スプロケットを11-25Tから12-23Tに交換|ペダリングを快適にする

CS-HG500-10の11-25T

現在のスプロケットは『CS-HG500-10』11-25T。

クランクは53-39Tです。

このスプロケットを12-23Tに交換しました。

スプロケットの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

CS-HG500-10とは

仕様

製品名CS-HG500-10
仕様10スピードカセット
歯数構成11-12-13-14-15-17-19-21-23-25T
対応チェーンHG 10スピード/HG-X10
材質スチール
表面仕上ニッケルメッキ
実測重量252g
参考価格¥3,269

10スピード対応のカセットスプロケットです。

耐久性に優れた構造と安定した調整機能で確実なパフォーマンスを実現。

11-25Tを交換する理由

歯数構成:11-25T(11-12-13-14-15-17-19-21-23-25T)

停止時や低速から加速するときに[15-17-19T]あたりのギアを使います。

しかし、ギアが1段飛ぶのがどうしても気になります。

間に16Tと18Tが欲しい・・・

CS-7800 12-23Tに交換

CS-7800の12-23T

ヤフオクでデュラエース『CS-7800 12-23T』を中古で購入しました。

歯数構成:12-23T(12-13-14-15-16-17-18-19-21-23T)

12-19Tまで連続して歯が入っているので変速がとても気持ちいい。

平地に特化したスプロケットといえます。

CS-7800とCS-HG500-10を比較

CS-HG500-10とCS-7800の実測重量、詳細は以下

  • CS-HG500-10:252g
  • CS-7800:183g

その差なんと69g!

さすがにティアグラとデュラエースでは結構な重量差がありますね。

歯のバラせる枚数

S-HG500-10とCS-7800のギアをバラす

CS-HG500-10は、14-25Tまで歯が固定、外すことが出来ません。

速度を比較

自転車ギア電卓

BIKE GEAR CALCULATORというスマホアプリです。

20インチの53-12Tの場合

ケイデンス70で「時速29.55km」しか速度が出ない。

53-11Tの場合は「時速32.24km」ほどでます。

自分の足には丁度いいです。

ロードバイクにガッツリ乗っている人はこのギア比では物足りないかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました