モンベルの小銭入れをリピート購入!自転車乗りにおすすめ

モンベル ミニジップワレット カーキ

サイクリングに持っていく“小銭入れ”を買い替えました。と言ってもまた同じ財布なんですけどね(笑)

今回リピートで購入したのは、『mont-bell ミニジップワレット』です。機能性抜群なのに、税込み1,000円以内で買えるからとってもリーズナブル。おすすめです。

小銭入れの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

モンベル ミニジップワレットとは

【モンベル】ミニジップワレット
アクティビティ時の携帯用として使いやすいコンパクトな財布です。大変シンプルな構造で、鍵や小銭、カードなどの携行に最適。ジッパー付きなので不用意に中身がこぼれることもありません。

携帯用として使いやすいコンパクトな財布。大変シンプルな構造で、鍵や小銭、カードなどの携行に最適。ジッパー付きなので不用意に中身がこぼれることもありません。

モンベル ミニジプワレットの全カラー

カラーは、ナイロン6種類、メッシュ3種類。

モンベル ミニジップワレットの種類

左が今まで使用していた”メッシュタイプ”。今回購入したのは右の”ナイロンタイプ”になります。ブラックもまだまだ使えるんですけど、気分転換でカーキを購入してみました。

モンベルミニ ジップワレットのサイズ

サイズは縦7cm×横11cm。非常に持ちやすく、使いやすいサイズとなっています。

モンベルミニ ジップワレットの厚み

厚みは約18mm。薄いからポケットに入れてもかさばりません。

モンベルミニ ジップワレットの実測重量

実測重量は34gでした。メッシュタイプも同じ重量です。

モンベルミニ ジップワレット 開いた状態

カラーによって内側の生地の色が異なります。

モンベルミニ ジップワレットの素材比較

ナイロンとメッシュは、好みで決めていいと思います。とくに機能の差は感じません。

手に持ったときのフィーリングが違うくらい。メッシュタイプは肌触りがよく、ナイロンはカッチリしてるかな。実際にお店で確かめるのがいいでしょう。

モンベルミニ ジップワレットに水滴を垂らす

ちなみに、このナイロンは防水や撥水加工がされていません。水滴を指でなぞると生地に吸い込まれてしまいました。水場での使用は防水スプレーで対応したほうがいいと思います。

モンベルミニ ジップワレットの価格

価格は858円+税。1,000円以内で買えるのは魅力的ですね。

おすすめポイントを紹介

私がこの財布をリピートした理由を紹介します!

モンベルミニ ジップワレットを手で開いている

まずは、なんといっても”中身のみやすさ”ですね。

モンベルミニ ジップワレットのマチ

マチが広いから、こんなに大きく開くことができます。

モンベルミニ ジップワレットのジッパー

また、生地の内側には、プラスチックの板が入っているから型くずれしません。これによりジッパーの開閉がとてもスムーズ。

モンベルのコインケースは手におさまるサイズ感

そして、扱いやすいサイズ感。サイクリングに持っていく財布としては”ジャストサイズ”だと思うんですよね~。

サイクルジャージのポケットにモンベルミニ ジップワレットを入れる

サイクルジャージのポケットに入れても邪魔になりません。

中身を入れてみた

モンベルミニ ジップワレットにお金やカードお入れた状態

小銭が非常に探しやすい。なんの硬貨がどこにあるのかひと目でわかります。

自販機で飲み物を買うとき、財布をスッと取り出して、サッと小銭を取り出せます。

カード入れは2箇所。1つのポケットに2枚までなら重ねて入れられます。

サイクリングには身分証明証を持っていこう

サイクリングに出かけるときは、免許証などの身分証明証を必ず持っていきましょう。事故にあったとき必要になります。事故に合わないのに越したことはないですが、絶対に無いとは言えませんからね。

まとめ

  • マチが広いから大きく開く
  • 小銭が見つけやすい
  • ポケットに入れてもかさばらない
  • 型くずれしない
  • ジッパーの開閉がスムーズ

過去のブログ記事を見ると、古い方は2016年に購入していました。週1回程度しか使ってないとはいえ、まだまだ十分使えるし、すごい耐久性です!

購入は全国のモンベルストアで探してみて下さい。オンラインショップからも購入することができます↓

タイトルとURLをコピーしました