自転車チェーンの交換時期はいつ?チェーンチェッカーで伸びを測定

チェーンチェッカーで自転車チェーンの交換時期を調べる

自転車チェーンの「伸び」を調べてみよう!

伸びたチェーンはチェーンリングやスプロケットの摩耗を加速させ、歯飛びや変速性能が落ちる要因になります。

『チェーンチェッカー』という工具を使用すれば、チェーン交換の時期を簡単に判定することができます。

自転車工具単品の売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

チェーンチェッカーとは

チェーンの伸びをチェックして、交換時期を判定するツール。

新品のチェーンと比較して何%伸びたかのかを測定することができます。

チェーンチェッカーの使い方

チェーンチェッカーを置く位置

チェーンチェッカーはチェーンの上段で使用すると見やすい。

チェーンチェッカーの使い方

使い方は至ってシンプル。

まず、数値が書かれていない方の突起をチェーンに差し込んで引っ掛けます。

適当なコマで大丈夫。

チェーンチェッカーの使い方、自転車チェーンにのせる

あとは反対側の突起をチェーンの穴に落とすだけ。

はじめは、0.75の方で測定してください。

チェーンチェッカーの正しい使い方

このように置けたら正解です。

チェーンの伸びが一発で判定可能。

測定方法は下で説明しています。

自転車チェーンの3箇所くらいをチェーンチェッカーではかる

部分的に伸びている可能性があります。

測定するときは1箇所だけでなく、ランダムに3箇所くらいコマの位置を変えるとよいでしょう。

測定方法

自転車チェーンの伸び目安

チェーンチェッカーの端に「.75」と「1.0」という刻印があります。

これは0.75%と1%の伸びが測れるようになっています。

突起を差し込んだ時、チェーンのコマに干渉するか入り込むかでチェーンに伸びがあるかを判断します。

チェーンチェッカー「0.75」の突起ではかる

「0.75」の突起が根本までスッポリ落ちて平行になった場合は「チェーンの交換時期」です。

近うちにチェーンを取り替える必要があります。

チェーンチェッカー「1.0」の突起ではかる

「1.0」の突起が根本まで落ちきったら「即交換」です。

速やかなチェーン交換をおすすめします。

チェーンチェッカーで自転車チェーンの伸びを調べた

私のチェーンの伸びを測定してみます。

0.75の突起がコマに干渉して根本まで入っていません。

チェーン交換はまだまだ先だということがわかります。

チェーン交換の目安を調べてみると10速用チェーンは0.75%の伸びで交換。

11速用チェーンは0.5%の伸びでの交換を推奨していました。

↓パークツールのチェーンチェッカーなら0.5%の伸びを測ることができます。

タイトルとURLをコピーしました