自転車のパンク修理に適したヤスリの番手は〇〇番だ!

自転車のパンク修理に適したヤスリの番手は何番?

パンク修理に適したヤスリの番手は何番か?

自転車のパンク修理では、チューブの表面をヤスリで荒らして修理パッチの食いつきを良くします。

しかし、ヤスリの最適な番手はとくに決まっていないので、何番を使ったらいいか迷ってしまいますよね。

今回は布ヤスリ「#60、#80、#100、#120」を用意して、各番手の荒らしやすさを比較してみました。

結論から言うと「#120」がおすすめです。

パンク修理キットの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

ヤスリの番手とは

自転車のパンク修理に使う布ヤスリ#60、#80、#100、#120番

番手というのはヤスリ表面のザラザラした目の粗さをあらわす数字です。

  • 粗目:#40~#100
  • 中目:#120~#300
  • 細目:#320~#800
  • 極細目:#1000~#2000

今回は布ヤスリの「#60、#80、#100、#120」を用意しました。

紙ヤスリでなく布ヤスリにしたのは耐久性が高いからです。

何番のヤスリが適してる?

#60、#80は荒すぎる

自転車のパンク修理、粗目だとチューブに傷が入る

#60と#80は上の画像のような感じになります。

チューブに与える傷が少々深いように感じます。

次の番手である#100もまだ若干荒いかなといったところ。

#120がいい感じ

自転車のパンク修理に使用するヤスリは#120が適している

私の感覚では#120が手早く、均一に仕上げられると感じました。

ちなみに、#180以上だと目が細かくて荒らす範囲がムラになりやすく、仕上げに時間がかかるからイマイチ。

マルニ付属のヤスリも#120か?

マルニのパンク修理キットとヤスリの手番

これは日本のパンク修理メーカー、マルニのパンク修理セットに入っていたヤスリ。

非常にチューブを荒らしやすい。

番手は不明ですが、指でなぞってみると#120に近いと感じました。

パンク修理の専門メーカーなので、ちゃんと考えがあってこの粗さにしているはず。

だから、似た粗さの#120が最適なのでは?と思います。

ロード・クロスバイク用のパンク修理キット。

サイズ20mm、厚み0.8mmの超薄型パッチだから修理後に走行しても違和感がありません。

まとめ

自転車パンク修理、布ヤスリ#120

パンク修理に適したヤスリの番手は「布ヤスリ #120」がいいのではないかと個人的に思います。

手早く均一に仕上げることができます。

また、紙ヤスリではなく布ヤスリのほうがヘタリが少なく、長く使用できるのでおすすめです。

ヤスリはホームセンターにバラで1枚ずつ売っています。

海苔ほどの大きさ1枚で紙ヤスリが60円、布ヤスリでも100円ほど。

試す機会があったら「#120」を使ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました