。

自分でチェーンのメンテナンスをするなら、必ず持っておくべきツールです。

タイトルとURLをコピーしました