ねじ込み式インナーエンドキャップは何度でも繰り返し使える!

TNI、ねじ込み式インナーエンドキャップ

インナーエンドキャップを”ねじ込み式”に交換しました。

通常ブレーキやシフターのインナーケーブルは、エンドキャップをかぶせてカシメします。

ねじ込み式はカシメる必要がないので工具いらず。

そして、何度でも繰り返し利用可能です。

自転車用ブレーキパーツの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

ねじ込み式エンドキャップとは

ブレーキ用

シフター用

購入はワールドサイクルがおすすめ

メール便が選択可能だったので、楽天の「ワールドサイクル」で注文。

在庫有りの場合ですが、3日で到着しました。

カラーバリエーション

TNI、ねじ込み式インナーエンドキャップのカラーバリエーション

カラーは「ブラック、シルバー、レッド、ブルー、ゴールド、パープル」の6種類。

ブレーキ用とシフター用がある

TNI、ねじ込み式インナーエンドキャップ、ブレーキ用とシフター用のパッケージ

1パッケージ2個入り。

ブレーキ用とシフター用を購入。

私はシンプルにシルバーをチョイス。

見分け方

TNI、ねじ込み式インナーエンドキャップ、ブレーキ用とシフター用の見分け方

シフター用はキャップの横に「溝 (ライン)」があります。

取り付け方法

TNI、ねじ込み式インナーエンドキャップ、シルバー

取り付けはとても簡単。

ケーブルに通してねじ込むだけ。

古いエンドキャップを取り外す

ブレーキのインナーエンドキャップを取り外す

まず、カシメ式のエンドキャップを取り外します。

ブレーキのインナーエンドキャップをペンチで取り外す

ワイヤーカッターで切断すると、ケーブルが短くなってしまうのでペンチを使います。

ペンチで潰れた部分を押し返して、キャップの形状を円形に戻します。

ブレーキのインナーエンドキャップをペンチで引き抜く

ある程度、円形に戻ったら引っこ抜くだけ。

ブレーキ用エンドキャップを取り付ける

ブレーキ用インナーケーブルにTNI、ねじ込み式インナーエンドキャップを取り付けた

キャップをケーブルに通して、ねじ込めば固定完了です。

シフター用エンドキャップを取り付ける

フロントディレイラーのインナーケーブルにTNI、ねじ込み式インナーエンドキャップを取り付けた

これはフロントディレイラー。

コーティングしてあるものはキャップが滑って抜けやすい。

紙やすりでコーティングを剥がすと、しっかり固定できます。

リアディレイラーのインナーケーブルにTNI、ねじ込み式インナーエンドキャップを取り付けた

リアディレイラーもこの通り。

色は迷いましたが、シルバーは自然でいい感じ。

まとめ

ねじ込み式だから、何度でも繰り返し使えます。

  • ケーブルに通してねじ込むだけ
  • 繰り返し利用可能
  • カシメる必要がないので、工具いらず

取り付けが簡単で、見た目もおしゃれ。

カシメが苦手な方にも最適なエンドキャップです。

タイトルとURLをコピーしました