自転車チューブの折りたたみテクニック!左右対称に折りたたむ方法

インナーチューブの折りたたみ方

インナーチューブの折りたたみテクニックを紹介します。

今回は画像のようにバルブを中心に「左右対称に折りたたむ方法」を紹介します。

自転車用タイヤチューブの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

チューブ内の空気を抜く

インナーチューブ内の空気を押し出す

まず、チューブ内に残っている空気を抜いてペラペラにします。

方法は簡単。

バルブの反対側からチューブを丸めていき、最後にバルブから空気を押し出します。

ペラペラになったインナーチューブ

こうすれば簡単にペラペラにすることができます。

通常のたたみ方

インナーチューブをバルブから丸めていく

通常はバルブを中心に丸めていって

通常のインナーチューブのたたみ方

これで完成です。

この折り方も悪くないですが、今回はもう一つの方法を紹介します。

左右対称に折りたたむ方法

インナーチューブを真っ直ぐに置く

まずバルブを中央に持ってきて、まっすぐに置きます。

そしたら、片方のチューブをバルブまで半分に折ります。

インナーチューブをたたむ

さらにもう一度半分にたたんで

バルブ両側のインナーチューブを折りたたむ

反対側も同じように折りたたみます。

バルブを中心にインナーチューブを折りたたむ

最後にバルブを挟めば完成。

左右対称にインナーチューブを折りたたんだ

左右対称なので、バルブが変に曲がったりしないのがいいですね。

インナーチューブを輪ゴムで止める

あとは、ほどけないように輪ゴムなどでとめます。

インナーチューブをラップで包む

最後にラップや布でくるんでチューブを保護したら完成です。

タイトルとURLをコピーしました