【輪行で行く】旧筑波鉄道コース│つくば霞ヶ浦りんりんロード

自転車の話

つくば霞ヶ浦りんりんロード 旧筑波鉄道コース

茨城県にある筑波山つくばさんは日本百名山のひとつ。その筑波山を望む「旧筑波鉄道コース」を走ってきました。

出発地点となる土浦駅は、都心からわずか1時間のところにあり、思い立ったらすぐに行けるのが魅力。テレビで特集していたのを見て、いつか行ってみたいと思っていました。

スポンサーリンク

旧筑波鉄道コースとは

「土浦駅」と「岩瀬駅」を結ぶ全長40kmのサイクリングコース。

旧筑波鉄道の廃線敷を活用したコースは車が通らず、カーブや勾配もないので、初心者にも走りやすいコースとなっています。

サイクリングロードになった廃線跡

旧筑波鉄道コース 土浦から2km地点

1987(昭和62)年まで常磐線の土浦駅と水戸線の岩瀬駅を結んでいた筑波鉄道。現在ではその線路跡が綺麗に整備され、サイクリングロードとして再利用されています

元駅舎は休憩所に

旧筑波鉄道コースの休憩所

かつて鉄道が走っていたことをしのばせる駅舎。現在は休憩所として残されています。

旧筑波鉄道コースのトイレ

休憩所は全6箇所。トイレも併設されているから安心して走ることができます。

美しい田園風景に癒される

旧筑波鉄道コースの風景

田園風景が広がるのどかな光景を進む。私が行ったのは12月でしたが、景色で季節の変わり目を感じられて、とても気持ちよかったです。

旧筑波鉄道コースを走るロードバイク

道中、多くのサイクリストたちとすれ違う。

コースは自転車と歩行者専用

旧筑波鉄道コースと車道

車が走っている道路とは完全に分離されているから、ノンストレスでサイクリングを楽しむことができます。この道が40kmも続いているのだから快適そのもの。

交差点は慎重に

旧筑波鉄道コースの交差点

ただし、一定の間隔で車道との交差点があります。かつて踏切だった場所ですね。

止まれの標識が設置されているほか、スピードを落とさないと車道に入れないように柵が設置され、安全を確認せずに交差点に侵入することを防いでいます。

車優先の交差点もあれば、自転車優先の交差点もあるので、必ず安全を確認してから渡るようにしましょう!

輪行で土浦駅へ

自転車は「DAHON K3」

自宅から土浦駅までは距離があるため、輪行して向かいました。

14インチの折りたたみ自転車「DAHON K3」を輪行バッグに詰めます。

軽くて小さいのが魅力

DAHON K3の輪行バッグを担ぐ

DAHON K3は8kg台なので、肩に担げば移動も楽ちん。

先頭か最後尾に乗る

輪行バッグを手すりに固定する

電車内に輪行バッグを持ち込む際のマナーとして、「先頭か最後尾」の列車に乗りましょう。かさばる荷物を持ち込むわけですから、他の乗客の邪魔にならないように配慮する必要があります。輪行バッグは手すりに紐で固定して転倒を防止します。

DAHON K3で輪行

ただ、この日は、朝6時出発で電車内はガラガラだったので、足元に置きました。空いていれば問題ないと思います。

スマホホルダーがあると便利

自転車用のスマホホルダー

今回は各スポットを巡るために「スマホホルダー」を用意しました。ナビアプリを表示さておくのに役立ちます。

土浦駅から出発

土浦駅から旧筑波鉄道コースへ

朝7時、土浦駅に到着。

道中、コンビニはなく、自販機も少ないので、補給食は土浦駅周辺で調達しておこう。

りんりんスクエア土浦

土浦駅のりんりんスクエア

営業時間:午前10時から午後8時まで(年中無休)

土浦駅の駅ビルに「りんりんスクエア土浦」という施設があります。サイクリスト大歓迎の駅ビルで、かゆいところに手が届く、充実の施設となっています。

充実の施設
  • サイクルショップ
  • レンタルサイクル
  • 輪行の組み立てスペース
  • メンテナンススペース
  • シャワールーム
  • コインロッカー
  • 更衣室
  • 宿泊施設

サイクリストの拠点

りんりんスクエア開店前

この駅ビル全体が自転車の持ち込みを可能としていて、メンテナンスや宿泊機能など、国内最大級のサイクリング施設(プレイアトレ)となっています。

自転車を持っていなくても、こちらでレンタルすることが可能。レンタル料は2,000~4,500円。

和風レストラン キャニオン(約9km地点)

お食事・喫茶 キャニオンの外観

創業1970年の和風レストラン キャニオン。多くのサイクリストたちが訪れるようで、「バイクラック」が設置されていました。

お食事・喫茶 キャニオンの外観の看板

おすすめは「エビフライ&ハンバーグ定食(1,000円)」です。今回は時間帯が合わず、ここでの食事は断念。

小田城跡歴史ひろば(約12km地点)

旧筑波鉄道コース 筑波山と宝篋山

小田城跡に近づくと、やっと「筑波山」が見えてきます。今まで手前に見えていた山は「宝篋山ほうきょうさん」という名前らしい。

旧筑波鉄道コース 小田城本丸跡の風景と宝篋山

正面にあるのが宝篋山。近くに小田城跡の資料館があるので、興味があるのなら寄って行くのもいい。

旧筑波鉄道コース 小田城本丸跡んじょ看板

かつて茨城県南部に勢力をもった小田氏の拠点跡地だそうだ。

北条大池(約17km地点)

