【レビュー】トピーク JoeBlow Sport II|空気入れに迷ったらこれ!

トピークのJoeBlow Sport Ⅱのメーター

ロードバイクやクロスバイクの空気入れは、はじめから少し高価なものを購入することをおすすめします。

私の一押しはTOPEAK(トピーク)『 JoeBlow Sport II』です。

自転車用フロアポンプの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

JoeBlow Sport Ⅱとは

スペック

製品名JoeBlow Sport II
素材スチール製
最大圧力160psi
対応バルブ米式、仏式、英式、ニードル付属
サイズL137×W250×H675mm
重量1.4kg
価格¥4,800+税
  • 米式と仏式に対応するスマートヘッド
  • エアーリリースボタン
  • 160psiまで測れるダイヤルゲージ

トピークのベストセラーフロアポンプです。

安い空気入れを買ってはいけない!

私の経験からホームセンターにある安い空気圧ゲージの付いた空気入れはおすすめしません。

自転車を始めた頃に、1,500円もしないゲージ付き空気入れをホームセンターで買いました。

5~7気圧入れるとポンプヘッドから空気漏れだします。

また、ポンプヘッドのバルブがすぐにダメになってしまいました。

空気圧メーターも信用出来ない値です。

「安物買いの銭失い」にならないためにも空気入れだけは最初からよいものを買いましょう。

JoeBlow Sport Ⅱのレビュー

トピークのJoeBlow Sport Ⅱの全体が写っています

黄色と黒のトピークカラーが目立つ。

置いた場所がわかりやすいです。

トピークのJoeBlow Sport Ⅱが床に横たわっていて、黄色のボディが特徴的です。

本体はスチール製でとても丈夫。

重量は実測で約1.8kg

メーターやポンプヘッドなど細部まで造り込んでいてチープさがありません。

トピークのJoeBlow Sport Ⅱのポンプヘッドが4種類写っています。

銀色のレバーを起こすとバルブに固定されます。

黄色のボタンはエアリリースボタンで空気圧の微調整ができます。

バルブは(仏、英、米)に対応。

エアークッションやボール用のニードルも付属しています。

トピークのJoeBlow Sport Ⅱのダイヤルゲージが拡大されて写っています。

最大160psiまで測れるダイヤルゲージです。

ゲージ部分に黄色の目印を設定することができます。

目的の空気圧になっているかすぐに判別できます。

メーターの上に普段は使用しないアダプターをさしておくことができます。

トピークのJoeBlow Sport Ⅱのハンドルが真上から写っています。

大型のベースでしっかりと地面に立ち、両足で力を入れてポンピングできます。

ハンドルは幅広で握り易い、首が長く指を挟む恐れがありません。

自転車のホイールのバルブに、トピークのJoeBlow Sport Ⅱのポンプヘッドが接続されています。

ポンプヘッドは本当に丈夫。

サイクリング毎に抜き差ししていますが全くヘタっていません。

トピークのJoeBlow Sport Ⅱでバスケットボールに空気を入れています。

ボール等のエアグッズにもしっかり空気を入れられます。

ママチャリのバルブにもガッチリ挟めるので、途中でヘッドが外れたりせず快適に空気が入れられます。

レバーで指を挟まないように注意!

トピークのJoeBlow Sport Ⅱのポンプヘッドとレバー

ポンプヘッドのレバーを戻すときに指を挟まないように注意!

この銀色のレバー「バチンッ!」とすごい勢いで戻ります。

これに指を挟むと最悪、爪が紫色になるでしょう。

使い始めて間もない頃に一度だけ挟んだことがありますが痛いです。

おわりに

価格は4,000円弱とお高めですが、私のものは3年間ほぼトラブル無しで使えています。

一度ヘッドのダイアルみたいのが緩んでいて空気漏れすることがありましたが、キツく締めたら直りました。

ヘッドは交換用のパーツがあるので万が一ヘタっても簡単に付け替えができます。

このトピークの空気入れは本当におすすめできます。

タイトルとURLをコピーしました