PR
スポンサーリンク

【無印良品】薄い財布ならこれ!小さくて軽量、機能性も備えたトラベル用ウォレット

無印良品 トラベルウォレットをレビュー

サイクリング用の財布として、無印良品の『トラベル用ウォレット』を購入しました。

小銭、カード、お札がきっちり収まり、厚みを感じさせないコンパクトな財布です。

メンズ財布の売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

無印良品のトラベル用ウォレットとは

無印良品のトラベルウォレットとラベル

無印良品にて『トラベル用ウォレット』を購入。価格はたったの税込990円です。

無印良品 トラベルウォレットの内側

スタンダードな「二つ折り財布」なので、日常からアウトドアまで幅広いシーンで使えます。

無印良品 トラベルウォレットのサイズ

サイズは11cm×9.5cm。

無印良品 トラベルウォレットの重量

重さは実測で39g。とにかく軽いので、少しでも荷物を軽くしたい方におすすめです。

無印良品 トラベルウォレットの素材

素材はポリエステル100%、カンボジア製です。

無印良品 トラベルウォレットの裏面

防水性はありませんが、防水スプレーを使えば、撥水・防汚効果を付与できます。

無印良品 トラベルウォレットにカラビナを取り付ける

Dリングに鍵やカラビナ、チェーンなどを取り付け、ズボンやバッグに繋げておくことも可能です。

カラーはブラックの他に、カーキ、ブルー、ライトグレーがあります。

小銭入れ

無印良品 トラベルウォレットの小銭入れ

小銭入れはメッシュ素材なので、中身が一目瞭然。

無印良品 トラベルウォレット 小銭入れのマチ

ポケットの片側にマチが付いています。

無印良品 トラベルウォレットから小銭を取り出す

このマチがあるおかげで小銭が取り出しやすく、チャックの開閉もスムーズに行えます。

無印良品 トラベルウォレット 小銭入れの位置

小銭は10~15枚ほど入れられました。

お札入れ

無印良品 トラベルウォレットのお札入れ

お札入れは2室に分かれているから、お札を種類ごとに分けたり、レシートをしまうときなどに便利。

作りもしっかりしてるので、開いて持ってもヨレヨレしません。

無印良品 トラベルウォレットにお札を入れる

お札は10枚入れても余裕がありました。

しかし、ポケットが若干深めなので、お札の出し入れは少しやりにくかったです。

カード入れ

無印良品 トラベルウォレットのカード入れ

カードポケットは、4箇所備えられています。

各ポケットは、2枚まで重ねて入れられるので、最大8枚は入れられます。

ゴムバンドの効果

無印良品 トラベルウォレットのバンド

この財布は、「ゴムバンド」で口を閉じる仕様になっています。

マジックテープだと音が恥ずかしいので、個人的にこちらのほうが好み。

無印良品 トラベルウォレットを折りたたむ

小銭をたくさん入れると、このように財布がパンパンになって、口が開きっぱなしになってしまいますが…

無印良品 トラベルウォレットのバンドを閉じる

ゴムバンドで閉じれば、ここまでペッタンコになります!

無印良品 トラベルウォレットをバックポケットに入れる

これならサイクルウェアのバックポケットに入れてもかさばりません。

ただ、ゴムバンドの開閉が面倒なときがあるのも事実ですね~。

まとめ

  • 使いやすい二つ折り財布
  • 軽くてコンパクト
  • 価格はたったの税込990円
  • 小銭が見やすいメッシュポケット
  • 小銭が取り出しやすいマチ付き
  • お札、小銭、カードがたっぷり入る
  • 財布の厚みを抑えるゴムバンド

わたしは現在、スマホによる電子決済をメインで使っていますが、まだまだ財布も必要なので、このような薄い財布を探していました。

グレゴリーなどのアウトドア系の財布もいいですが、こちらはきれいめ系の財布なのでお店でも出しやすいです。

欠点は、使っているとゴムが伸びそうなことと、ポリエステル素材なので傷や汚れに弱そうなところです。

しかし、価格が非常に安いので、傷ついたり、汚れたりしたら買い替えれば済む話かなと思います。

普段あまりお金を持ち歩かない人は、メインの財布としても使えるので、興味があったら「無印良品」で探してみてください。