最強の鍵「OTTOLOCK」が届いたから簡単にレビューするよ

OTTOLOCKとOTTOMountが3つ並べてある

ボルトクリッパーでも歯が立たない鍵『OTTOLOCK (オットロック)』が届きました。

購入したカラーはオレンジ、長さは76cm(30インチ)です。

それでは早速、見ていきましょう!

自転車用鍵・ロックの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

OTTOLOCKとは

OTTOLOCKについては↓こちらの記事で詳しく紹介しています。

サイズと重量

OTTOLOCKの実測重量を計測、詳細は以下

76cm(30インチ)の重量は151g

OTTO Mount』というシリコン製のマウントが29g。

両方合わせると180gです。

OTTOLOCKのバンド幅をノギスで計測

幅が18mm。

OTTOLOCKの厚みをノギスで計測

厚みが3.1mm。

OTTOLOCKのヘッド部分の幅をノギスで計測

ダイヤルのあるヘッドの幅は29mm。

ボタンの出っ張りを含めると33.3mmです。

OTTOLOCK、30インチの長さは76cm

画像の矢印から矢印までが76cmでした。

柵や柱と”地球ロック”するには、ちょうどいい長さです。

OTTOLOCKを手のひらに置いている

丸めたらこんなにコンパクト

手のひらに収まります。

ダイヤル部分

OTTOLOCKのダイヤル

デフォルトの暗証番号は[000]に設定されています。

左右の出っ張りに数字を合わせて解除します。

OTTOLOCKのダイヤルに親指を当てている

親指だけで回すと、滑ったり、2つのダイヤルが一緒に回ったりします。

ダイヤルは親指と人差指でつまむようにすると回しやすいです。

バンドの抜き差し

OTTOLOCK、内部のギザギザの歯

ヘッドの中にギザギザの歯がみえます。

これがバンドの溝と噛み合ってロックされます。

なんだか”結束バンド”に似てますね。

OTTOLOCK、バンドの抜き差しのやり方

バンドの抜き差しは、ダイヤル横のボタンを押しながら行います。

暗証番号を合わせないとボタンが押し込めないようになっています。

バンドを差し込むときはカチカチカチと入っていって気持ちがいい。

抜くときは引っかかりがあって、ちょっと固めです。

暗証番号は3桁だが問題はない

暗証番号が3桁だから不安に感じる方もいると思います。

しかし、心配は無用。

まず、大前提として泥棒がボタンを押してバンドを抜くことを知っていないといけません。

そして、このダイヤルのロックが解除できたかは、横のボタンを押さないとわかりません。

だからダイヤルを回すたびにボタンを押して確認しないといけないわけです。

おまけにダイヤルは回しにくいので、総当たりではかなり時間がかかります。

あと安いダイヤルロックのように指の感覚で解除することもできません。

泥棒からしたらかなり厄介なダイヤル錠なのです。

丸めてみる

OTTOLOCKを丸めて束ねて手で持っている

バンドは思っていたより柔軟に曲がります。

OTTOLOCKのストラップ

これはシリコン製のストラップ。

丸めたバンドが開かないように固定するためのもの。

OTTOLOCKを手のひらで握っている

ぐっと握って丸めれば・・

OTTOLOCKを小さく丸める

ここまで小さくすることが可能です。

サドルバッグに入るかな?

OTTOLOCKとサドルバックの中身

サドルバッグに入るか試してみます。

バッグは「オルトリーブ マイクロ」、容量0.6Lです

中身は以下の通り。

  • 予備チューブ
  • タイヤレバー
  • 携帯ポンプ
  • 延長チューブ
  • 簡易パッチ

必要最低限のものを入れています。

OTTOLOCKを入れてみる

OTTOLOCKをサドルバッグの中に入れてみた

余裕で入りました。

とくに無理して入れたわけではありません。

サドルバッグ、オルトリーブマイクロ

入らなければもっと大きいサドルバッグを検討していましたが杞憂に終わりました。

OTTO Mount

OTTO Mountのブラック、グリーン、オレンジが床に置いてある

これは『OTTO Mount(オットマウント)』。

OTTOLOCKをシートポストなどに固定するためのマウントです。

OTTOLOCKとは別売りで価格は8ドル。

3色全部買ってしまった(笑)

OTTO MountでOTTOLOCKを固定して手で持っている

シリコン製のベルトは長めでよく伸びる。

4つの爪でしっかり固定できます。

シートポストにOTTO MountでOTTOLOCKを固定している

ダホンのシートポスト経は33.9mmと太めですがベルトは余裕があります。

やっぱりブラックが落ち着いてていいかな。

おわりに

自転車の鍵選びで悩むことは無くなりました。

まさに理想の鍵。

「頼りないワイヤーロック」や「重いU字ロック」はもう必要ありません。

本体は1万円と少々値が張りますが「軽い、コンパクト、高い堅牢性」と欲しかった機能がすべて備わっています。

これだけで価格に見合った価値があります。

実際に駐輪で使用した感想はこちら↓

タイトルとURLをコピーしました