自転車ライトの位置問題解決!地面を明るく照らせるライト用ブラケット

キャットアイ CFB-100 センターフォークブラケット

ライトの取り付け位置をハンドルからフロントフォークに変更しました。

使用したアイテムは『CATEYE センターフォークブラケット CFB-100』です。

自転車用ヘッドライトの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

キャットアイ CFB-100

キャットアイ CFB-100のパッケージ

価格はAmazonにて472円。安いの一言に尽きます。

キャットアイ CFB-100 センターフォークブラケット

銀色のフレームは「スチール製」でした。

雨天時など水に濡れたまま保管すると「錆びる」ので注意が必要です。

ライトの対応モデル

キャットアイ CFB-100対応のライト

わたしは『VOLT200』と組み合わせて使用しています。

その他、対応しているライトは公式ページに載っています。

台座を分解

キャットアイ CFB-100の台座をばらす

台座をばらしてみました。

両脇に「ギザギザのワッシャー」を挟むことで、ライトがずれにくくなっています。

実測重量

キャットアイ CFB-100の実測重量

実測重量は43gでした。

取り付け工具

キャットアイ CFB-100の取り付け工具

  1. めがねレンチ or スパナ 10mm
  2. 六角レンチ 5mm

スパナよりも円形の「めがねレンチ」のほうが取り付けやすかったです。

念のためにネジロック

ロックタイト ネジロック 243

ボルトを締めるときに、ロックタイトの『ねじロック』を塗っておくと、振動による緩みを防ぐことができます。

台座の角度調整

キャットアイ CFB-100の角度調整

ライトの角度は、簡単に微調整することができます。

キャットアイ CFB-100の角度を固定する

「5mmの六角レンチ」と「10mmのレンチ」を使用して固定します。

Vブレーキに取り付ける

取り付け用のボルト類が付属しない

キャットアイ CFB-100をフロントフォークのダボ穴に取り付ける

Vブレーキの場合は、フロントフォークのダボ穴に取り付けます。

しかし、この商品には取り付け用のボルト類が付属していません

別途以下の部品を用意しておく必要があります。

必要な部品

キャットアイ CFB-100をVブレーキに取り付けるときに必要なパーツ

  1. 六角ナット M6×1個
  2. 平ワッシャー M6×3個
  3. ボルト M6×45mm×1個

サビを防止するため、すべて「ステンレス製」で揃えることをおすすめします。

ボルトの長さは自転車によって異なるかもしれないので、必ず確認してから購入してください。

取り付け手順

フロントフォークにボルトを差し込む

まずはフロントフォークの後ろから「ボルト」差し込みます。

このとき塗装が剥げないように「平ワッシャー」を入れておきます。

ボルトにキャットアイ CFB-100を取り付ける

こちらからも「平ワッシャー」を入れて「ブラケット」を取り付けます。

キャットアイ CFB-100をナットで固定する

さらに「平ワッシャー」を入れてから「六角ナット」を取り付けます。

キャットアイ CFB-100を固定したナットをレンチで締める

最後に「10mmのレンチ」と「5mmの六角レンチ」を使用して、しっかりと固定します。

Vブレーキにキャットアイ CFB-100を取り付ける

あとはライトを取り付けたら完成です。

ワイヤーの下に取り付けてみる

Vブレーキワイヤーの下にキャットアイ CFB-100を取り付ける

Vブレーキのワイヤーの下に「ブラケット」を通して取り付けました。

キャットアイ CFB-100とVOLT200

見た目スッキリ。わたしはこちらのほうが好きです。

キャットアイ CFB-100を取り付けてVブレーキを引く

ワイヤーに干渉しないから、ちゃんとブレーキを引くことができます。

キャリパーブレーキに取り付ける

続いて、キャリパーブレーキにも取り付けてみました。

キャリパーブレーキを六角レンチ5mmで取り外す

まずは、キャリパーブレーキ本体を「5mmの六角レンチ」を使って取り外します。

キャリパーブレーキにキャットアイ CFB-100を取り付ける

キャリパーブレーキ本体とワッシャーの間に「ブラケット」を通します。

キャットアイ CFB-100をキャリパーブレーキに固定

あとは「六角レンチ」で締め込んで固定するだけ。

キャットアイ CFB-100をキャリパーブレーキに取り付ける

キャリパーブレーキ上部とブラケットの隙間が1mmくらい。

ギリギリですが、なんとか取り付けることができました。

干渉したら曲げる

キャリパーブレーキに固定したキャットアイ CFB-100とVOLT200

もし干渉してしまったら「プライヤー」か「万力」を使って曲げてしまえば問題ありません。スチール製なので簡単に曲げられます。

または『R250』のブラケットなら問題なく取付可能かと思われます。しかもステンレス製だからサビの心配もありません。ただし、値段がキャットアイの3倍以上します。

キャリパーの下はダメだった

キャリパーブレーキとタイヤの間にキャットアイ CFB-100を通す

キャリパーとタイヤの間を通して固定してみましたが…

台座がタイヤに当たってしまってダメでした。

キャリパーブレーキの下にキャットアイ CFB-100を固定する

ライトもキャリパーに当たってしまい奥まで入りません。

実際に照らしてみた

キャットアイ CFB-100とVOLT200

ライトの位置が下がったため、地面をより明るく照らせるようになりました。

同じライトでも明るさが段違いです!

キャットアイ CFB-100とボルト200で道路を走る

とくに前輪周辺まで照らせるようになったから、路面状況がよくわかって心強い。

これなら夜に安心して乗ることができます。

アクションカメラを固定してみた

キャットアイ CFB-100にアクションカメラを固定する

工夫すれば「アクションカメラ」を取り付けることもできます。

キャットアイ CFB-100にアクションカメラのブラケットを取り付ける

持ち合わせのボルトとワッシャーを使って、適当に組み合わせてみました。

ボルトはM5を使用、真ん中にリムナットを挟んで、隙間は平ワッシャーを使って調整しています。

まとめ

  • ライトをセンターに設置できる
  • ハンドル回りがスッキリ
  • 取り付けボルトは付属しない
  • 地面をより明るく照らせる

ハンドルよりもライトが地面に近くなったので、路面を明るく照らせるようになりました。

ハンドル周りがスッキリしましたし、リーズナブルな価格で作りもしっかりしているので大満足です。

タイトルとURLをコピーしました