DAHON K3に取付可能なドリンクボトルのサイズは〇〇cm以下

DAHON K3に取付可能なボトルサイズ

DAHON K3に装着することができるドリンクボトルのサイズを測ってみました。

自転車用ボトルの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

使えるボトルサイズを検証

DAHON K3にボトルケージを取り付けた状態

まず、K3のボトルケージ穴に「トピーク モジュラーケージⅡ」を取り付けました。

ボトルケージの底面にある銀色のボタンを押すと、入れるボトルのサイズが変えられるから便利。

使用するボトル

DAHON K3で使えるボトルサイズ

  1. キャメルバック チル 710ml
  2. キャメルバック アイス 620ml
  3. キャメルバック チル 620ml
  4. ゼファール センスプロ80 800ml
  5. ペットボトル 500ml

これら手持ちのボトル5本のどれが使えるか実際に入れてみました。

①と②は使えない

はじめに結論から言うと、①と②は長すぎてK3では使えませんでした。

DAHON K3でキャメルバックの710mlは使えない

キャメルバック チル 710mlとアイス 620mlはハンドルポストに接触、ボトルが斜めになって完全に収めることができません。

ボトルの全長は26.5cmほど。

全長24.3cm以下のボトルならOK

DAHON K3でキャメルバックの620mlは使える

キャメルバック チル 620mlとゼファール センスプロ80はギリギリOK。

ただし、ボトルケージにボトルを入れるときは斜めから強引に差し込むことになります。走行中は危ないので止まってから飲むようにしたほうがいいかも。

DAHON K3で使えるボトルは24.5cm以下

見ての通りかなりギリギリ。K3に取付可能なボトルサイズは、ポディウム チルを目安に24.3cm以下なら問題ないでしょう。

ペットボトルは余裕

DAHON K3のボトルケージに500mlペットボトルを入れる

500mlのペットボトルは余裕で入りました。

DAHON K3のボトルケージにペットボトルを入れる

ボトルの先端がシートポストに当たること無く抜き差し可能。

しかし、滑りやすいく抜けやすいのが欠点。走行中の段差等でペットボトルが飛び出してしまうかもしれません。

キツめに調整してもまだ抜けやすいかな。個人的にはあまり使いたくない。ボトルが飛び出して道路に転がったら危ないからね。

まとめ

今回の検証をまとめると、ドリンクボトルの全長が24.3cm以下ならK3に装着可能ということになりますね。

おすすめのボトルは「キャメルバック チル 620ml」か「ゼファール センスプロ80」。ペットボトルは出し入れしやすいが抜けやすいという結果になりました。

ボトルを付けたまま折りたたんでみた

せっかくなので、ボトルケージにボトルを差し込んだままK3を折りたたんでみました。

DAHON K3 ボトルを装着したまま折りたたむ

結果、ボトルを装着したまま折りたたむことは可能と判明。

DAHON K3 ボトルを装着したまま折りたためる

輪行袋に入れる際も支障はない。これはこのボトルケージ穴を使うメリットと言えますね。

K3のボトルケージ穴は使いにくい

DAHON K3のボトルケージ穴

私は今までDAHON K3のボトルケージ穴を使用していませんでした。

理由としては以下の点が挙げられます。

  • ボトルの出し入れがしにくい
  • 走行中に飛び出す危険がある
  • 大きなボトルが使えない

まとめると「使い勝手が悪いから」ということになりますね。

ボトルケージホルダーを活用しよう!

ドリンクボトルを使わないわけにもいかないので現在はこのようにしています。

DAHON K3にミノウラのボトルケージ

ボトルケージホルダーをシートポストに設置して代用しています。

ミノウラ ボトルケージホルダーをDAHON K3のシートポストに取り付けた状態

こちらの方が断然ボトルの抜き差しがしやすい。

ボトルが縦置きになるから走行中にボトルが飛び出す心配もありません。

タイトルとURLをコピーしました