自転車で交通事故に遭いました。その1「右折車と衝突」

自転車で交通事故のイラスト

自転車で交通事故に遭っていました・・・

自転車を趣味にして5年目。

過去にヒヤリとする経験は幾度かありましたが、実際に事故にあったのは今回がはじめてです。

先日、相手の保険屋との示談が済んで無事解決しました。

これから「事故の状況、警察対応、過失割合、保険屋との交渉」など書ける範囲で紹介していきたいと思います。

今回は「事故の大まかな内容」だけお話したいと思います。

交通事故・自転車保険の売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

横断歩道で右折車と衝突

横断歩道を走行中の自転車と右折車の交通事故

青信号で自転車横断帯を走行中に右折車に突っ込まれました。

事故の瞬間は「あ、右折車だ。速度速いけど大丈夫?気付いてるよね?止まるよね!?とまッッ」どーんって感じ。

あとその車、早回り右折っていうのかなショートカットで曲がってきました。

だから横断歩道の真ん中を過ぎた辺りで衝突、すぐ近づいてきた感じですね。

事故後、運転手に「(私がいたの)わかりませんでしたか?」と聞いたら・・・

太陽が眩しくて見えなかった」とのこと。

確かに私の後ろには太陽がありました。

冬の朝方で太陽も低く眩しい。

その為か車はぶつかるまでノンブレーキでした。

車の右ヘッドライト付近に当たったので下敷きになりませんでした。

車の真ん中で当たっていたら、車体の下に潜り込んでいたでしょう・・・ゾッとします。

事故の直後に思ったこと

転倒で自転車のSPDペダルが削れている

車に衝突された瞬間は、自転車のどこに当たって、どんなふうに転んだとかよく覚えていません。

でも起き上がって一番最初に思ったことは覚えてます。

それは・・

「ヤバイ!自転車どうなったっ!?フレームは!?傷は?うわっリアディレーラーに傷入ってる!」でしたね(笑)

自分の身体や事故のショックより自転車が気になっていました。

横断歩道で青信号でしたし、自分の過失が少ないことはすぐに理解できました。

それだからか、精神的には余裕がありましたね。

自転車の状態

転倒で傷の入ったリアディレイラー

奇跡的にフレームは無傷でした。

どうやら固いペダル側面にピンポイントで当たってバイーンっと弾かれたみたいです。

ペダルのエグレ具合がすごいですね。

傷の箇所は、ペダル、グリップ、リアディレイラーのみ。

転倒した時、この三点で支えたのでフレームは無事だったようです。

ディレイラーハンガーに曲がりはなかったです。

でもホイールは振れていました。

おわりに

横断歩道で右折車に衝突されることは自転車に乗っているとよくある事故かもしれませんね。

強引な車もいるので皆さんも十分に注意してください。

ちなみに私は五体満足で足を少し打撲した程度なのでご心配なく。

10日ほどで治りました。

過失割合も0:100で相手の過失が100%

自転車の損害も相手に100%払ってもらえました。

次回は「事故発生から警察の対応」までを書いていきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました