DAHON K3をバラして純正パーツの重さをはかってみた!

DAHON K3を分解して重量を測定する

今回はDAHON K3の純正パーツの重量を計測してみました。

はじめに結論から言うと、重いのは”折りたたみ式のペダル”くらいで、あとはそこそこ軽量なパーツで組まれていました。

自転車用ペダルの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

K3の車体重量は?

DAHON K3の実測重量

初期状態のK3にペダルとキックスタンドを取り付けたときの車体重量は8.51kgになります。

ここから「ペダル 511g」と「キックスタンド 157g」を差し引くと、車体重量は7.84kgになるので、カタログ通り7.8kg台ということになりますね。

画像で車体をはかっているアイテムは、”旅行はかり”というもの。『気になる自転車の重量は「旅行はかり」を使って量ろう!』で詳しく紹介しています。

DAHON K3専用キックスタンドの重量

K3専用のキックスタンドは157gとそこそこ軽量。

DAHON K3付属の折りたたみペダルの重量

付属の折りたたみ式ペダルはペアで511gあります。

2017年モデルのDAHON Visc EVOに付属していた折りたたみ式ペダルが、598gだったのでだいぶ軽量化されています。それでもまだ重いですが(笑)

交換するペダルは、MKS(三ヶ島)の折りたたみ式ペダル FD-7を考えていましたが、これも重くてペアで487gあるそう。DAHON純正と24gしか変わりません・・・ま、ペダルのことはおいおい考えます。

シートポスト周り

DAHON K3、シートポストの重量

シートポストのサイズは33.9mm、全長は580mmくらい。重量は408gです。

同サイズの中華製シートポストが、AmazonAliexpressで販売されています。以前、私がVisc EVO用に購入したLiteproの軽量シートポストが380gなので、K3は純正のままでいいかな。

カーボン製なら300gくらいなので100gほどの軽量化はできると思います。

関連記事:DAHONの33.9mmシートポストを軽量化!Liteproのアルミ製を買ってみた

DAHON K3、純正サドルの重量

サドルは265gとかなり軽量な部類。コンフォートサドルにすると逆に重量が増えてしまうでしょう。

クランク周り

DAHON K3、クランクの総重量

左右のクランクとチェーンリングを付けたままの総重量は731gです。ボトムブラケットは固くて外せませんでした(汗)

DAHON K3、クランクそれぞれの重量

クランクをバラした重量がこちら。

  • 左クランク:249g
  • 右クランク:310g
  • チェーンリング:139g
  • ボルト:19g

リングカバーと一体になったチェーンリング53Tは139gと軽量。クランク自体は標準的な重さですね。

DAHON K3、チェーンの重量

KMCの9速用チェーンは、ミッシングリンク付きで236g。ちなみにリンク数は96でした。

ホイール周り

DAHON K3、フロントとリアホイール重量

タイヤとチューブ付きのホイール重量

  • フロント:637g
  • リア:792g

DAHON K3、ホイールとタイヤ周りの重量

バラした重量がこちら。

  • フロント:331g
  • リア:485g
  • タイヤ:201g
  • チューブ:74g

ちなみに、クイックはフロント27g、リア21gでした。

その他

DAHON K3、ハンドルポストの長さと重量

ハンドルポストは付け根からハンドル中心までの長さが約43.5cm、重量は692gです。

DAHON K3、Vブレーキの重量

Vブレーキは、ボルトとシュー付きで188gでした。

まとめ

今回計測したものを一覧にまとめました。

車体7.84kg
車体 (ペダル、スタンド込)8.51kg
キックスタンド157g
ペダル (ペア)511g
シートポスト408g
サドル265g
クランクセット (BBなし)731g
左クランク249g
右クランク310g
チェーンリング139g
チェーンリングボルト19g
チェーン236g
フロントホイール (タイヤ付)637g
リアホイール (タイヤ付)792g
フロントホイール331g
リアホイール485g
タイヤ201g
チューブ74g
ハンドルポスト692g
Vブレーキ (シュー付)188g

あえて軽量化するとしたら、ペダル、シートポスト、Vブレーキくらいかな。あとは、普通かそこそこ軽量なものばかり。

DAHON K3は、デフォルトでも十分軽いことが証明されたのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました