モンベルの防風インナーで冬のサイクリングを楽しむ!

ウェア

モンベル ウインドテクトサイクルアンダーシャツ

極寒期である1~2月のサイクリングを楽しむために新しい下着を購入しました。

モンベルの「ジオライン」という下着なんですが、今回購入したものは自転車用に作られていて、走行時に風を受けやすい前面を防風素材でカバーしている優れものなんですよ。

自転車用インナーウェアの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

モンベルの“防風”アンダーウェア

モンベル ウインドテクトサイクルアンダーシャツのパッケージ

今回購入した下着は、モンベルの『ウインドテクトサイクルアンダーシャツ』という商品。自転車用品を取り扱っているモンベルの店舗か公式のオンラインサイトで購入することができます↓

【モンベル】ウインドテクト サイクルアンダーシャツ
防風性を備え、冬期のサイクリングに対応する保温性を実現したアンダーウエアです。風を受ける前面と肩から腕部分にかけては、ストレッチ性を備えた防風シェル素材と保温性重視のジオライン®M.W.の2重構造。蒸れやすい背面と脇部分には速乾性重視のジオライン®L.W.を使用し、サイクリングに理想的な保温性とドライな...

値段はちょい高め

モンベル ウインドテクトサイクルアンダーシャツのタグ

定価5,800円+税なので、少しお高めですが、クオリティを考えると納得の価格だと思います。

ウインドテクトアンダーシャツの表裏

モンベル ウインドテクトサイクルアンダーシャツの表裏

基本は、モンベル ジオラインの「中厚手」と同じ下着なんですが、自転車用らしく前面に防風素材を配置して、背中は薄手の生地となっています。

前面に防風シェル素材

モンベル ウインドテクトサイクルアンダーシャツ、前面が防風素材

ハンドルを握るとこんな感じ。風が当たる面に「防風シェル素材」を使っているから、冷たい風を効率的に防ぐことができるんです。

厚みの異なる素材を組み合わせている

モンベル ウインドテクトサイクルアンダーシャツの説明

詳細については上の画像をご覧ください。

中厚手+防風シェル

モンベル ウインドテクトサイクルアンダーシャツ、オモテ

前面は、ストレッチ性を備えた防風シェル素材と保温性重視のジオライン中厚手の2重構造となっています。

それから、この防風シェル素材は、まったく風を通さないわけではなく、適度な通気性を備えていました。たぶん、内側が汗でビチャビチャになるのを防ぐためだと思われます。

背中は薄手の生地

モンベル ウインドテクトサイクルアンダーシャツ、ウラ

背中は、肩まで防風素材になっていて、腕の裏側と脇腹は中厚手、背中が薄手の生地となっています。結構手の込んだ作りをしているので価格が高いのも納得です。

モンベル ウインドテクトサイクルアンダーシャツ、背中の生地

汗をかきやすい背中は、指が透けるくらい薄い生地になっているから、汗で蒸れる心配はありません。

品質表示タグ

モンベル ウインドテクトサイクルアンダーシャツの素材

素材はポリエステル、ベトナム製です。

実際に着てみた

モンベル ウインドテクトサイクルアンダーシャツを着た男性

身長173cmでMサイズを着用

丈が長いから下腹部まですっぽりと覆うことができます。これなら、お腹の冷え対策にもなりますね。

モンベル ウインドテクトサイクルアンダーシャツを着た男性の後ろ姿

ロングテールデザインだから前傾姿勢になっても背中が見えません。下着だけの状態だと背中がスースーします(笑)

パールイズミ サーマフリースと比較

パールイズミのアンダーウェア

ちなみに、今まで着ていた下着がこちら。パールイズミのサーマフリースという5度対応のアンダーウェアです。

これも悪くないんですけど、私は下着の裾をパンツの中にしっかり入れたい派なので、丈が短いのが個人的に嫌でした。これはロードバイクのジャージに合わせたスポーツ向けの下着なんでしょうね。

実際に走ってきた感想

冬のサイクリング、外の気温

この日の外気温は約0度。風も吹いていて、めちゃくちゃ寒かった・・・

着用したウェア

モンベル ウインドテクトサイクルアンダーシャツの着用例

下着の性能を確かめるために、少し薄手の装備で走ってみることにしました。

冷風が当たっても痛くない!

モンベル ウインドテクトサイクルアンダーシャツを着てサイクリング

気温0度ともなると、今までのパールイズミの下着では、腕が冷えて痛かったのですが、このモンベルの防風下着はまったく痛くなりませんでした。やっぱり効果あるんだなぁ~。

気温0~5度でも太陽が出ていれば上の装備で問題ないと思います。ただし、日陰に入ったり、曇りになると肌寒かったです。まぁ、この点はアウターやミドルウェアを調整すれば問題ないかな。例えば、フリースをウインドブレークジャージにすれば完璧、マイナスでも行けると思う。

防風じゃないタイプもおすすめ!

モンベルのサイクルアンダーシャツ薄手

こちらは、防風シェル素材が無いバージョン、『ジオライン M.W. サイクルアンダーシャツ』です。前面が中厚手、背中は薄手の素材となっています。

今回紹介した防風下着と、この下着があれば、春秋~冬の極寒期までカバーすることができるのでおすすめです。

関連記事:サイクリングに特化した究極のアンダーウェアをモンベルで発見!

まとめ

  • 前面の防風シェル素材で冷風を防ぐ
  • 背中は速乾性に優れた薄手生地
  • 下腹部まで覆う長い丈
  • 極寒期の1~2月におすすめ
  • 値段は5,800円とちょい高め

個人的に下着に限って言えば、パールイズミよりもモンベルのジオラインのほうが好きだな~。ジオラインは、一見すると、薄くて頼りない感じなんですが、不思議と寒くないんですよこれが。汗冷えもないし、背中が薄いおかげで汗をかいても蒸れないから快適なんですわ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
\記事が役に立ったらシェアしてね/
スポンサーリンク
週末サイクリング部
タイトルとURLをコピーしました