【レビュー】PD-M780 (PD-M8000)|シマノ XT 両面SPDペダル

自転車パーツ

SPDペダルPD-M780

SPDペダルは、シマノ XTグレードの『PD-M780』を使用しています。

現在は後継モデル『PD-M8000』が発売されています。

自転車ペダルの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

XTグレードのSPDペダルとは

  • Deore XTグレードのSPDペダル
  • ペア重量:343g
  • 付属クリード:SM-SH51
  • 取付に8mmの六角レンチが必要

両面なので、ほとんど意識すること無くクリートをはめることが出来ます。

信号待ちの多い街中でも苦になりません。

PD-M520と比較

PD-M520とPD-M780

同じくシマノの両面SPDペダル「PD-M520」も所持しています。

せっかくなので「PD-M780」と比較してみましょう。

重量を比較

PD-M520の重量を計測

PD-M520:実測375g(カタログ値380g)

PD-M780の重量を計測

PD-M780:実測340g(カタログ値343g)

重量差は35g。

PD-M780はシャフトが細くスマートですね。

接地面の面積を比較

PD-M520とPD-M780の踏み面

シューズとペダルの接地面を比較してみます。

PD-M780のほうが接地面が広くなっていますね。

そのためペダルをしっかり踏みしめられるので安定感があります。

まとめ

PD-M780は剛性があるのでパワーを効率よく伝達できます。

また、PD-M520は長時間漕いでいると足の裏が痛くなることが多々ありました。

大雑把に例えるならPD-M520は青竹踏みしている状態です。

PD-M780は平らな踏み面が両脇にあるおかげで足裏に違和感がありません。

以上のことから、PD-M520から買い換える価値は少なからずあると思います。

余裕のある方は、最上位グレードのPD-M9100がおすすめです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
\記事が役に立ったらシェアしてね/
スポンサーリンク
週末サイクリング部
タイトルとURLをコピーしました