旧筑波鉄道コース 桜の名所 北条大池

筑波山を望む風光明媚な場所ですが、地元では有名な「桜の名所」。

コースから少し逸れたところにあるので、桜の季節以外は、あえて寄り道しなくてもいいかも。米粉を使ったアイスが特産品なんだとか。

筑波山口(約20km地点)

旧筑波鉄道コース 筑波山口

コースの半分地点に、筑波山口つくばさんぐちというバスターミナルがあります。

自販機が沢山並んでいるので、ここでドリンクを補給することができます。

松屋製麺所

旧筑波鉄道コース 松屋製麺所

筑波山口の向かいにある「松屋製麺所」。麺の購入と試食としてラーメンを頂くことができます。茨城県版のラーメンWalker 2018と2020でグランプリ1位になったお店らしい。

メニューと注文方法

旧筑波鉄道コース 松屋製麺所 ラーメンのメニュー

  1. 空いてる席に座る
  2. 前の人のラメーンができるまで待つ
  3. 店主に呼ばれて注文を聞かれる
  4. お金を払う
  5. お冷は自分で取りに行く
  6. ラーメンができたら自分で取りに行く
  7. 食べ終わったらトレーを返却口に持っていく

あくまでも製麺所の試食コーナーというスタンスのお店なんだなと感じました。中に入っても誰も案内をしてくれなくて、初見だとお店のシステムがわからない。店主かな?接客向きじゃないね。お客様目線での対応も必要かと思います。

チャーシューらーめんを注文

旧筑波鉄道コース 松屋製麺所のチャーシュー麺

せっかくなので一番高い「チャーシューらーめん(850円)」 を注文しました。

ラーメンは魚介スープに平打麺。味付けは少し濃いめに感じました。肝心の味の方ですが、「雑誌やネットの評判はあてにならない」とだけ言っておこう(笑)

沼田屋

旧筑波鉄道コース 沼田屋のかりんとう饅頭

松屋製麺所から筑波山に向かって道なりに進むと、創業から100年を超すお饅頭屋さん「沼田屋」がありあます。

人気のかりんとう饅頭(1個120円)は、黒糖を使い「かりんとう」をイメージした一品で、エネルギーチャージにもってこい。

名物「かりんとう饅頭」

旧筑波鉄道コース 沼田屋のかりんとう饅頭を食べる

私は5個入り600円を購入。ゴールの岩瀬駅で食べたけど、疲れていたせいか、めちゃくちゃ美味かった。オーブントースターで1~2分ほど温めるとさらに美味しく頂けます。

筑波山神社

旧筑波鉄道コースからは外れますが、時間があるなら、軽くヒルクライムをこなして「筑波山神社」に向かうのもいい。山なので勾配はありますが、それほど長くないから、ツライところは自転車を押していってもすぐに着きます。

お土産屋さんに駐輪場がある

筑波山神社前の駐輪場

筑波山神社の手前には、たくさんのお土産屋さんが並んでいて、乗ってきた自転車は、そのお土産屋さんの駐輪場に有料で置かせてもらえます。料金はお店によって異なりますが、概ね200円前後です。

寄り道で登山

筑波山神社、コマ展望台、ケーブルカー

ゴールの岩瀬駅まで行かなくても、筑波山を登って帰るコースもおすすめ。ケーブルカーがあるから自力で登らずともすぐに山頂まで行くことができます。このプランなら50km弱だから3時間もあれば走破することが可能です。

真壁の町並み(約30km地点)

旧筑波鉄道コース 真壁の町並み

コースのハイライトはこちら。戦国時代末期に形作られ、完成したと言われる真壁まかべのレトロな町並み。

旧筑波鉄道コース 真壁の廃屋

歴史を感じる町ですが、崩れたかけた家や

旧筑波鉄道コース 真壁の壁

修繕が必要そうな家もチラホラ。

三由屋菓子店

旧筑波鉄道コース 三由屋菓子店

真壁にはたくさんの和菓子屋さんがあります。その中でも私のイチオシは「三由屋菓子店」の栗最中。

名物「栗最中」

旧筑波鉄道コース 三由屋菓子店の栗最中

注文してから皮にあんこを詰めてくれるから、サクサクを味わえます。お土産としてもいいけど、出来たてをすぐに頂くのがおすすめ。

終点の岩瀬駅(40km地点)

旧筑波鉄道コース 終点の岩瀬駅

岩瀬駅が終点となっていますが、もちろん、こちらから筑波山や土浦駅を目指して出発しても問題ありません。

往復しても80kmなので、ロードバイクならさほどハードルは高くないでしょう。私は寄り道やカメラを撮りながらだったので、5時間ほど掛かってしまった(笑)

終点なのに何もない

旧筑波鉄道コース 岩瀬駅のトイレ

せっかく終点まで来たのですが、トイレとベンチがあるだけの寂しいところ。せめて自販機くらいあるといいんだけどね。

補給食を調達したいなら、400メートルほど離れたところに「ローソン 桜川岩瀬店」があるから、そこでまで行くしかないかな。

無料駐車場がある

旧筑波鉄道コース 岩瀬駅の無料駐車場

なんと、ここの駐車場は無料。ここで自転車を準備してサイクリングに行くのもいいね。

おわりに

右手に筑波山が大きく見えて、左手は開けた風景が広がっているから開放感がありました。自転車好きの私としては、近くに住んでいる人が羨ましい限り。食事や散策に重きを置けるコースだから、仲間を誘って走るのにピッタリだと思う。次は「霞ヶ浦コース」を走ってみたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
\記事が役に立ったらシェアしてね/
スポンサーリンク
週末サイクリング部
タイトルとURLをコピーしました