【レビュー】ピーコック AJC-550|自転車用の水筒として活躍

ピーコックの水筒AJC-550

自転車用にピーコック『AJC-550』という容量550mlの水筒を買ってみました。

初めて聞くメーカーだったので調べてみました。

創業は昭和25年で大阪にあるピーコック魔法瓶工業という会社らしいです。

水筒の売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

AJC-550とは

仕様

製品名AJC-550
容量550ml
素材本体/ステンレス剛
栓/ポリプロピレン
ロック・フック/ポリオキシメチレン
カラークリアブルー
ブラックグリーン
クリアパープル
クリアピンク
サイズ約幅7×奥行7.8×高さ23cm
本体重量280g
口径4.5cm
機能保冷専用
保冷効力(6時間) 10度以下
食洗機対応不可
参考価格¥3,780
  • 容量550ml
  • そのまま飲める直飲みタイプ
  • 片手で開くワンタッチオープン
  • 氷もスッポリ口径45mm
  • 唇にフィットする飲み口形状

直飲みタイプの保冷専用水筒です。

片手で簡単ワンタッチオープン。

安全ロック付きだから安心して持ち運べます。

ペットボトル500mlがスッポリ入る

ピーコックとサーモスの水筒

サーモスの水筒が購入から3年目で塗装がボロボロ。

自転車のボトルケージで使用していたためです。

サーモスの500mlボトルだとペットボトル飲料の500mlが全部はいらずに少し余ってしまいます。

これが嫌で他の水筒を探していました。

ピーコックの水筒なら、ペットボトル飲料がスッポリ入る550ml。

しかもAmazonで1500円と安い。

自転車のボトルケージで使用していると、どうしても塗装が剥がれるので安いものにしました。

飲み口がダイレクト

飲み口がダイレクトタイプの水筒

画像右の飲み口だと唇の横からあふれそうですよね。

自転車で使用する場合は、画像左の『直飲みタイプ』が飲みやすい。

ボトルの角度を気にせずにグイッと上向きで飲めます。

直飲みタイプで容量が550~600mlのものはピーコックしか見当たりませんでした。

サーモスのストロータイプ

サーモスにストロータイプの『FFQ-600』というボトルがありました。

レビューをみても自転車で使用している人が多いようです。

価格が高めでストローが飲みにくいというレビューもちらほらあるので購入を迷いました。

それにストロータイプの水筒って、ストロー周りが汚れやすく掃除がしにくいんですよ。

面倒くさがりな自分には無理だと思い、今回はピーコックを選択しました。

しかし、毎回清潔に使用できるならおすすめな商品です。

本体がシルバーなのでボトルケージで擦れた傷が目立ちにくいと思います。

サーモスの水筒と比較

ピーコックAJC-550の実測重量、詳細は以下

サーモスの500mlが269gに対して、ピーコックの550mlが284gです。

その差は15gと誤差のレベル。

ピーコックAJC-550は口径45mm

ピーコックは口径45mmで氷が入れやすい。

サーモスも同じサイズ。

ピーコックAJC-550ワンタッチオープン

ワンタッチオープンでキャップがパカっと一気に開く。

ボトルの直径は若干ピーコックのほうが大きい。

男性の手なら片手でいけます。

キャップのロックは指で上下するだけ。

ピーコックAJC-550キャップの開き方

サーモスはキャップの可動部がゴムなので使用してると伸びてきます。

ピーコックの可動部はステンレスのバネ。

ボトルを傾けてもキャップは全開で開いたままです。

実際にサイクリングで使ってみた

ピーコックAJC-550自転車のボトルケージに入れる

画像の位置だと段差でボトルがスッポ抜けそうで怖かった。

水筒の場合は縦置きのボトルケージにしたほうがいいでしょう。

ちなみに、ボトルが斜めなのは『トピーク X15アダプター』を使用しているからです。

トピーク X15アダプターとは

ボトルケージと台座の間にセット。

右または左に15度傾けてボトルを容易に出し入れできるようにするアイテムです。

ボトルの位置を変える

段差でボトルが抜けないように、シートポスト側のボトルケージに真っ直ぐ立てて使用するのがおすすめ。

上の画像は『ミノウラ BH-100M』を使用しています。

ミノウラ BH-100Mとは

予備のボトルをハンドルバーやシートポストに装着できるホルダです。

必要なときにだけ簡単に予備ボトルを装備することができます。

ペットボトル 500mlを入れてみた

ピーコックAJC-550にペットボトル500mlを入れてみた

サイクリングの途中で、中身が空になったので自販機で補充。

画像のように容量に余裕を残して500mlすべてを入れることが出来ました。

これで自販機で購入したペットボトルの詰替えが捗ります!

タイトルとURLをコピーしました