エルゴグリップの選び方|手のひらを置く部分に注目

自転車パーツ

ダホン純正のエルゴグリップ

自転車用エルゴグリップを選ぶポイントを紹介したいと思います。

これは「DAHON Visc EVO」に元から付いていたダホン純正のエルゴグリップです。

このグリップを使って「あ、これはダメだ」と思った点があります。

それは、手のひらを置くところのゴムが柔らかかったことです。

自転車用グリップ・バーテープの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

手のひらのゴムが柔らかいものはダメ

ここのゴムが柔らかいと手のひらを置いた時にゴムがグニグニ動いて何とも不快なんです。

好みの問題もあるかもしれません。

しかし、手の置き場が定まらないので私はこの部分が硬いほうが好き。

グリップが柔らかい原因

ダホン純正のエルゴグリップの欠点

おそらく筒型の芯で手のひらの部分だけがゴムで形成されているからでしょう。

このゴムの内部にも樹脂でできた”骨格”が入っていれば問題なかったはず。

エルゴグリップを選ぶ際は、購入前にお店で平たい部分を手で押して適度な硬さがあるか確かめたほうがいいかもしれません。

大きいエルゴグリップは野暮ったい

エルゴグリップの手のひら部分の大きさ

エルゴグリップは、手のひらを置く部分が大きいほど手の疲れを大幅に軽減できると思います。

しかし、ここが大きすぎると自転車全体のバランスが悪くなる・・・

見た目がすごく野暮ったくなります。

自転車をパッと見た時、まずグリップに目がいくようになってしまいます。

そういう意味では、丸グリップが一番スタイリッシュ。

でも、やっぱりエルゴグリップのほうが楽だからこちらを使いたい。

私のおすすめエルゴグリップはこちらの記事で紹介しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
\記事が役に立ったらシェアしてね/
スポンサーリンク
週末サイクリング部
タイトルとURLをコピーしました